あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



ミドリムシで下水処理ができる時代

2012年2月 16日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

小学校の頃、池や沼の観察をしていると必ず登場していたのがミドリムシ、学名はユーグレナといいます。池の色が緑色になっている理由は、この方がいらっしゃることによるものが大きいのですが、実はこのミドリムシには様々な効果があって、自分たちの生活を豊かにしてくれる要素をたくさん含んでいることが知られています。

1.栄養食品として

太陽光と二酸化炭素で育つことができるミドリムシには人間が生きていくための必要な栄養素がほぼ含まれており、その数は59種類にも及びそれを体はほとんど吸収するといわれています。ミドリムシの中に含まれるビタミンB1はニンジンやトマトの約360倍、ナトリウムはカボチャの約540倍、亜鉛はトマトの約753倍と他を圧倒する含有量を誇っているのです。

さらにミドリムシに含まれるパラミロンという物質は、体内の脂質やコレステロールを吸着し、油分に溶け込み易い有害物質も一緒に排出してくれる機能を持っていることから、ダイエット効果や免疫力効果も高いと今話題を呼んでいます。

2.下水処理補助として

そんなミドリムシを下水処理を助けるものとして活用できないか、東京大学内のミドリムシの研究・商品開発会社・ユーグレナと東京都下水道局が共に研究を始めたといいます。ミドリムシが水中の無機物を取り込む性質を利用して、下水処理過程で発生する窒素やリンの低減させ、きれいな水を精製しようというのです。ミドリムシが生息している池では、自分たちの知らないところでその水を浄化し、無害なものにかえていたのです。

このユーグレナという会社では、ミドリムシを大量に培養する技術を持っていることから、これまでミドリムシクッキーやミドリムシサプリメント、うどんやバームクーヘンなど驚くばかりの商品を世に送り出してきました。これからは食べるだけでなく、今回の下水処理だけでなく、二酸化炭素を吸収することから温暖化対策の切り札としてなど縁の下の力持ちとして活躍の幅をもっともっと広げていってくれるのではないでしょうか。小さな微生物が人間の生活になくてはならない日ももうすぐそこまで来ているのかもしれません。

【参考】
・oricon style http://juken.oricon.co.jp/2006770/full/

ユーグレナ・バー120g(6本入)

ユーグレナ・バー120g(6本入)
価格:1,521円(税込、送料別)

風邪のなりやすさを左右するモノ

2009年10月 23日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

この時期、寒かったり温かかったりして気候がコロコロと変わることから体調を崩してしまう人も多いのではないでしょうか。新型インフルエンザの流行もあり、風邪を引くとインフルエンザなのではないかとビクビクしてしまいます。周囲には、あまり風邪を引かずにいつもピンピンしている人がいたり、よく風邪を引いて会社や学校を休んでしまう人もいたりしますが、この差は何なのでしょうか。一言で「体質」なのだといっても、どのような体質なのかについてなかなか踏み込んで考えることがないと思います。そこで今回はこの風邪の体質とは何から来るのかについて考えてみたいと思います。

通常、風邪の原因となるウイルスなどが体の中に侵入すると各免疫機能が働いて排除しようとしますが、この機能が弱い人は風邪をよくひくといわれています。その免疫のなかでもNK(ナチュラルキラー)細胞というものが風邪のかかりやすさを大きく左右する物質だと順天堂大学の奥村康教授は話します。

NK細胞とはウイルスなどを破壊する免疫のことで、平常時でも体の中をパトロールしている「体のお巡りさん」的な存在なのですが、このNK細胞の働きが弱いと病原体の侵入を防げずに風邪にかかりやすくなるのです。ということは、いかにこのNK細胞に働いてもらうかが風邪を引くか引かないかに大きく影響を及ぼすことになるのです。そこでいかにNK細胞を活性化(NK活性)させるためにどうしたらいいかを奥村教授のアドバイスをもとに示します。

・就寝時間や起床時間を不規則にしないこと。
・精神的ストレスをなるべくため込まないようにすること
・シイタケを食べるようにする。しかし、偏食をするのではなくバランスよくその他の食べ物も摂るようにすること。

このように風邪の引きやすさは、生まれながらの部分もありますが日頃のちょっとした努力で予防することができるそうです。毎日おいしいものを食べてたくさん寝て、そしてストレスなく生活をすることは、現代に生きる上で非常に難しい問題ではありますが、意識して生活するだけでもかなり違うと思います。無理してしまった日の次の日は、意図的に休むようにしたり、気分転換するなどしてリカバリーするように心がけることによって、風邪をうまく撃退したいものですね。

【参考】R25
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/110000007839

マンガでわかる生理学 マンガでわかる生理学
(2009/08/26)
小山 富康

商品詳細を見る