あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 秋山好古


坂の上の雲 第6回「日英同盟」

2010年12月 05日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 No Comments →

約1年ぶりの再開となりました坂の上の雲で、時間が空いてしまったことのフォローとしてNHKもゴールデンタイムを使って昨年の再放送を繰り返していました。自分もすべてを見ることができませんでしたが。頭を龍馬伝から少しずつ変えることができ第2部の初回を迎えます。

第1部で秋山好古、真之、正岡子規の3人の松山からの生い立ちとそれぞれの進む道について語りましたが、第2部ではすでに3人の道は全然違ったものとなっているためお互いの絡みはほとんどありません。なので、第2部からの見方としては3人のつながりというよりも出身が同じ3人がそれぞれどのように近代日本を生きていったのかを純粋に楽しんだ方がいいのかもしれません。そんな気持ちで第2部から臨みたいと思います。

物語は真之と広瀬武夫の2人がイギリス・ポーツマス港でイギリスが建造し日本が購入した戦艦「朝日」の見学のシーンから始まります。日本が帝国主義になって軍拡するためには国民の必死の税金がなくてはどうしようもありません。そのことを強く思いイギリスの人々に断言した広瀬は、相当有能でありリーダーとしてふさわしい人であったのだと思います。

そんな広瀬はロシアでの駐留6年間の間で、ロシアの人々に心から尊敬され仲間として受け入れてもらっていました。日本の武士の精神をアリアズナに説く姿は彼の誠実さをうまく表現しているようです。もちろん実際の彼がどのような人物であったのか自分は知りませんが、義理と人情に厚い人柄であり愛されるべき人物だと感じた人は多いのではないでしょうか。

ロシアは、極東の奥深くまで迫っており危機感を感じた伊藤博文がロシアにやってきた際にも広瀬は勇気を持って伊藤に現実を伝えます。結果として信じてもらえませんでしたが、結果として真実を伊藤に伝えることができたのです。

そのロシアの様々な場面は実際に撮りに行ったと信じて疑わせないほどのクオリティの高い映像ばかりでした。とくにロシア正教会と宮殿の様子は1つの芸術作品を見ているかのような錯覚を覚えるほど。そんな映像の演出について見どころとしてNHKのWebページに書かれている内容がすごく面白いので、是非見てみるといいと思います。

その頃の好古は、中国・北京に出征しロシア軍が略奪を繰り返している姿を目の当たりにします。今回セリフは数える程度でしたが、ロシア軍が行なっている行為を目に焼き付け、今後の好古の行動に何らかの影響を与えたに違いありません。その結果がどうなるのか、それはあとの話に回しましょう。

真之と正岡子規は、久しぶりの再会でしたが、やっぱりこの二人が仲よさそうにしていると見ている方も嬉しくなります。香川さんの弥太郎像がまだ抜けずに、どこかで笑いがあるのではと思ってしまいますが、最後までそれはありませんでした。当たり前ですが。

時代は伊藤がロシアとの協力に失敗し、竹中直人演じる小村寿太郎が中心になって進めた日英同盟が実を結び、確実に戦争の道へと突き進んでいきます。世界の仲間が祖国のために戦わなければならないことにやむを得ないと諦め、争う心の葛藤に注目していかなければならないようです。

 

 

密かに人気の「墓マイラー」

2010年3月 11日 By: rainbow Category: ニュース 1 Comment →

大河ドラマを中心に歴史が今注目を浴びています。特に女性を中心に人気が出ており、小日向えりのように歴史アイドル「歴ドル」も登場して世間的にも話題になりました。このように女性が歴史を改めて見直し始めたきっかけとなったのは大河ドラマ「篤姫」ではないかと思います。主人公の天璋院篤姫が薩摩の分家から将軍家御台所にまで駆け上がるドラマは多くの女性に勇気を与え、改めて歴史の面白さを発見させたのではないでしょうか。

そんな歴史上の有名人のお墓を巡る人が密かに増えているといいます。これまでも特定の誰かのお墓が紹介されることはありましたが、今回少し違うのは「めぐり」をするということ。巡るものは温泉や旅、お城、スタンプ押しなど様々なものがありますが、お墓を巡るというのは新しい流れだと思います。こういった有名人の墓をはしごする人のことを「墓マイラー」と呼ぶそうです。文字通り墓参りをする人たちのことでしょうが、安易なネーミングの割には、しっかりとした思いが詰まっているようです。

◆秋山好古「都立青山霊園」
秋山好古は司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に登場する陸軍大将ですが、3年にわたりその生涯が描かれています。訪れる人によると、無欲で潔い秋山の生き方にひかれており、墓前に立つと本人と対面しているような気分になって悩み事がある時はつい打ち明けてしまうといいます。この霊園にはその他、大久保利通、志賀直哉、北里柴三郎、市川団十郎など100人以上が眠っているそうです。

