あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2012年_平清盛 > 平清盛 第44回「そこからの眺め」


平清盛 第44回「そこからの眺め」

2012/11/11 Category: 2012年_平清盛

今回は、珍しく頼朝のハッピーシーンから始まります。娘を抱きかかえ政子と共にラブラブな毎日を過ごしています。こんな緩みきった表情の頼朝に対して北条時政は、「平家の世の中は続かない。頼朝に、そして源氏の魂に賭けてみようと思う」とおっしゃいます。今後はそういう場面もきっと出てくるのだと思いますが、残念ながらこの時点でその状況を思い描くことはできません。

回を重ねる毎にどんどん悪みを増していく藤原基房を演じる細川茂樹さん。今回はとうとう盛子の病死と共に藤原摂関家に領地を戻すことに成功し、これからいい感じになって行くのかなと思いきや清盛にぼこぼこにされ、どうやら失脚してしまいそうな勢い。次回以降は登場しないのでしょうか。また一つ楽しみをなくしてしまいそうで残念でなりません。

物語としての大きな流れは変わっておらず、王家、源氏、平氏の3つから成り立っています。源氏は前述の通りラブラブモードだとしても、王家は完全に後白河上皇の独壇場と化しています。危篤状態になった重盛のもとに後白河院が向かって、散々悩みを聞いたあげくすごろくで勝ったら言うことを聞いてあげるなどと大人げない行動にでます。この部分は完全にフィクションだと思いますが、演出上どのような意図があったのか今もよく分かりません。

結果として、過去の清盛との賭けの対象として重盛を使ったことを暴露した後白河さん。笑いながら退場します。これによって、涙ながらに早く死にたいとおっしゃる重盛。この辺りの演出も分かりづらさがありました。結局自分は孤独なのだと悟ったのでしょうか、それとも思うように行かなかった無念さなのでしょうか。おそらくフィクションの場面なので、わかりやすい演出が欲しかったところでした。

次回は、頂きに立った清盛がどんどん人間的に崩れていく様子が始まるものとみられます。そこにも見ていてよかったと思えるような情景が見えることを願ってやみません。

◆清盛紀行◆
京都府京都市
 - 浄教寺





コメント

*



トラックバックURL