あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



氷でじっくりお茶を作ると甘み増大

2010年7月 25日 By: rainbow Category: グルメ No Comments →

冷たい飲み物が恋しい季節となりました。ほとんどの家庭に今必ず入っているのが麦茶の入った入れ物ではないでしょうか。夏の風物詩ともいえる麦茶は、一年中存在しますが夏の季節がなぜか一番おいしく感じられるのが不思議です。

ただ、いつも飲んでいて当たり前になっているとはいえ、麦茶ばかりではどうしても飽きてしまいがち。たまには他の飲み物も飲んでみたくなるのではないでしょうか。しかも温かいものではなく冷たい飲み物で探そうとするとおのずと選択肢は狭まっていきます。

今回、麦茶の代わりにおすすめしたいのが煎茶です。しかも温かい煎茶ではなく冷たい煎茶で、なんと氷から作るのです。氷から煎茶を作るというのは、見た目以上に様々な効果をもたらすのですが、それはあとで紹介するとして、氷出し煎茶を実現してくれるのが、耐熱ガラスで有名なハリオグラスから出されている「氷出し茶ポット」です。すごくわかりやすい商品です。茶こしとポット部分が2段重ねになっていて、上の茶こし部分に茶葉を入れその上から氷を満杯に入れます。

この状態で放置しておくこと6-8時間。下に溜まったお茶を飲んでみると上品な甘さがあるお茶を飲むことができるというのです。その秘密なんですが、ハリオグラスによるとお茶は温度によって溶け出す成分が違って、高温だと渋みのもとになるタンニンが溶け出し、低温でゆっくり入れると甘み成分のテアニンが引き出されるというのです。

少々できるのに時間がかかるのですが、その間何かする訳でもないので放置しておけばいいだけ。この手軽さでペットボトルで売られているようなうたい文句である「甘みのあるお茶」を涼しげに飲むことができるのですから、すごく有用なアイテムといえるのではないでしょうか。

【参考】日経Plus1 2010/07/24

ハリオグラス 氷出し茶ポット KDP-2T ハリオグラス 氷出し茶ポット KDP-2T
()
ハリオグラス

商品詳細を見る

おいしい麦茶の作り方

2007年7月 29日 By: rainbow Category: 男のレシピ No Comments →

これからの季節、麦茶が欠かせません。1日で、1リットルくらいは飲んでいるんじゃないでしょうか。

麦茶は簡単そうで、味が全然変わってくるんですよね。この味の違いはどこからやってくるのでしょうか。もちろん、買ってくるパックなどによる違いもあるとは思いますが、家庭でも気軽にペットボトルで売っているような香ばしい、麦茶の味を味わうことができるものを作りたくなって、調べてみました。

麦茶は、大きく煮出しと水出しがあります。正直、どちらがおいしいという風に断言することはできないようです。ただし、自分は水出しをしているのですが香ばしさが足りないような気がしています。なので、水出しではなく煮出しのおいしい作り方を調べてみました。

<作り方>
やかんに水を入れ、水の状態から煮出して作ると麦を長時間煮詰めることになるので、麦茶本来の成分が変質してしまうと言われているそうです。

なので美味しく作るためには、味への影響が少ない軟水を沸騰させ、そこに煮出し用の麦茶のパックを入れて、10分程度煮出します。本当は、パックではなく麦そのものを入れるといいみたいですが、なかなか手に入らないのでパックで我慢します。

ここで大切なのは、必ず煮出し用のパックを使うこと。水出し用とは作りが違うようで併用はできないみたいです。常温で冷まし、あとは冷蔵庫へ入れて保存します。おそらく、もっともっとおいしいやり方があると思うので、知っている方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。

<効用>
麦茶には体温を下げる効果や抗酸化作用があり、生活習慣病の予防をします。麦茶の成分には次のようなものがあります。

食物繊維…腸の働きを活発にし、コレステロール値を抑えます。
リノール酸…骨や皮膚などの各組織を正常に保ちます。
ピラジン類…麦茶の香ばしいにおいの成分で、血液をさらさらにする効果があります。
ギャバ(GABA)…脳や神経の働きを活発にし、血圧を下げる働きがあります。

全国麦茶工業協同組合なるものが存在し、効能を以下にまとめています。
・胃の粘膜を守り、糖尿病合併症を防ぐ
・発ガン性物質にも効果を発揮
・血液をさらさらにする
・抗酸化作用で成人病の予防効果