あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



食べると体がにおう食べ物

2010年8月 21日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

ニンニクやくさやなど食べるとおいしいにも関わらず、猛烈なにおいを発する食べ物があります。学生の頃、友人の家でキムチ鍋パーティーを開催した帰りの電車の中で、比較的混んでいるのに自分の周りだけ妙に空いていたのを思い出します。

◆食後に体から出るにおいの原因
こういったにおいの出る食べ物の中には、次の日も体からにおいがでるものも少なくありません。このように次の日に体から出るにおいの原因は主に胃腸で消化された際に発生する成分によるものだと五味クリニック医院長の五味常明先生はいいます。

ニンニクは分解すると硫黄に、お酒は分解すると二日酔いの原因ともなるアセトアルデヒドになり、それぞれ体内で嫌なニオイのもとになる物質になっていきます。こういった物質は腸で吸収されて血液の中に吸収され、全身に駆け回り呼気や汗となって体外へと放出されます。このように血液を通して体臭になっていたのです。

◆対策
こういった体臭を少しでも抑えるために、大きく3つの対策があります。以下にそれを紹介したいと思います。

1. 腸内環境を整える
 腸は上記のようににおい成分も血液へ運ぶので、町内で食物を発酵させ便のにおいを作り出す悪玉菌を減少させ、善玉菌を増加させることが大切だといいます。そのために、ヨーグルトや食物繊維を多く含むものを食べます。

2. 肝機能を向上させる
 シジミなどの含まれるオルニチンを摂取することによって、肝機能を向上させます。肝臓は血液に吸収されたアンモニアなどのにおい成分を尿素に変え、尿として体外に排出してくれるのです。

3. アルカリ性食品を一緒に食べる
 ニンニクや焼き肉、お酒を摂取するときに、一緒に梅干しやわかめといったアルカリ性食品をとることによって、消化のさいに中和され悪臭を抑えることができます。

この他、普段から腹八分目を心がけ、寝る2時間前にはものを食べないことで腸内環境を整えることも大切だといいます。分かってはいても寝る前にお腹がどうしても空いてしまうので、なかなか厳しいとは思いますが、頭の片隅にこういった知識をもっていて、ここぞという時の前の晩に実践してみるといいと思います。

腸内環境が悪くなると、こういった体臭の他に腹痛などを感じることも多くなるので、普段からちょっとずつ気に掛けておいたほうがいいのではないでしょうか。

【参考】R25 2010.8.19 No.270

新・もう汗で悩まない 新・もう汗で悩まない
(2010/03/09)
五味 常明

商品詳細を見る

音やにおいも商標になる?!

2008年6月 25日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

このー木なんの木 きになる木♪

パッパラッパッパ パッパラパッパ パーパッパッッパッパー(ラッパのマークの正露丸)

音楽が流れた瞬間にどこの企業なのかがいずれもわかりますよね。このような企業名や商品名に合わせて流れる特徴的や「音」、インターネット上で見られる企業のロゴやマークの「動き」、企業がユニフォームや車などに使用してイメージカラーとする「色」について商標登録できるようにする検討が特許庁で始まりました。

早ければ2010年にも実現するかもしれません。これだけでなく、「におい」や「味」といったものまで商標登録を検討するというのですら、人間の五感がどんどん商標によって守られていくことになるんですね。

海外では多くの国でこのような権利が認められていて、そういった国々から日本国内で売っているそういった国々の製品についても権利を保障して欲しいという要求が発端になっている模様です。

自分たちで、そういう権利を積極的に守っていこうとする流れでないのが残念ではありますが、このような権利ビジネスが今後注目を集めていくかもしれませんね。

音はともかく、味のような無形のものをどうやって文書として残して、区別していくのかがすごく悩ましいところではありますが、うまく表現することができ、その対象物を唯一の表現としてまとめることができるのなら、世の中の多くのモノが誰かの権利物になるのかもしれません。

自分もひとつくらい、何か考えてみようかな。

【参考】日本経済新聞 6月24日


表現の自由vs知的財産権