あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



園児の引率も一苦労

2008年5月 16日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

朝の満員電車。

ギューギューになっている中に、がやがやと幼稚園児が30人くらい乗ってきました。他の乗客は一様に気まずい空気になる中、引率する保育士さんが「はい、早く乗って」と急がせます。

どうやら遠足にいくみたいで、子供達はリュックを背負っています。

ギューギューになる園児たちは必死に手すりにつかまり、その手すりにつかまる園児に数人がつかまるという非常に厳しい体勢となります。

時折カーブに差し掛かると、大きく揺られそのたびに大きな声を上げて「きつい」「つらい」と叫びます。保育士さんは、それに対して「静かに!」とこれもまた大きな声で注意します。

揺れに耐えられなくなった園児は、座っている人に思いっきり乗っかったり、「吐きそう・・・」といって周囲を青くさせたりして大混乱の状況になりました。

これは、さすがに園児のせいではありませんよね。遠足に行くのもいいんですが、何も満員電車とわかっているのにあえてそこに乗せようとする計画自体が間違えているような気がします。

多少時間をずらすなり、歩いていけるような場所に限定するなり、さらにバスで行くなり何かしら考えてあげてもいいのになぁと思った朝でした。