あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 緑友利恵


天地人 第41回「上杉の生きる道」

2009年10月 12日 By: rainbow Category: 2009年_天地人 No Comments →

今回の天地人は人間模様をすごく表現していて、戦のシーンに頼らない人間そのものの心を表現している自分にとってあるべき大河ドラマであったと思います。徳川の世の中が到来し日本が家康によって平定されようとしている今、兼続や上杉にとって次の生き方を模索しもがいている苦しい時代でした。

上杉は、会津から米沢へ移され石高が下がってしまったにも関わらずほぼすべての家臣を引き連れて米沢へ移動します。重臣たちも一つの建物に複数の家族が一緒に住み、苦しい家計を何とかやりくりする必要がありましたが、それなりに楽しい生活になったようです。
そんな中、まずはじめの人間ドラマがやってきます。上杉家を守るため直江家を本多正信に託し、自分の嫡男である竹松に後を継がせないことにします。なんと言っても加藤清史郎くんに尽きるこの場面は、なんか不思議な気分になった人も多いのではないでしょうか。高嶋政伸が演じる兼続の父、惣右衛門が昔の兼続を思い出す回想シーンでも加藤清史郎くんが登場し、今に戻ってきても加藤清史郎くんが出ているのですからどっちがどっちだかわからなくなってしまいます。父の愛を疑うなというセリフにぐっと来てしまいました。

この後は、次第に惣右衛門の最期がやってきます。兼続と酒を飲み交わし兼続が父のような父になりたいと言うと、惣右衛門も兼続のことを誇りだとお互いに認め合います。どちらの気持ちも分かりますが、自分はどちらかというと兼続の方に感情移入してしまいました。影で支えて叱咤激励してくれる父に自分もなりたいと改めて思います。このあたりですこしじーんと来ていたのですが、最期に縁側で人生を全うしやるべき事をやったという満足感をもって笑顔で眠るようにこの世を去っていった惣右衛門。高嶋政伸もうまく演じていて、物語の骨格をしっかりと作ってくれる名演技でした。

次回からは、ドラマも終盤に迫ってきます。兼続には心の支えのひとりをなくすことになりますが、それは同時に人を成長させることにもなります。どのように上杉をもり立ててて行くのか、楽しみにしたいと思います。

□■天地人紀行■□
山形県米沢市/高畠町
 亀岡文殊堂

NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD] NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]
(2009/11/26)
妻夫木聡北村一輝

商品詳細を見る