あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > みのすけ


おんな城主直虎 第41回「この玄関の片隅で」

2017年10月 15日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

万千代と万福の後継者として登場したのはノブという中年男でした。登場から六角精児さんのひょうひょうとした演技から能なしと思わせてきたのですが、なぜか家臣たちは彼を見て明らかに動揺していました。そのことが後ほど明らかになります。

それは彼がかつて一向一揆に参加し家康と対峙していた本多正信自身だったのです。その最後の名前からノブと名乗っていたのでしょう。後に家康の右腕として辣腕をふるう彼はこうして身を立てていったのでした。

実際、草履取りをやっても、万千代たちのやり方ではなく次に誰が出てくるかを観察によって予想することによって効率的に作業を行っていきます。この辺りにも知略を見て取ることが出来ます。

家康を中心にして物語が展開し始めますが、その中で万千代は家康に材木の調達をかってでます。初めはそれに対して快諾した家康でしたが、直虎から近藤家のものであることから、筋を通すためにも万千代の申し出を亡きものにしてほしいと願いでます。

こういう厳しさの中にも優しさを見ることができる点も井伊家への好印象に繋がっているのではないでしょうか。

さて、次回は武田との戦が始まります。歴史の中では非常に有名な戦いではありますが、井伊家を中心に見たときにどのようなドラマが待っているのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県安城市
 - 本證寺

おんな城主直虎 第40回「天正の草履番」

2017年10月 08日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

草履番の仕事を徐々に極めていく万千代と万福のもとにやって来たのは直虎と松下常慶の2人でした。松下としては井伊の再興を願って出て行ってしまった万千代のことを許さないと初めはいっていましたが、松下源太郎の大人な対応によって丸く収まります。源太郎の言動は本当に見るものに癒やしと勇気を与えるなと感じました。

井伊家を再興することによって、先祖代々の人々周辺にとっては喜ばしいことなによりだったのですが、一方で松下や近藤といった利害関係のある所から見ると必ずしもメリットとは呼べませんでした。それでも、家康の先見性を感じた直虎は万千代に将来を任せることに決めます。

万千代によってそういうターニングポイントとなった重要な回になったのではないでしょうか。徐々に直虎の影響力が少なくなってくるのですが、万千代たち後に続く人々にどれだけ残していくことが出来るのかが大切になっていくのだと改めて感じました。

■直虎紀行■
静岡県浜松市
 - 松下屋敷跡

おんな城主直虎 第35回「蘇えりし者たち」

2017年9月 03日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

前回まで激動の状況であったためか、今回はさすがに戦後処理的な静かな状況になりました。気賀を治めていた瀬戸方久は、酒井忠次の厳しい仕打ちによって気賀の民をなくしてしまい、呆然としながら井伊家にやって来ます。そこで薬がもうけ口になるともくろみ、僧となって次の人生を歩んでいきます。これで彼はもう出てこない事が想定されますが、ジワジワと影響を持っていたムロツヨシさんがいなくなると、これはこれで寂しいなと感じてしまいます。

酒井忠次は、そこまでクローズアップして見たことはなかったのですが、今回みのすけさんの演技によって、嫌な感じの人物になった印象があります。これも徳川の世の中を盤石にするために行ったことだとは思いますが、家康を見る目つきが厳しく、なんか謀反を起こすのではないかとまで思わせてしまいます。彼が今後どのように活躍していくのかも密かな楽しみとなっています。

歴史上では、家康が掛川城に入場し、遠江全域を治めることになるという大きな出来事がありましたが、そのうらで、井伊家は今後どのような舵取りをしていくべきか、直虎を初め悩むことになりそうです。かしらもまだ元気なようなので、バックアップ体制はまだまだ健在。楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県掛川市
 - 掛川城