あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 西田敏行


西郷どん 第3回「子どもは国の宝」

2018年1月 21日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

初めのうちは薩摩ことばに違和感があり、聞き取ることができないと話題になっていましたが、徐々にその声も小さくなり今ではほぼ雰囲気などで状況を読み取ることができるようになったと思います。そうなると演出など余計なところに気をとらわれることもなくなり、物語に集中できるようになってきたなと感じます。

下級武士である西郷家はもの凄く貧しく、家族を医者に診せるだけのお金もありません。その苦しさから父の吉兵衛は商家から借金をしようと言い出します。身分や対面を気にすることのない吉之助は初め反対しますが、結局は商家のお世話になることになります。ナレーションで西田敏行さんは、さくっとこの借金を完済するのは明治維新になってからといっていましたが、あそこまでの人物になってもなかなか返せないほどどのように使っていったのかが気になるところ。

個人的には、帰り道に出会った幼い頃の中村半次郎の一家に分け与えてしまうのではないかと思ったのですが、さすがそこまでではありませんでした。お人好しなところは人望を集めるメリットではありますが、お金が絡むと色々と厄介なことも増えるので、なにもなければ良いのですが。。

藩に目を向けてみると斉彬はようやく意を決して父の斉興の失墜しようとしますが、結果的に調所の命を奪ってしまうことになります。藩の財政を立て直した立役者であることを考慮して、もう少し違った形で後継者に漬けなかったものか悩ましいところです。さらに、斉輿と由羅は斉彬に反撃するため、彼に近い人物を次々と処罰していきます。吉之助に近い赤山靭負も次回やばそうな雰囲気。こういう強制力ではなにも生まないのですが、斉興が今後どうなっていくのか気になるところです。

■紀行■
鹿児島県鹿児島市
・仙巌園
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

八重の桜 第50回「いつの日も花は咲く」

2013年12月 15日 By: rainbow Category: 2013年_八重の桜 No Comments →

物語は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で必死に看護する八重の姿から始まります。この辺りの姿は、戊辰戦争で多くの負傷兵を日新館で看護した姿に完全に重なります。時代は違ってもその人の根本的なところは変わらないのかもしれません。その当時からさらに進んでいるのが「敵も味方もなく看護する」という精神。相手が清国の兵士であっても、傷ついた者には平等に看護するという考え方は、この時を初めとして日本でも根付いていったのかもしれません。

その日清戦争を大陸で指揮するのが大山巌。坂の上の雲を見ていたので、その後の日露戦争での旅順攻略がとても厳しいものであったという印象を持ってみていたのですが、日清戦争では比較的たやすく攻略することができたようです。そういった軍事状況を鼓舞していたのが新聞社であり、その中心的な一人が徳富でした。新島襄の教え子でもある彼は、世論という目に見えないものを大きく動かす力を持っていて、八重はそれをどのように使うつもりなのか、厳しく問いだたします。この問は未だに答えが出ていない現代にも通じる宿題事項なのではないでしょうか。そんなことを考えさせられます。

気持ちが整理するために八重が向かったのがやはり、会津。そこには頼母がいました。いつの時代も必死に生きようと努力し、そして笑顔を保とうと努力する人々がいる。八重は、まるで桜であり散っても散っても、また次に咲き誇りなさいと諭します。西田敏行さんはさすがという演技で、物語を上手くしめてくれたような気がします。

ここで八重桜とは、この辺りから来ているのではないかと思って調べてみたのですが、実際にはそうではないようで、少し残念。それでもそう思わせるほどの素晴らしい人生を歩まれてきたんだと知ることが出来て、本当に良かったと思います。

さて、次回からは黒田官兵衛。戦国時代にまた戻ってきました。岡田准一さんの演技に期待したいと思います。

◆八重の桜紀行◆
京都府京都市
福島県会津若松市

八重の桜 第30回「再起への道」

2013年7月 28日 By: rainbow Category: 2013年_八重の桜 No Comments →

前回までの重苦しい世界は、初めから完全に過去のものとなり、何事もなかったかのような平穏な行商生活が描かれていて、はじめは随分と違和感を覚えます。ようやくその状況に慣れてきた頃に見えたものは会津への差別というか見下した目線でした。反物を売りに出かけてみるも、その先で会津だということでお情けで反物を買ってもらったり、者を恵んでもらえたりとプライドが傷つけられる場面に遭遇します。

それでも、何とか耐えていた八重ですが、会津のことを侮辱するような発言をされると目の色が変わり再び人をあやめてしまいそうになります。この辺りは非常に危険な性格になってしまったのだなと感じます。通常であればこのような行動を起こしてしまった人に対しては、何らかの処分が下されてしかるべきです。自分の愛する会津のことを悪くいうのは辛いことですが、それと暴行とは完全に別物。八重が警察等に捕まらなくて良かったと改めて思います。

そんな八重たちが静かな戦いをしている頃、旧会津藩士たちは萱野権兵衛が斬首され、謹慎所に連行されたものは斗南藩として再興を夢見て移り住みます。その筆頭の大参事となったのが大蔵でした。彼は藩士を盛り上げて斗南美藩へ向かい最中、八重のもとを訪れます。その言動からは未だに八重のことを想っている状況がよくわかり、ともに斗南藩へ向かうことができないということが分かったあとに、尚之助の状況をようやく伝えます。

静かな戦いとしてもう一つ特筆すべきは頼母でしょう。越後に向かったはずの頼母はいつの間にか箱館で榎本武揚とともに戦っていました。この辺りは自分が見落としていただけなのかもしれませんが、物語で紹介された記憶が全くない状況で、混乱してしまいました。その最中本来であれば妻の辞世の句を見つめるという感動すべき部分でも、見ている方としては気分がのりません。ちょっと飛ばし過ぎだったような気がします。

さて、そんな平穏な世界にもちょっとずつ変化が生じるのが次回からでしょう。完全に戦争のことは終わりを告げ、どのように八重たちが生きていくのかに焦点は絞られてきました。あと残すところも20話ですし、新島襄も登場してきたことだし、ラストに向けたスパートを見せて欲しいものです。

◆八重の桜紀行◆
山形県米沢市
 - 上杉神社