あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 20%ルール


毎週金曜日は思いっきり遊ぶ会社

2008年8月 18日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

皆さんはGoogleという会社の20%ルールというものをご存じですか?すごく有名な話なので多くの人が知っていると思うのですが、20%の時間は自分の好きなことを自由にやっていてもよいルールで、Google NewsやAdSenseなどの製品はこの20%ルールが元となって生まれています。

その会社に勤める人の柔軟な発想を養い、そして自由な雰囲気の中から新しいものは生まれるという信念の元、Googleはそれを身をもって成功させています。

このように、自由な時間を会社が与えることによって、社員は頭を柔らかくしていろんなことを考え、既存の壁や枠にとらわれることなく面白い発想をしてもらおうとする会社は日本企業にも存在しました。

それが、SNSで最大手のミクシィです。ミクシィは毎週金曜日をワンデーフリー(ODF)として、自由に遊んでもらおうとする体勢を作り上げました。

Googleの20%ルールでは、そこで何をやったかを必ず査定され、それが報酬に直結するそうです。自分が自由にやった結果なのですから、そのように責任を伴うことは必要だと思います。

ODFは、遊ぶといっても好きな研究や仲間と議論し、普段自分の業務でないことを一生懸命行います。その結果がすごく良ければ製品やサービスになって世に出ることにもなるそうです。

この、ミクシィのODFが、その成果に対してどこまで責任や成果に結びつくのかは分りませんが、ある程度のところで会社側も責任を追うことによって、失敗を責めることなく本当の意味での自由な活動をすることができるのなら、その会社はすごく成長すると思います。

また、自分がやりたいことを社内で公募して、それに募った人々でプロジェクトチームを立ち上げて、プレゼンにより予算を確保して、開発から販売までやってしまうといったことを短期間で行える企業が大企業や中小企業にこだわらず出てきてほしいですね。

【参考】日本経済新聞 8月18日付

グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」 (知的生きかた文庫) グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」 (知的生きかた文庫)
(2006/08)
二村 高史

商品詳細を見る