あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > スタジオジブリ


三鷹の森ジブリ美術館で時を忘れて遊んだ日

2011年11月 06日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

三鷹の森ジブリ美術館の招待状を入手し、その有効期限が今月中であったこともあり、子供と二人で三鷹まで出かけることに。数日前から子供はジブリ作品に見事にはまっていて、毎日会社から帰ると崖の上のポニョやとなりのトトロを熱心に見ていて、まさに予習を行っていたかのようです。

三鷹駅に着くと、ジブリ美術館まで連れて行ってくれるバスが待っています。黄色いバスでジブリ作品に出てくる様々なキャラクターが描かれていて、子供もウキウキで乗り込みます。さすがに猫バスにはしなかったようです。
バスは、ものの10分程度で美術館前に到着。そこから歩いて1分程度で入り口にたどり着き、時間的にまだ入館予定ではありませんでしたが、入館することができました。

入り口から見える建物や屋上のロボットなどを見ると否応にも期待がふくらみ、子供に手を引っ張られるようにして中に入ります。中に入ると階段を下り、まずは地下1階に。ここから上を見上げると建物全体のレトロな感覚と異世界に迷い込んだような錯覚になります。

三鷹の森ジブリ美術館

三鷹ジブリの森美術館のキャッチコピーは「迷子になろうよ、いっしょに。」です。パンフレットには次のように書かれています。

不思議な建物、趣向を凝らした展示物、ここでしか観られない短編映画、くつろげるカフェ、この美術館には様々な楽しみ方があります。

でも、決められた順路はありません。順路を決めるのは、あなたなのです。

当美術館は、この空間を心から楽しみ、「迷子」になってくれる主人公を、心よりお待ちしています。

この発想自体もジブリらしくて素敵です。自分はお言葉に甘えて、入り口でもらった宮崎駿さんによる全体地図などが描かれたパンフレットをそっと鞄の中にしまい、子供が行きたい場所にとことんつきあってみようと思いました。

子供は、絶対に開かないと思っていたドアを簡単に開けて外に出ては、いろんなものに興味を示していました。ここには飾りというものが少なく、何かを実際に触ったり動かしたりすることができる不思議なアイテムがたくさんあります。

次に向かったのは映像展示室「土星座」でした。ここでは、脚本と監督が宮崎駿さんの短編映画「くじらとり」が上演されていて、特等席で観ることができます。ちゅーりっぷ保育園に通うしげるくんを中心に、年上のほしぐみの男の子たちが積み木で作った船「ぞうとライオン丸」でくじらとりに出かける心温まるストーリーです。
同じ年頃の主人公で題材がわかりやすいこともあり、子供も驚きや歓声を上げながら楽しんでいたようです。終わったあと「楽しかった!」と元気に話してくれるので嬉しくなります。

この後は、地下1階から2階、屋上まで行ったり来たりを繰り返しながら細かいところにまでこだわりを見つけては楽しみます。ねこバスの遊び場では、大きなねこバスに数人限定で、比較的長い時間遊べます。小学生以下だそうで、ちびっ子が思い思いの方法でねこバスと戯れます。みんながねこバスのてっぺんに登って遊んでいる間、子供は誰も居なくなったねこバスの中ででんぐり返しとかして遊んでいました。かなりのマイペースぶりです。

その他の展示物も大人から子供まで楽しめるものが多く、様々な人に愛されている理由がわかるような気がします。アトリエも実際に道具や展示物を触ったりすることができますし、描いたコンテ絵をみることもできるので、どのようにジブリ作品が作られていくのかを楽しむことができます。

3時間近く「迷子」になっていろんなところに行きましたが、子供も終始走り回っていて楽しく遊んでいたようです。子供と来ることによって、じっくりと何かを観るという鑑賞方法はできませんが、その代わり大人同士では行かないようなところに行ったり、意外な発見があったりして十分楽しむことができます。

帰り道、子供は「今度は弟と一緒に来ようね」と言ってはにこりと笑っていて、親としては嬉しい限りです。比較的近いので、これからも足繁く通ってみたいと思える場所がまた一つ増えたと大満足な一日となりました。

〓新品DVD〓 25%OFF 宮崎駿とジブリ美術館

〓新品DVD〓 25%OFF 宮崎駿とジブリ美術館
価格:2,990円(税込、送料別)

【送料無料】宮崎駿の〈世界〉増補決定版

【送料無料】宮崎駿の〈世界〉増補決定版
価格:1,155円(税込、送料別)

大人気の影に潜む宮崎監督の悩み

2010年7月 20日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

現在、スタジオジブリの最新作品である「借りぐらしのアリエッティ」が公開中です。夏休みの時期と重なり多くの人気邦画が集結している中、大変な競争ではありますがきっと興行成績もいい結果を残すことができるでしょう。

