あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



夏風邪のポイントは水分補給

2009年8月 04日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

夏の風邪は経験上本当にたちが悪く長引くことが多いように感じます。暑い時期に風邪というと何となく似合わないような気もしますが、インフルエンザなどの感染症も今の時期もなお増え続けている現状を考えると、冬の時期と同様うがい手洗いは欠かすことができません。

夏風邪といってもその種類はいくつか存在し、風邪の代名詞ともいえる鼻水やせきなどの症状はあまりでないといいます。その代わり、急な発熱やのどの痛み、発疹ができるのが特徴で、ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱といったものが挙げられます。いずれもウィルス性の病気です。

・ヘルパンギーナ、手足口病
 エンテロウィルスというウィルスによる病気
・咽頭結膜熱
 アデノウィルスというウィルスによる病気で、プールを介してうつることが多いのでプール熱とも呼ばれている

大人であれば、医者に診てもらい病気を確定することによって後は体を休めることができますが、小さな子供が掛かった場合には少々心配です。そこで、いくつかの小児科の先生のアドバイスをもとに幼児が夏風邪に掛かった場合の対処方法について見ていきたいと思います。

◆予防
この時期旅行にいくことも多いと思いますが、その際には疲労で発症リスクが高まるので昼寝や就寝時間などなるべく日常と同じペースを保つように親が心がけます。

◆症状の観察
幼児の場合、自分で言い出すことができない状況にあるので親がしっかりと状況を見てあげている必要があります。以下に、それぞれの仕草の例を示します。
・ヘルパンギーナは喉が痛いので、よだれを垂らしたり口に指を入れたりする。
・手足口病は、口の中にできた水疱が破れて痛む。

◆処置には水分補給と熱対策
1週間前後で自然に治るといわれていますが、まずは必ず医師の診察を受けるようにします。その上で家庭での対策も必要です。最も大切なのは脱水を防ぐことにあります。しかし、子供は母乳や水をなかなか飲まないので、水分をどうやって補給してあげるかがポイントになります。その場合には、アイスクリームやプリン、ゼリーなど冷たくて甘く、どろっとしたものが効果的です。高熱対策として、市販の冷却シートをわきや首筋、足の付け根などにはると楽になります。

◆回復後の注意事項
症状が消えて2週間から3週間後までは便にウィルスが含まれているので、家族みんなで手洗いとうがいを心がけます。

熱さで体もバテ気味になるこの時期だからこそ、体力を温存し次の日に疲労を残さないよう規則正しい生活を心がけることが一番の対策といえると思います。最近子供も思いきり遊んで疲れないと夜ぐっすり眠らないのですが、この時期は特にウィルス対策をいつも以上に気に掛けておきたいと思います。

【参考】読売新聞 2009年7月25日


<16%OFF> 熱さまシート こども用 12枚入り 【小林製薬: 日用品 衛生・生理用品】

こどもの熱の正体は?

2008年11月 08日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

それは今週の初めのことでした。

いつもよりガンガンに熱くなっている子供の異変に奥さんが気がついたところから始まります。夜にぐずついていたので、いつもの通り寝付けないのかなと二人で考えていましたが、少し熱っぽい感じです。その日はそれでも何とか寝てくれました。

次の日になると、ケロッと嘘のように元気にはしゃいでいて熱も引いています。二人で良かったねと思いながら会社に行きました。しかし、夕方近くから再び熱が出始め、その日は39度まで熱が上がってしまいます。さすがに不安になった自分たち。色々な本やサイトで調べてみると、赤ちゃんの熱は普通だから問題ない、様子を見ましょうとあります。でも、経験則に基づくそういったアドバイスは、苦しんでいる子供を目の前にした初めての経験である自分たちにはあまり効かず、急いで夜間診療所に連れて行きます。

自分たちの家は幸いなことに夜間診療所まで歩いて数分の所で、診てもらうと風邪だそうです。解熱剤をもらって安心して帰ってきました。薬を飲んでその日の夜もグズリながらも寝付いていきました。

そして3日目。やはり朝は元気です。子供クリニックに連れて行き吐き気止めをもらって様子をさらに見ることになります。熱はさすがに引いてきたのですが、ずっと夜はグズグズしています。

4日目。全身にボツボツ登場です。ここで病気の正体が分かりました。「突発性発疹」です。ものの本によると、生後4ヶ月から2歳くらいまででかかるポピュラーな病気で、1歳未満でかかる確率は90%以上とのこと。うちの子供は1歳2ヶ月で初めてなんですけど・・・

<突発性発疹>
・症状
ヒトヘルペスウィルス6型というウィルスによって起きる病気で、突然38?40度の熱が出て、3?4日続いた後あせもに似た赤いブツブツが出てきますが、かゆくありません。このブツブツが出てくれば、回復へと向かいます。

・治療法
安静にしていれば自然に治るので、特別な治療法はありません。発疹はやがて数日で消えていきます

・家で気をつけること
 ・体を温めるのは、寒気がする熱の出始めだけです
 ・熱の間は体を冷やし、水分補給を忘れないようにします
 ・布団は薄めで薄着にさせます

子供も今では元気に走り回っています。こうやって親としても子供の状態や対処法を学んでいくんですよね。そのうち自分たちにも症状と対処法がきちんと把握でき、今回のようにおどおどしなくても済むようにしないといけません。家で、子供の異変にいち早く気付き、適切な対処をしてくれた奥さんに感謝です。

0~6歳赤ちゃんと子どもの病気事典 (ママを応援する安心子育てシリーズ) 0~6歳赤ちゃんと子どもの病気事典 (ママを応援する安心子育てシリーズ)
(2009/10/19)
不明

商品詳細を見る