あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



職場で食べるおやつの意外な効果

2009年2月 25日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

お菓子BOX

大人になるとおやつを食べなくなるのかといえば、決してそういうわけではないと思います。子供の頃よくたべた数十円のから、徐々にその傾向はせんべいなど大人のお菓子に変わりつつあるものの、今でもポテトチップスやラムネ、チョコレートなどは大好物だったりします。

そんなお菓子ですが、最近では職場にも100円で購入できるお菓子スタンドが登場しよく利用するようになりました。100円をいれ自分で好きなものを取り出して購入することができるもので、わざわざコンビニまで行かなくてもお手軽にお菓子を食べることができます。特に残業の時など家に帰ればご飯が待っているのでしっかりとは食べないのだけど、少しだけお腹を満たしたいときなど重宝しています。

このお菓子スタンド、実に多くのパターンのものがあり、中には職場に冷蔵庫を貸し出しそこでアイスクリームまで売っているものもあります。職場というある意味公共の場で100円を入れないといった人はほとんどいなくて、95%以上の回収率だそうです。

そんな職場でのお菓子は、自分のお腹を満たすだけでなく実に様々な効果を生み出すことができるといいます。そこで、どんな効果があるのか見ていきましょう。

1.コミュニケーションの機会
緊張をほぐし、お互いを知るいいチャンスです。
(注意点)
・職場であることを忘れず、抑えてトーンダウンを
・仕事をしながら食べるのはよくないので、メリハリを付けて10分以内で

2.リフレッシュで効率アップ
疲れた脳に栄養補給ができます。
(注意点)
・昼食から3?4時間がいいタイミング
・肥満のもとになるので習慣にしない
・おやつの量は100?200キロカロリーが目安(バナナ1本、チョコ数粒)

3.音やにおい、食べかすはNG
周囲への気遣いを忘れずに
(注意点)
・せんべいなど音やにおいがするものは避ける
・個別包装のもの選ぶ
・食べかすが机の上や書類に落ちていないか確認

コミュニケーションとしてさらに有効なのは、自分が食べているものを周囲にも配ることです。自分だけでなく周りにも配ることでコミュニケーションをとることができ、さらに自分もいずれは分けてくれたりするので、気持ちよく仕事をすることができます。新発売の商品など話題性のあるものを周囲とシェアすることで、さらに場は盛り上がるでしょう。

リフレッシュすることで、自然と仕事の効率も上がると思います。具体的に計測することはできませんが、気分的にもいいでしょう。バナナもおやつです。ただし房ごと持参して食べるのは控えた方がいいかもしれません。

音やにおいについては、周囲に人がいなくなったらこそこそと食べましょう。意外とせんべいのにおいは周囲に広がりやすいものです。どうしても食べたい場合には、やはり周囲に配ってしまうことをお勧めします。ひとりで食べると気まずいものもみんなで食べれば、音やにおいを気にする人もいなくなるでしょう。

メタボが叫ばれる中、かなりの量をストックしておくことは危険です。前に、引き出しの中がすべてチョコボールで埋まっている人を見かけたことがありましたが、彼はちょくちょく体調を崩していました。食べたいときに購入する方が自分の中でも歯止めになります。どうせなら少量で最大限の効果をあげることができれば、お菓子は自分にとって心強い味方になると思います。

【参考】日経Plus1 2月21日


ダイエット中にピッタリ!低カロリーおやつで心もお腹も大満足ヘルシーおやつシリーズ

効率を高める休憩の取り方

2009年1月 28日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

勉強や仕事がなにかと忙しくなる時期ですが、有限な時間がもったいないとばかりに、休みもとらずにひたすら仕事や勉強を続けることは、かえってその効率を低下させてしまう要因になっているといいます。休憩は、とりすぎても逆に仕事や勉強に復帰する際の時間的ロスをうんでしまいますし、とらなすぎても効率は下がってしまうというように非常に難しい”さじ加減”が求められます。

とかく言われるのは、人間の集中力の持続時間が1時間弱であるということです。それにあわせて学校の時間割が編成されていることも多く、さらにその1時間のなかでも本当に集中できるのは数十分が限度とされることから、数十分から1時間を目安に休憩を入れるといいと思います。

その効率を高める休憩の方法について、産業技術研究所の中田亨さんと心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんの話をもとに以下に紹介したいと思います。

■散歩する
・行き詰まったら机からいったん離れます。環境を変えて、発想を転換するきっかけを作りましょう。
 →机にかじりついていても新しい発想はうまれません。一度リセットしたほうがいいですね。

・利尿作用のある紅茶を仕事中にのみ、トイレに立って歩く回数をあえて増やします。
 →自分で時間を作るのが厳しいようなら、強制的に休まざるを得ない状況を作り出すことも大切です。

・散歩前に、考える内容のキーワードを紙に書いて、関係を表す矢印で簡単な図にします
 →この関係図を書くというのは書籍にもなっているくらい、ポピュラーなやり方です。

■予定に組み込む
・毎朝、1日の予定を立てる際に休憩時間もあらかじめ盛り込んでおきます。
 →予定を立てたら、あくまでそれを守ろうと努力しましょう。計画倒れでは休めなくなってしまいます。

・昼食時など休憩時間に先輩や同僚に自分の仕事を説明し、疑問点を挙げることで発想を広げます。
 →休憩時間くらい仕事から離れたいという人もいると思いますが、せっかく同じ場所にいるのですから、フランクに色々話してみるのもいいでしょう。

・複数の仕事は1つずつ片付けるより同時並行で行います。休憩を挟んでそれぞれ進めると生産性や完成度の向上が期待できます。
→産業技術研究所の中田亨さんは、この方法を「休憩またぎ法」と呼んでいます。一つの仕事に長時間悩むよりもいくつかの仕事や教科を時間を区切って行う方が気分転換にもなると思います。

■タイマーを使う
・1つの仕事は1時間以内に決め、1?2割を休憩に充てます。疲れすぎる前にこまめに休んだ方が集中力は持続するのです。
→上述のように、人間の集中力の限界に基づくものです。

・苦手な作業は時間を短く区切り集中します。例えば15分間作業をし、1分間休憩といったインターバルを繰り返すのもいいでしょう。
→苦手なものほど逃げたくなりますよね。短い時間だけがんばろうと自分を励ましながら進めることが大切です。

・単純作業は人目のある場所で時間を計るとはかどります。熟考が必要な作業は静かな場所で集中し、適宜休憩を入れます。
→周りから見られているという刺激によって、適度の緊張感が生まれ、それが効率化につながります。

会社の先輩は、昼休みになるとご飯も食べずに外に散歩に出かけています。本人に聞くと仕事でモヤモヤしていて整理がつかない案件が、散歩をしているとすっとスッキリ整理されるというのです。試しに自分も散歩をしに出かけてみると、本当に気持ちよく気分転換になるんですよね。効率があがったのかどうかは定量的に測れないのですが、それでもわからなくて悩んでいたものが外部環境によって解決されていくこともあるのです。

一生懸命何かに集中するときには、事前に心や脳に「空きスペース」がないといけません。休憩はその空きスペースを作ってあげる大切な作業なのかもしれませんね。

【参考】日経Plus1 1月24日


招布 休憩タイム ふろしき