あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



第44回黒門祭を訪れて

2010年6月 27日 By: rainbow Category: 地域イベント No Comments →

昨年始めて参加した専修大学の三大祭の1つ「黒門祭」は地域住民にも広く参加を呼びかけている珍しい学園祭といえると思います。昨年は家族で出かけ様々なイベントを見ることができただけでなく、おこめ券とQUOカードまで頂き大変お得な印象を持っていました。

今回もそうですが、この黒門祭の大きな特徴として5つのイベント会場に足を運びスタンプをGETすることによって、参加賞として一人1枚のおこめ券を頂くことができることにあります。抽選ではなく先着でもないお得な制度といえます。

それだけでなく、出し物としても非常に高いレベルのものが多いので、楽しみに今年も参加することにします。今年の黒門祭のテーマは「発信しよう!批判精神あふれる学生文化を」で、さすが学生自治会が主導になっているだけあると感じます。

朝の11時頃に専修大学の正門についたのですが、まず驚いたのがその人の少なさ。閑散としていて時折コンビニ袋を手に持った数人の学生が通り過ぎていくだけです。大きな看板には黒門祭とあるので、間違いはないと思いますが少し不安になりながら会場へ向かいます。

催し物は主に2ヶ所で開催されています。まずいった4号館では、昨年に引き続きジャーナリズム研究会の雑誌のクオリティの高さに驚きます。

7号館での一押しだったのは写真研究会の黒白写真です。昨年も非常に質の高い写真を展示していて思わず見とれてしまったのですが、今年もそれは健在でした。特にモノクロの風景写真からは、その場の雰囲気を感じ取ることができます。

残念ながら雨が降り出したので、期待していた三曲研究会の演奏は聴くことができませんでしたが、それはまたの機会に。

帰りは生田緑地を通って帰ることにします。現在中央にある噴水広場は工事中でもうしばらく遊ぶ場所は限られますが、今回の目的はあじさいでした。生田緑地の紫陽花は密かな場所で群生しています。SLが展示されている場所の近くの山を少しだけ登ったところにそれはあります。

もうそろそろ紫陽花の気季節も終わりなのですが、子供は紫陽花をみて「これ、たくさんお水をあげたから綺麗に咲いたの?」と聞いてきます。こういう感性を持ってくれてることは、素直に嬉しいです。

曇り空の梅雨の季節、真っ只中ではありましたが、充実した休日を過ごすことができました。

紫陽花が綺麗な季節

その美しさを身の回りに置いてみてはいかがでしょうか

紫陽花と梅雨とカタツムリ

2009年6月 11日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

紫陽花

梅雨の季節に、これまで合う組み合わせは他にないのではないでしょうか。そのくらいアジサイとカタツムリは梅雨に入ったこの季節の風物詩ともいえる存在です。様々なテレビや図鑑、写真などでもこの2つの生き物が一緒に写っているものを見かけるのですが、なぜか自分は一緒に写っている光景をあまり見ないと不思議に思っていました。タイミングの問題なのかもしれませんが、その理由について考えてみることにします。

◆仮説
カタツムリは、梅雨の季節にはアジサイの葉っぱを食べながら雨宿りをしている。

きっと誰もが考える仮説なのではないでしょうか。疑うべきもないことのように思えるのですが、この部分について少し認識が違うということが参考文献から分かってきます。

◆事実
・カタツムリはあまりアジサイの葉っぱを食べない。これはアジサイの葉には青酸ガスの元となる物質が含まれているためである。
・カタツムリは山の落ち葉の下などに多く生息している。

これだけ見てみると、カタツムリがアジサイの葉っぱの上にいるのは葉っぱを食べているのではなく、ただ通過していたり雨宿りをしているに過ぎないのではないかというように思えてきます。彼らの家は山の中にあってそこに帰る途中なのかもしれません。自分たちが見ていたアジサイとカタツムリのコンビは偶然の一致に過ぎず、アジサイでなくても別な葉っぱでもいいのではないでしょうか。

しかし、例えそれが事実だとしてもやはりカタツムリとアジサイという梅雨の季節に映える生き物同士が共にいることで華やかな気分になることは間違いありません。さらにアジサイの花は、土壌の酸性度、土壌中のアルミニウムの含有量、花の咲いている時期によって色が変わっていくそうです。つまり、同じアジサイとカタツムリというペアでも場所や時期によって全く異なる風景を作り出すことができることに、無限の創造性を感じるのではないでしょうか。

わずか1ヶ月ちょっとの期間の間に、1年分の輝きを放つ生き物を見ていると少しだけ梅雨の憂鬱な気分が和らぎ、こういう小さなことに感動する心を持ち続けたいと感じます。

【参考】
・目がテン!?ライブラリー
 http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/00/06/0625.html
・日本植物生理学会
http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_search.cgi?stage=temp_search_ques_detail&an_id=355&category=mokuji
・R25.jp
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/110000004283?vos=nr25bn0000001


可愛いカタツムリは紫陽花との相性バツグン!アジサイカタツムリクリップセット(3ヶ入)