あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 環境問題


液状化は同じ場所で繰り返す

2011年11月 06日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

先の震災を契機に、東北の各地や千葉県の沿岸など多くの場所で液状化現象が発生し、地面から湧き出てきた泥によってその上の建造物がぼろぼろになってしまいました。そのように液状化した地盤は、沈静化と共に以前より締まるので再発しにくいと言われてきましたが、今回の震災によってその通説が否定されたといいます。

液状化は地層が砂でできていて地下水が比較的地面に近いところで発生しやすいそうで、そういった砂の層を支える粒が地震の揺れによってバラバラになり、水の通り道ができることによって砂と一緒に吹き出してくるのです。

関東学院大学の若松和寿江教授によると、液状化が繰り返し起こる場所の傾向は大きく以下の4点にまとめられるといいます。

1. 歴史の浅い埋め立て地
2. 昔の川筋や大きな河川の沿岸
3. 砂れきなどの採掘地
4. 沢を埋め立てた場所

若松教授は、古文書や学術文献から2008年までの1600年間の地震で起きた16,500カ所の液状化の記録を調査し、そのうち150カ所は再液状化だったと突き止めたといいます。近代以前の記録は乏しいので、実際に再液状化の場所はもっと多いはずだと指摘しており、どの程度の頻度で発生するのかその上限ははかりしれません。

液状化が繰り返し起こるのだとすれば、自ずとそのような場所に家を建てるという人は減少するでしょう。液状化の危険が高い場所では、行政が宅地造成を規制すべきだと指摘する専門家もいるとのこと。今後家を建てるという人は、地盤調査をしっかりと行って正しい判断をしたいものです。また今すでにすんでいる人は自分が住んでいる地面が昔、どのような場所であったのか一度確認してみるのもいいかもしれません。

今できることは少ないかもしれませんが、現状を正しく把握しどのようなリスクがあるのか、それに対して自分はどのような対策を施しておくべきかは、目をそらさずにきちんと確認しておく必要があるのだと思います。

【参考】日本経済新聞 2011/11/06

日本の液状化履歴マップ 745-2008―DVD+解説書 日本の液状化履歴マップ 745-2008―DVD+解説書
(2011/03/19)
若松 加寿江

商品詳細を見る

電力と温暖化ガスの天秤の行方

2011年9月 26日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

先の震災を契機に原発に依存しない電力の創出に向けて様々な取り組みが活発化しています。その中で東京都の副知事が発表したのが「東京都天然ガス発電所」という構想です。都内に発電施設をつくり、そこでコンバインドサイクルと呼ばれる発電方式を使って100万キロワットもの発電能力のある施設が作られるといいます。この量は、原発1基分に相当する量になります。

コンバインドサイクルとは、ガスタービン、蒸気タービンのふたつを組み合わせた発電方式で、まず天然ガスを高温で燃やしてガスタービンを回します。その際に出る排熱で水を蒸気に変え、今度は蒸気タービンを回し効率的に熱を利用します。このふたつを合わせた発電効率は約60%であり、原発の約30%、蒸気タービンだけを利用する通常の火力発電の42%を大きく上回る、非常に効率に優れた発電方式だと期待されています。

この発電施設の原料となるものは天然ガスなのですが、ここにも大きなメリットがあるといいます。石油資源の枯渇が世界的に叫ばれている中で、天然ガスの埋蔵資源量は数百年分もあるといわれており、燃料不足を心配する必要は皆無です。さらに、天然ガスは東京湾や房総半島の地下など、南関東一帯に大量に眠っているとのことで、自活することができる夢のような循環が実現することになります。

ジャーナリスト・有賀訓さんによると、東京、千葉、茨城、埼玉、神奈川にまたがる120キロメートル四方のエリアに、南関東ガス田と呼ばれるメタンガスが大量に蓄積されていて、千葉県茂原市九十九里地域などは、天然メタンガスを含む地層が地表近くにまでせり出しているため、自宅敷地内にガス井戸を掘り、そこから取り出したガスで風呂たきや煮炊きをしている民家もあるほどだといいます。

