あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2014年_軍師官兵衛 > 軍師官兵衛 第49回「如水最後の勝負」


軍師官兵衛 第49回「如水最後の勝負」

2014/12/08 Category: 2014年_軍師官兵衛

自分が好きなように戦うことができる戦にいきいきとする如水は、破竹の勢いで九州を平定していきます。物語としては息子の長政が関ヶ原で中心的な役割を持っているだけに、完全に二元中継のようになってしまい描くのが難しかったと思います。長政としては父親の動きは正直面白くなかったことでしょう。そのあたりの複雑な思いもしっかり描かれていたのではないでしょうか。

関ヶ原の場面は、次回が本番だと思うのですが、どうしても手薄になってしまうのは、主人公が黒田だからなのでしょう。なので、長政もほとんど家康のパシリ的な状況になっていたり、その長政も家康軍の中での振る舞いがほとんど描かれていなかったするのは、仕方ないこととはいえ、少し寂しい感じもします。

そんななかはやり圧巻だったのは、九郎右衛門と吉弘統幸の石垣原の戦いでしょう。的場浩司さんが良い味を出していてかなりの熱演だったのも感動的なシーンを生んだ要因だと思います。このように素晴らしい武将は散り際が本当に男らしいですね。かつての備中高松城の清水宗治を思い出しました。こういう人こそ生き残って日本のために活躍して欲しいと思うのですが、そうなったらまた日本は違った形になっていたのかもしれません。そう思いをはせるのも歴史の醍醐味なんでしょう。

さて、次回はとうとう最終回。オープニングの曲をきくのも最後なのでしっかりと脳裏に焼き付けつつ、関ヶ原の最後、如水の最期を見届けたいと思います。

◆官兵衛紀行◆
大分県別府市
 - 石垣原(いしがきばる)古戦場趾碑





コメント

*



トラックバックURL