あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



関西人が還付金詐欺には引っかかる

2008年10月 17日 By: rainbow Category: ニュース 1 Comment →

以前ブログでも紹介しましたが、ちょっと前まで振り込め詐欺が横行していましたね。至る所でオレオレと名乗る人が登場し、自分が実家にいた時にも同じように「オレオレ」と名乗る「自分」からかかってきた電話に出たこともあります。

ところが、関西人は振り込め詐欺にはほとんど引っかかることがありませんでした。ところが、その関西人が還付金詐欺には多くの被害者がでているそうです。その理由をズームインの辛坊治郎さんが解説していました。以下、その理由をまとめます。

【振り込め詐欺に関西人が引っかからない理由】
■これまでの通説
関西人は金銭感覚が優れているから

●そうではなくて
犯人が標準語で電話で話すため、すぐに息子ではないことが分ってしまう。そのために引っかからない。
 
【還付金詐欺に関西人が引っかかる理由】
■これまでの通説
関西人は、「お金がもらえる」に弱いから

●そうではなくて
犯人が標準語で電話で話すが、役所の人が標準語で話すのは当たり前。なので信用してしまい信じてしまう。

うまく表現で聞いているなと感じます。自分も親も標準語なので子供の声が多少違ったとしても、周囲の環境や体調のせいだと思ってしまっても仕方ないと思いますは、そもそも自分の子供が関西弁じゃないという時点で、明らかに他人ですよね。

もちろん、振り込め詐欺の業者も関西弁の要員をアサインしているんだと思いますが、それでも微妙に地域によって言葉が違ったりすることもあるので、難しいでしょう。

その点役所というしっかりとした場所の人であれば標準語で話すという固定概念を見事に利用しているといえるでしょう。いずれにせよ、業者は次の手を既に考えていると思いますので、お金をATM等で振り込むような指示の場合には、気をつけるに越したことはなさそうです。

大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか―カンニング竹山と考える (扶桑社新書 5) 大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか―カンニング竹山と考える (扶桑社新書 5)
(2007/02)
竹山 隆範

商品詳細を見る