あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2007年_風林火山 > 風林火山 第46回 「関東出兵」


風林火山 第46回 「関東出兵」

2007/11/19 Category: 2007年_風林火山, ドラマ

今回は、関東征伐とはいえ相模の国まで追っていくのはやりすぎたようですね。

越後から随分とおくなってしまって、統一したとしても今後治めていくことはできないようなところまで攻められるほど、勢力はないような気もするのですが。

義を重んじる景虎であっても、最後の場面では衝撃的なSMプレイがありました。関東管領という権威のある職にようやくつくことができ、周りにそのことを示す重要な場面でかなり痛手でしたね。減点1です。

それにしても北条氏康はかっこいいですね。実に堂々としていて、戦い方もすばらしいものがあります。松井誠さんの演技がすごく光っています。こんな武将がいたら、本当に勝てる気がしません。

次第に川中島という場所の重要性が増してきています。

次回は決戦に向けたプロローグ。楽しみですね。




コメント

*


コメント(2)

  1. 風林火山?第46話・景虎増長!

    風林火山ですが、躑躅ヶ崎舘の一室で山本勘助(内野聖陽)と武田信玄(市川亀治郎)が軍議を凝らしております。部屋は暗く、蝋燭の明かりが信玄の顔を半月のように照らしていますが、二人とも主役なのに悪人扱いです。
    長尾景虎(Gackt)が関東管領就任記念として関…

    Comment by 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/11/21 15:33

  2. 風林火山?第46回

    大河ドラマは、登場人物を美化して描くことの方が多い気もしますが、風林火山は真逆です。むしろ闇の面を強調している気もしますが、武田信玄だけでは飽き足らず、軍神上杉謙信の仮面も剥ぎ取ろうとします。

    関東管領になる

    Comment by テレビドラマ図鑑?データベース | 2007/11/21 21:47



トラックバックURL