さらに、天然ガス発電所の建設コストは原発の4分の1程度で、広い敷地を必要としません。また、たった1時間で最大出力にあげることができるので、貯めるコストのかかる電気を時々刻々と変わる需要に合わせてリアルタイムに作り出していくことができるのです。

まだ計画段階ではありますが、ここまで魅力の高い発電施設なので、今後計画自体が進展していくことは間違いないでしょう。

しかし、一つの疑問が残ります。それは、震災前まで多くの著名人が懸命に取り組んできた温暖化ガス削減への取り組みが、この議論の中に存在しないこと。メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同じ量の二酸化炭素の21倍から72倍の温室効果をもたらすとされています。それを一気に活用しようというのですから、温暖化ガスの排出量はうなぎ登りに上昇していくことでしょう。

その問題をどのように解決していくのか、新たな資源エネルギーの活用は常にその検討が必須なのだと思います。そして、それを伝える側としても厳しくチェックする目をもっていかなくてはならないのではないでしょうか。その結果、新たな問題を発生させることなく、気持ちよく利用できる電気になってくれれば、そんな嬉しい世界はないでしょう。

【参考】週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2011/09/26/7109/

大転換する日本のエネルギー源 脱原発。天然ガス発電へ (アスキー新書) 大転換する日本のエネルギー源 脱原発。天然ガス発電へ (アスキー新書)
(2011/08/10)
石井彰

商品詳細を見る

温暖化で北極のシロクマも危機に

2011年8月 14日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

涼しかった頃が嘘のように毎日これでもかというくらい暑い日が続いています。毎日水の事故が相次ぎ熱中症で病院に搬送される人も後を絶たない状況です。この気象状況を見ると確実に温暖化は進んでいるのだと実感せざるを得ません。

そんな地球温暖化の影響は、遠く北極海に住むシロクマにまで影響を及ぼしているのをご存じでしょうか。北極海のシロクマは氷の上を移動しながらえさを探し回っています。しかし、温暖化の影響で夏の時期に北極海の氷が解けたために、シロクマが別の氷に移動する際に長距離の泳ぎを強いられて、子グマたちが途中で相次いで溺れ死んでいるというのです。

このことを研究したのは自然保護団体WWFであり、2004年から2009年の6年間に68頭のシロクマの首にGPSを装着して動向を調査しました。その結果、20頭のシロクマが期間中50回にわたって長距離の泳ぎを強いられていて、1回につき最長で12.7日、距離にして実に約680キロだったというのです。そこまで泳ぎ続けなければ次の氷に移動することができない状況が今北極海にあることになります。

当然こんな過酷な状況に子グマが耐えられるはずもなく、母グマと一緒にこうした長距離の泳ぎを強いられた11頭の子グマのうち、5頭が途中で死んでしまったそうです。シロクマは人間と同じで、荒い波の状況下で鼻からの呼吸を長時間完全に止めることはできないので、子グマたちが生き抜くのはかなり大変だといいます。

それでも、長い距離を移動しなければえさを得ることができないので、命に危険があることを承知の上で行動せざるを得ない状況なのです。速い流れの中で氷の上から移動することもできずにただ流されていく白クマの様子を映像としてみたことがある人も多いでしょう。子グマはそれ以上の過酷な状況になっていることから、北極に生息するクマは今後確実に減っていくことでしょう。

このシロクマが訴える温暖化に、自分たちは何ができるのでしょうか。子供たちの世代に残すことができるものを考え直し、自分ができる小さな一歩を積み重ねることしかなさそうです。それが大きな流れになってシロクマを救うことにつながってくれることを今は信じて進むことにしたいと思います。

【参考】産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/world/news/110813/erp11081317220005-n1.htm

【送料無料】温暖化と生物多様性

【送料無料】温暖化と生物多様性
価格:2,730円(税込、送料別)