ちなみに2009年までに日本で公開された興行成績ランキングベスト4は以下の通りです。

1位 千と千尋の神隠し(2001年)304億円
2位 ハウルの動く城(2004年)196億円
3位 もののけ姫(1997年)193億円
4位 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)173.5億円

そうそうたる顔ぶれの中で圧倒的な強さを見せるのが宮崎駿監督率いるスタジオジブリの作品です。どれも社会現象にまでなり、連日テレビでは特集番組など取り上げられる機会が非常に多かった記憶があります。

そのような輝かしい栄光を作り続けているスタジオジブリですが、今日NEWS ZEROの番組の中で宮崎駿さんの苦悩について取り上げられていました。今までこのような観点でジブリアニメを見たことがなかったので、1つの衝撃となって脳裏に焼き付いています。

それは、日本が抱えるアニメーターの現状についてです。日本でアニメーターと呼ばれる人たちは800人程度しかおらず、作品毎の請負型となっています。つまり作品ごとに依頼が来て、その製作を手がけて終わったらまた違う会社と個別に契約して仕事をするような形態で、平均10万円程度の月収しかないという過酷な労働条件の中で働いているそうです。

それでは質の高い作品と人材を後世に残すことができないと考えた宮崎駿さんは、スタジオジブリで1989年からそれまで月収10万円だったアニメーターを月収20万円で社員として登用したといいます。これによって人材の育成と確保を実現することができるようになったのです。

ところが、いいことばかりではありません。社員の数が150人を越えることによって生まれる人件費という問題がくすぶり続けています。社員として雇う以上、月収だけでなく雇用保険などの様々な経費が掛かり、それをペイするために企業として儲けを生み出さなければならなくなります。またスタジオジブリでは手書きによるクオリティの確保を行なっていることから、紙代などの経費も相当掛かっています。

そこで、宮崎駿さん自らが積極的に国内外にアピールして努力することになるのですが、いつまでも高いレベルで作品を提供し続けることは非常に困難です。宮崎さん自身も2010年現在で69歳となり、昔ほどの活動力はなくなったと言っています。

後継者の育成が急務となる訳ですが、人を入れ替えながら観客の求める高いクオリティを維持することは並大抵の容易さではないのです。

このように、常に厳しい状態のなかでスタジオジブリをはじめとするアニメ業界は、必死に自分たちに感動する作品を提供し続けてくれているのです。日本の代表する文化であるアニメがもっと発展するために、アニメーターやアニメに関わる人たちが活動しやすい環境を整えることも大切なのです。

【参考】NEWS ZERO 2010/07/19

もののけ姫(3-DVD)●ジブリグッズプレゼント●

もののけ姫(3-DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

ハウルの動く城(DVD)●ジブリグッズプレゼント●

ハウルの動く城(DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

千と千尋の神隠し(DVD)●ジブリグッズプレゼント●

千と千尋の神隠し(DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

《メール便なら送料無料》崖の上のポニョ(2-DVD)●ジブリグッズプレゼント●

《メール便なら送料無料》崖の上のポニョ(2-DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

耳をすませば(DVD)●ジブリグッズプレゼント●

耳をすませば(DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

紅の豚(DVD)●ジブリグッズプレゼント●

紅の豚(DVD)
●ジブリグッズプレゼント●

価格:3,880円(税込、送料別)

イメージキャラクターをジブリが作るとこうなる

2008年8月 28日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

これまで多くのイメージキャラクターを紹介してきました。

しかし、最近のものに共通しているのは町田市のときにあったように、「とにかく目立って露出させること」が大切で、その結果としてキャラクター自体が変な感じになってしまっている点にあります。

もちろん、それが市民や関係者に愛されるキャラクターならいいのですが、必ずしもそうはならないようで、難しい問題となっています。

そんなか、「崖の上のポニョ」で大ヒット中のアニメ監督の宮崎駿さんがこのほど、東京都小金井市のイメージキャラクターをデザインしたそうです。これは、市制施行50周年を記念して、市内に居を構える宮崎さんのアニメ制作会社「スタジオジブリ」に依頼して実現したものです。

それではキャラクターを見てみましょう。

赤地に金色で「金」の字が書かれた前掛けをした男の子が描かれていて、「子どもが元気な町が発展する」という宮崎さんのコンセプトからデザインされたということで、なんかこの子供がかわいらしく見えます。

小金井市というよりかは、「完全に金太郎だろう!」というつっこみは、あえてココでは抜きにして、表情にも愛着がありますよね。微妙に傾いている姿でさえもかわいく見えます。これもジブリ作品の立派な一つになっていくんでしょうね。

市によると、名前は特にないということで、9月15日発行の市報などを通じて、市民から愛称を募集するそうです。あなたならこのキャラクターにどんな名前を付けますか?

【参考】毎日.jp
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080827mog00m200005000c.html


CITIZEN となりのトトロ キャラクター置き時計 飾り振子の中トトロが可愛いキャラクター時計…