あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



人が占いを信じる理由

2010年8月 12日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

日本の携帯サイトの中で絶大なる人気を誇っているのが占いというジャンルです。その人気を受けてとある日本企業が中国で占いサイトを提供することになったくらい。占いのような非科学的な思考のことを精神医学の世界では「魔術的思考」というそうです。なんとも大それたネーミングではありますが、魔術とまでは行かなくても誰でも占いを信じることはあると思います。

では、人はなぜ占いを信じてしまうのでしょうか。どんなに外れていたとしても、占いを聞いたときに人は共通点を探し求め、見つかった共通点を肥大化させます。その共通点ばかりが印象に残り、結果的に占いは当たると信じてしまうのだと思います。

■人が、占い・迷信を信じてしまうワケ
人間の心は物事を類型化することに優れていて、ある事柄とある事柄の関係をパターン化して捉える傾向があります。A型は几帳面で、AB型は二重人格など、科学的な合理性を持った根拠というよりも、統計的な結果に基づいている場合が多いのです。それらは必ずしも正しい情報ではありません。

■迷信・占いに走ってしまう時
あなたが占いに行きたくなるのはどんなときでしょうか。きっと精神的に安定していて現状に満足しているときには、占いに行くといったことはしないでしょう。それが落ち込んでいるときやストレスを感じていて精神的に不安定になると、占いによってそんな自分を浮上させてくれるのではないかという期待から占いの力に頼りたくなるのです。

このように、占いは非科学的ではありますが結果的にいい占い結果だと精神的な安定をもたらしてくれ、幸せな気持ちになることからプラス要素も大きいのです。しかし、それも限度を超えてくると生活に支障をきたしてしまいます。

占いの力が大きすぎてしまい、結果的に占い自体がその人に強迫観念を抱かせてしまい、一種の強制力をもたせてしまうことになってしまいます。

「占いでこういっているから、そうしなければならない」

そんな強迫が、ますます精神的なストレスを溜め込んでしまう要因にもなってしまうのです。何でもかんでも科学的に証明されたものでないと信じないというのも少し味気ない気がするのですが、占いとの付き合い方は、自分中心都合で都合のいいときやいい結果のときだけ信じ、悪い結果の時には参考程度にとどめるくらいの心の余裕が必要なのかもしれません。

【参考】All About
http://allabout.co.jp/health/mentalillness/closeup/CU20060719A/index.htm

無料で楽しいネット占い103選 無料で楽しいネット占い103選
(2007/09)
オモシロ占い発掘隊

商品詳細を見る

笑い方から分かる深層心理

2010年6月 12日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

人は誰かと交わりながら生きています。当たり前のことではありますが、人との付き合いが仕事や家庭、近所など自分を取り巻くなかで、大きな比重を占めているのです。

そう考えると、人の心について最低限の知識を持っておくことが大切だと最近思い心理学を改めて勉強し始めています。興味の発端は大学の頃で、一般教養科目で学んだ心理学の授業がとても面白く、人の心をこのように冷静に分析することができるんだとショックを受けたのが始まりでした。それから人間関係にも幅ができ改めて様々な立場から考えることができるのではないかと考えています。

そんな人の心は、当然ですが明示的に聞こえてくるものではありません。行動や振る舞い、仕草、表情という言葉以外で発信されるものを読み取ることによって、相手の考えを知ることになります。その一例が「笑い」です。精神科医の深堀元文さんによると、会話中の笑い方で相手に心のゆとりがあるかどうかがわかるといいます。では、笑い方によってどのようなことが分かるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

◆大きな声で笑う人の性格
陽気で明るい性格だと考えがちですが、それほど単純ではありません。日常会話で大きな声で笑うのは、「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」という意思表示である場合が結構あるといいます。つまり大きな声で笑う背景には、自分に心のゆとりがあることを示したいという心理が働いていることが考えられるのです。

