あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ユニクロ


厚着しない人たちの理由

2011年2月 13日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

街中に雪が舞い散る頃、外に出ると本当に体の芯から寒さを感じぶるぶると震えてしまうのが分かります。ユニクロのヒートテックを肌着にし、その上に3枚ほど着込んだ後にモコモコのファーがついたダウンジャケットを着込んでいても、家を出た数分後にそこまで寒さを感じてしまいます。

ふと周囲を眺めてみると、なぜかみんな薄着でジャケットの前を開けて歩いている人もいるくらいで、ほとんどが薄着のような感じがします。昔から寒がりだとは思っていたのですが、このように本格的な冬を迎えるとそれを実感させられるのです。

では、周囲の人はなぜそんなに薄着でいられるのか、真剣に考えてみることにしました。以下にいくつかの仮説を挙げてみたいと思います。

◆仮説1: おしゃれ
これは確かにあると思います。モコモコに着ぶくれした姿は決してかっこいいものではありません。スマートに着こなすことによっておしゃれは成り立っているのです。各アパレルメーカーもそれを後押ししており、ユニクロのヒートテックに代表されるような薄くても十分温かい服を提供しています。

また、今ではモコモコになりがちなセーターの購入額も2000年と比較し3分の2に減少し、代わりに軽くて薄いカシミアセーターが2000年から2倍も売れるようになっているといいます。

◆仮説2: 寒さを感じない
自分以外の人は寒さを感じないようになっているのではないかと仮説ですが、残念ながらこの仮説を発展させるだけの材料がないため、このあたりでおしまいにしたいと思います。

◆仮説3: 外を歩く人が少ない
今は暖かい場所がたくさんあり、着込んでしまい電車の中に乗ると途端に暑く感じます。うまく調節すればいいのですが比較的混んでいるとそれもままならず汗をかいてそれで外に再び出るので余計寒さを感じるという負のスパイラル。

国土交通省の調査によると、2009年時点で最寄り駅の10分以内に住む人は全体の66%にも及び、別の調査では20歳から39歳の人が外に出て移動する回数は20年前よりも1割程度減少しているといいます。

また、車で移動する人も増えていることから寒さにずっと身をさらし続ける機会が減っていることから、薄着になっていると考えることができます。それを裏付ける情報として北海道の大手百貨店では服の売れ筋が東京とあまり変わらないということまであります。

このように、服の素材そのものの進化と寒いところを歩く時間の減少から、人は薄着になっていったと考えることができます。寒い場所は確かに歩くのですが、その時間が短いので我慢しているということになります。そう考えると、自分だけ寒がりなんじゃなく、みんな我慢してるだけだと開き直ることができ少しだけ気持ちが楽になれるような気がします。

【参考】日経Plus1 2011/02/12

しまむらの服がかぶらない理由

2010年8月 19日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

安くて質の高い洋服を売っているお店として思い浮かべるのは、しまむらとユニクロではないでしょうか。自分もユニクロやしまむらの洋服を着ていますが、長持ちしていますしデザインもいいので、すごく重宝しています。一流ブランドに特別興味がないという人にとって、強い味方といえると思います。

そんな2つの企業ですが、実はまったく業態が違う企業なので単純に比較することはできないのです。ユニクロは商品を作り販売する「製造小売業」という業態であるのに対して、しまむらは企画や製造をせず、サプライヤーから仕入れた商品を売る小売業です。しまむらが売っている商品は、しまむらが作っているのではなく、社内に50人程度いるという仕入れ担当者がトレンドを見極めて洋服を仕入れるのです。

ここに、しまむらで買った服がかぶりにくい状況にある秘密があります。ユニクロは自社で大量に生産することによって、コストを下げ利益を得やすい状況にあるので、ヒートテックのように大ヒット商品が生まれると大きな利益を得ることができます。ただし、同じ商品を所有している人はどうしても多くなってしまいます。

それに対して、しまむらは「餅は餅屋」という考え方から今流行している商品を比較的タイムリーに利用者へ届けることができます。また売り切れてしまった商品と同じ物を仕入れることはせずに、また違った商品を仕入れる方法を採用していることから、利用者の間で服がかぶることは比較的少ないのです。ただし自社製品ではないので、仕入れコスト分だけ利益が薄くなってしまいます。

どちらがいいというのではないのですが、この2社の最新の財務状況を比較すると次のようになります。

ユニクロ 売上:6,850億円 利益:498億円
しまむら 売上:4,306億円 利益:217億円

単純に金額を比較しただけではその優劣を測ることはできませんし、業態が異なることからあくまで参考レベルに抑えるとして、現在ではユニクロの方が売上げや利益が高いことが分かります。

しかし、ユニクロはフリースやヒートテックのような人気商品を次々と開発して提供していかない限り、厳しい戦いを強いられてしまうのに対して、しまむらは流行にあった商品を仕入れて売ることができるメリットがあります。

今後どちらの業態が上昇していくのか注目すると共に、利用者ととしてはしまむらとユニクロそれぞれのメリットを有効に活かしてファッションを楽しんでいければいいのではないでしょうか。

【参考】J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2010/08/18073352.html

ユニクロ vs しまむら(日経ビジネス人文庫) ユニクロ vs しまむら(日経ビジネス人文庫)
(2009/11/03)
月泉 博

商品詳細を見る

ユニクロ人気の影で

2009年12月 02日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

今、ユニクロが流行ファッションの一つとして定着しつつあります。同じ商品を着ることを「ユニかぶり」、他の人とかぶるのを防ぐために他の商品と併せて隠すことを「ユニ隠し」、アップリケや刺繍などを施して自分なりの洋服に仕立てる「デコクロ」といった言葉が登場しているのも、ユニクロが自分たちの生活に深く根付いている証拠といえるかもしれません。ユニクロを経営するファーストリテイリング社も過去最高益を達成するなど経営状態もかなりいいのも頷けます。

そんなユニクロに先週の日曜日に行ってみることにしました。かなり久しぶりで前に行ったのはフリースを購入するときだったのでかれこれ2年前くらいでしょうか。当時はフリースに続く商品を見つけることができずに、かなり苦戦していたと記憶しています。周囲と同じになってしまうということからユニクロを敬遠する人も多く、厳しい状態だったのが一転「ヒートテック」の登場により、再びユニクロの世界がやってきます。

自分も昨年売り切れ続出で購入することができなかったと言われるヒートテックが欲しいと思い、奥さんと出かけてみて驚いたのがその人の多さでした。お目当てのヒートテックを手にレジに並ぶと、あまりにも人が多すぎてレジには長蛇の列ができていたのです。その状況のすごさに自分も奥さんも手に持っていた商品を戻し帰ってきました。根気よく並んでいれば10分程度で購入することができたのでしょうが、そこまでして購入するほどでもないかなと感じてしまったのです。

衣料品売り場のレジは、単に商品の決済を行う場だけではなく、ズボンの裾上げの依頼や様々な依頼を受け付ける場所でもあることから、他の売り場よりも人をさばきづらい環境にあります。しかし、それははじめから分かっていたこと。商品を購入したいと感じる人に予め予測できるガマンを強いらせることはあまり望ましいことではないと思います。セールの時など一時的なものであればやむを得ない状況かもしれませんが、きっとこのユニクロのお店は来週も同じように多くのレジ待ちを作ることになるでしょう。

そうならないためにも、特設のレジを多く作ったり、決済以外のお客様については別の窓口で受け付けるなどの流れを作ることが大切なのではないでしょうか。こういう細かい取り組みがさらなる業績の向上に結びつくのだと思います。

【参考】日経Plus1 2009/11/28


ユニクロ思考術