あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



忘年会メニューに新たな風

2011年12月 07日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

12月になると早々から様々なメンバーでの忘年会がはしごのようにつながっていきます。毎週ならまだいい方で、3日連続なんていうときもあり、肝臓に大きな負担を与える時期でもあります。自分は最近年のせいか次の日にアルコールが残ってしまうようになり、なるべく飲まないようにしています。

そんな忘年会に行った際に困るのが以下の2点。
1.飲み放題メニュー
2.たばこのニオイ

まず一つ目の「飲み放題メニュー」ですが、忘年会メニューでは定番の飲み放題。ビールや焼酎、カクテルなどのアルコールをどんどん飲んでも一定の料金とあって、次々とオーダーが入っていきます。しかし自分のようにあまりお酒を飲まない人にとっては、非常に割に合わないものとなっているのが現状です。

飲めない人は必然的にソフトドリンクになるのですが、その品揃えは本当に限られていて、ウーロン茶やジンジャーエール+α程度のメニューしか存在しません。周囲の雰囲気を考慮してくれて、「お酒っぽい」色合いのソフトドリンクをお届けしようという意図があるのかもしれませんが、ウーロン茶やジンジャーエールとはいえそうそう何倍も飲めるものではありません。

もう一つの問題が「たばこのにおい」です。だいぶ分煙が進んできたとはいえ未だに1つの宴会会場内にたばこを吸っている人とそうでない人が混在しています。自分はたばこを吸う人ではないので、なるべく吸う人から遠ざかるのですが、副流煙を吸い込むことはなくなっても部屋のハンガーに掛けてある上着にはべっとりとそのニオイがこびりつきます。会場でのたばこのニオイに慣れてしまうと、なかなか気がつかないのですが家に帰ってきてお風呂に入った後に、自分が今まで着ていた服のにおいをかぐと猛烈なたばこ臭がします。

たばこを吸わない人にとってあのニオイはたまらないものであり、たばこ臭をさせながら帰宅した際、同じくたばこ嫌いの奥さんの機嫌が悪くなるのも頷けますし、分かってはいても落ち込みます。

同じ悩みを抱えた人は潜在的に多いのではないかと考え、以下のような居酒屋を提案したいと思います。

まず、ソフトドリンクの種類を充実させ、ソフトドリンクのみを飲み放題にする割安プランを作ります。ここには素材にこだわった果物や野菜のジュース、プレミアサイダーやミネラルウォーターといったものを出すことによって、お酒を飲めない人でも飲み放題を楽しむことができるようにするのです。

また、衣服にたばこのニオイをつけないためには禁煙がベストなのですが、それでは喫煙者が楽しめないため喫煙ルームを作ります。ちょっと席を外してたばこを吸ってまた戻ってくるのです。これでも敷居が高いのであれば、着替えをお店が用意するのもいいでしょう。希望者は服やマントのようなものを借りてそれをまとうことによってたばこのニオイが付かないようにします。合わせて脱いだ服はたばこの煙が行かない部屋に保持しておくサービスも欠かせません。

こういったちょっとした気遣いできることは、居酒屋の大きな付加価値になるのではないかと思います。誰もが楽しめる場所であり続けるために、お店側の努力も必要なのではないでしょうか。

トマトが切れれば、メシ屋はできる 栓が抜ければ、飲み屋ができる?居酒屋の神様が教える繁盛店の作り方? トマトが切れれば、メシ屋はできる 栓が抜ければ、飲み屋ができる?居酒屋の神様が教える繁盛店の作り方?
(2011/04/18)
宇野隆史

商品詳細を見る

新橋の居酒屋から花咲く高校寄せ書きノート

2009年2月 21日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

有薫酒蔵

R25で記事になっていたものがNHK「にっぽんの現場」でも放送されたこの内容。まさに今の時代を映す鏡なのかもしれません。そのお店があるのは東京・新橋にある九州郷土料理店「有薫酒蔵」(ゆうくんさかぐら)です。

店内には全国の高校の寄せ書きノートが棚に並んでいて、お客は自分の高校のノートに名刺、卒業年などを書いた後自分の好きな言葉を書き連ねていくことができます。このノートを作るのを始めたのは20年ほど前、久留米の高校の同窓会連絡として作られたのがきっかけとなり、今では実に800冊近くになっているといいます。

このノートを仲介して実に多くの人々の思いを繋げていくことができます。会ったこともない先輩との出会い、そしてその方からの励まし、つらかった部活の思い出。それは地方から来た人であればなおさら、東京という遠く離れた場所での仲間としての意識を強く持つことができる素敵なアイテムといえます。

自分は確かにここで頑張っているんだということを同じ高校の卒業生に伝えたいという気持ちは、年が経つにつれてどんどん大きくなっていくものです。40代?50代になりがむしゃらに走ってきた人たちによって、高校時代というものはとても懐かしいセピア色の時代だったと思います。同じ卒業という意味では小学校や中学校、大学など色々あると思いますが、なぜか高校というのは特別な感情があるものです。

多くの人がその高校に入りたいと思って頑張って、そこで全力で何かに打ち込んでいた時代でもあり、そこから厳しい社会へ出て頑張ってきた人も多いことから、特別な気持ちになるのかもしれません。その思いを東京の居酒屋で共有することができるのです。

ネットの時代であるにもかかわらず、ノートというアナログなつながりの中に真の仲間は生まれるのかもしれませんね。自分もいつか高校の仲間と共に行ってみたいと思います。

【参考】
・R25 No.226
・有薫酒蔵 http://www.shinbashi-yukun.com/


歌のない想い出のメロディー(CD)10P20Feb09