◆徳川慶喜「台東区谷中の墓地」
たまたま立ち寄った墓地に歴史上の大人物が眠っているというだけで、高揚しその人物についてもっと知りたくなるというきっかけもあります。徳川慶喜は最後の将軍として活躍した人物で日本人であれば誰でも知っているでしょう。

◆夏目漱石「豊島区の雑司ヶ谷霊園」
吾輩は猫である等で有名な夏目漱石が眠っているお墓は周囲の他のお墓よりも3倍は大きいといいます。この他、永井荷風や竹久夢二らの墓も同じ場所にあるといいます。

きっかけは何でもいいのです。歴史やその人物に興味を持ったときその他の知識を広めるために様々な人の生き様を追いかける、そんな思いが墓マイラーにはあるのでしょう。そこに行けば、その人物と会話することができる、その当時の思いを聞くことができるような気がする、そんな風に自分の歴史の1ページを垣間見るような気分に浸ることができるのです。

お墓参りは、、墓碑の由来、墓石の種類、デザイン、雰囲気など周囲への関心にも及び範囲は広くなりつつあります。そういった情報をまとめたガイドブックも売られていて豊島区では霊園の散策マップまで発行しているほどの人気ぶり。

しかし忘れてはいけないのは、お墓は本来故人をしのぶ静穏な場所であるということ。霊園を散策してもいい場所とそうでない場所も数多くあるといいます。そういった場所では踏み荒らしたりすることなく、そっとその人物への思いをはせることも時には大切です。一歴史ファンとして、墓参者やその故人に迷惑を掛けることがないような対応をすることによって、人気はもっと高まりそれに理解も得られるようになることを念頭に置いて、歴史の世界に身をゆだねたいと思います。

【参考】YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100306-OYT1T00477.htm


お墓巡りには必須アイテム
男女共用!!アコヤ真珠念珠 【7.5mm-8mm】【送料無料】

坂の上の雲 第2回「青雲」

2009年12月 06日 By: rainbow Category: 坂の上の雲 2 Comments →

物語は本当に速いスピードで進んでいきます。こんなに内容の濃い物語なのにこの速度で話を進めるのがすごくもったいないような気がします。ひとつひとつの場面は非常に良く作られていてすばらしいものなのですが、その展開が急なので着いていくのが精一杯で登場人物の間のつながりを深く見ることができないのが非常に残念です。

今回は、好古、真之の兄弟と常規が自分たちの夢を追い求めて次第に進路を決定していきます。好古は陸軍大学校でエリートを進みつつ、フランスへ留学することになります。真之は勉強して入学した大学予備門を退学して海軍兵学校へ入学します。今の時期でもあるような「自分が将来何を目指すべき何だろう」という悩みに悩んだあげくに見つけた道です。将来何をしたいのだろうという疑問に悩み、そしてどのように見つけたのかをもう少し詳細に描いてくれるとよかったのですが、そのあたりは小説を読んでくださいということなのかもしれませんね。最後に常規は大学予備門から俳句や小説といった文学分野へ傾倒していきます。

真之と常規の友情は見ていて本当にすがすがしかったです。大学予備門の時も共に野球をしたり、机を並べて共に勉学に励んだりしながらお互いが切磋琢磨していましたが、進むべき道が異なったとき、二人は別れることになります。手紙一つで常規に別れを告げた真之と、それを笑って励ます常規の姿に思わず涙してしまいます。お互いに本当に成功して欲しいという想いが伝わってくるいい場面でした。香川照之さんの演技もすばらしいですね。イケメンではないのですが、味があって深みがある演技を見せてくれます。周囲が大物俳優のなかにあって、全く劣っていないのがなんだかうれしくもあります。俳優といえば、小澤征悦も出てきて篤姫の時の西郷隆盛を思わず想像してしまいました。

3人がそれぞれの道を歩み出し、そしてプロフェッショナルになっていって次回につながるのですが、最後の一つのナレーションがこの時代の良さを表しています。それは、この時代が何でもできるということ。規模が小さい分、実力がある者はすべてを任せられ大きなスケールの仕事を自分で作っていくことができるという男としてかっこいい生き方をすることができること。その内容が結果的に日本を不幸なものにしてしまったのですが、それはあくまで結果論です。この時代の若者が全力で自分を出し切ることができるのがなんだか羨ましくもあり、自分もそうありたいと強く感じます。次回以降の成長が楽しみです。


■送料無料■サウンドトラック CD【坂の上の雲オリジナル・サウンドトラック】09/11/11発売