◆大きくない声で笑う人の性格
このタイプは心にゆとりのあるタイプか、ゆとりは少なめで意思表示も苦手なタイプのどちらかになります。ゆとりのある人は声の大小に関係なく、朗らかな笑顔を見せて自然に笑うことが多いといいます。心のゆとりは笑い声ではなく、むしろ表情にこそ表れるものなのです。

◆含み笑いをする人の性格
含み笑いをする人は、感情を自分の中だけで処理する傾向が強い人といえます。このタイプは、自分の感情をコントロールすることに気を取られがちで、心のゆとりはない人が多い傾向にあります。

◆口に手をあてて笑う人の性格
「人前で口を大きく開けるなんてみっともない」と小さい頃に躾けられた人も多いのではないでしょうか。ここから、見た目の印象は落ち着いていて心にゆとりがあるようにみえるのですが、実際はそうとも言えません。幼児期のしつけが思わず出てしまうのは、大和撫子の理想から外れないようにという深層心理が圧力として常に働いているといえます。感情表現がこのように制御されている人に、心の余裕があるとは言えません。

一様にすべてのパターンを上の4つに当てはめたり、型にはめて考えるのは危険ではありますが、1つの目安にはなるでしょう。もし相手が自分に親しい関係にある人なのであれば、笑い方を見て話し方を考え、心に余裕を与えられるようなシチュエーションを作って上げることもできるでしょう。

人の心は直接表現ではないからこそ、様々なしぐさを見ながら自分がその場の雰囲気をうまく作ってあげるように振る舞いたいものです。笑いはその1つのバロメータといえるのです。

【参考】WEB本の雑誌
http://www.webdoku.jp/tsushin/2010/06/10/173845.html

〈NJセレクト〉つい、そうしてしまう心理学 〈NJセレクト〉つい、そうしてしまう心理学
(2010/02/26)
深堀 元文

商品詳細を見る

大人になるにつれ時間は短く

2009年10月 18日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

子供の頃、学校にいると1時間が長く感じることがありました。次第に年齢を重ね、子供が生まれてから子供の過去の写真を見ていると、一年が本当にすぐに過ぎていったように感じてしまいます。毎日忙しく生活をしているのは、子供の頃も今も同じなのですが、1日の長さの感じ方が違ってきているような気がします。

この年齢による時間感覚の変化は様々な分析が行われていますが、ここでは心理学でいう「時間評価」の問題を利用して考えてみたいと思います。人には心の中に時計が存在し、これが実際の時計よりも速く進めば時間が速く感じ、心の時計が遅く進めば時間が遅く感じます。心の時計は健康状態にも大きく影響を受けるのですが、千葉大学の一川誠准教授によると、一般に高齢になると代謝が低下することから、心の時計の進み方も遅くなるといいます。

もう一つの時間感覚の要因として、時間の意識の仕方にあります。短い時間で何度も時計を気にすることによって、時間が長く感じることになります。子供の頃は短い期間の中で大きなイベントがいくつもやってくるので、時間を短い間隔で意識しやすいのに対して大人になると大きなイベントや刺激が少なくなりやすいものです。それによって、時間経過を意識することないので、時間は短く感じていくことになるのです。

こうして、いくつもの要因によって子供の方が時間を速く感じる要素があるのではないかといわれていますが、今のところ詳しい要因はわかっていません。休日などゆっくりとした時間を過ごしているとあっという間に時間は過ぎていってしまい、1日の終わりが何となく寂しい感じがします。何も考えずに心をリラックスする時間も必要ですが、満足感や充実感を得るためには、予定を組み自分が1日にすることを考え、そして一日の終わりに何をしたかを振り返ることによって、いくつになっても心の時間の進み方を遅くせずに、いろんなことができるのではないでしょうか。

【参考】日本経済新聞 2009/10/18

図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (アスカビジネス) 図解でよくわかる 上手な時間の使い方が身につく法 (アスカビジネス)
(2003/01)
加藤 幸弘

商品詳細を見る