あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



宝くじの当たらなさを検証しよう

2007年12月 19日 By: rainbow Category: 日記 2 Comments →

宝くじ売り場

年末ジャンボ宝くじの季節ですね。街のチャンスセンターには、多くの人が夢を買いにやってきます。当たったら、これを買おうというわくわく感を3000円で買っていると思えば安い物かもしれませんが、どのくらい当たらないものなのか、検証してみます。

○宝くじ1,000万枚を敷き詰めてみる
宝くじの大きさは、縦7センチ×横15センチ。これを1,000万枚敷き詰めてみると、面積は7×15×10,000,000=105,000平方メートル。これを東京ドームの面積46,755平方メートルで割ってやると、2.25という答えに。東京ドーム2個と4分の1に宝くじを敷き詰めると、その中に1枚だけ1等がある計算になります。

○宝くじを米粒に例えると
米粒1,000万粒の重さを計算すると、ひと粒の重さは約0.02グラムなので0.02×10,000,000=200キログラム。5キロ入り米袋40袋の中にひと粒だけ1等があります。ちなみにお茶碗にすると軽く3,300杯分。

○宝くじをトイレットペーパーに例えたら
宝くじの横の長さは15センチ。これをつなぎ合わせて毎日お尻を拭いたとして、何日待てば1等に巡りあえるのか。日本人のトイレットペーパー消費量は年間およそ50ロールで、1ロールの長さはシングルの場合60メートル。ここから計算すると、15×10,000,000÷100÷(50×60)=500年。500年間宝くじでお尻を拭き続けると、1等のくじに出会うことができる。

ここまで大きな値になってくると予想することすらできませんが、いかに当たらないのかだけはよく分かりました。

でも、いいんです!

冒頭に申し上げたように、”夢”を買うんですから。夢を見る時間を含めれば安い買物なのかもしれませんね。あなたも一つ夢を買ってみませんか?

【参考】excite News
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091197635240.html

開運 賽銭箱の宝くじバンク (宝くじスタンド付き) SAN1536 開運 賽銭箱の宝くじバンク (宝くじスタンド付き) SAN1536
()
サンアート

商品詳細を見る

宝くじの当たりやすさ

2007年5月 27日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

みずほ銀行が変なことを調べたらしい。

1000万円以上の宝くじ高額当選者は以下の人が多いらしい。

(男性)
  ・「T・K」(名・姓の順)
  ・星座:おひつじ座
  ・年代:60歳以上

(女性)
  ・「K・K」
  ・星座:水がめ座
  ・年代:50代

T・Kまでは当たってたんだけどなぁ。っていうか一番買っている人がたまたまそうだったってだけだと思うけど^^;

当たりやすい売り場とかも同じだよね。一番売れているから一番出るだけで、結局みんな確率的には同じなんだと思うよ。