あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



天地人 第30回「女たちの上洛」

2009年7月 26日 By: rainbow Category: 2009年_天地人 No Comments →

とうとう平穏の時がやってくることになります。前回まで盛り上がった伊達政宗についても今回はまったく登場せず、まるでなかったのようになってしまっている状態なんですが、京では千利休の身に危機が及んでいたのです。

段々と政治の世界へと導かれてしまった千利休に心を動かされる武将が登場したり、当の本人も秀吉に意見を申すなどして、秀吉の逆鱗に触れてしまうのです。後に石田三成も言っていたのですが、この時代において重要なことは、政治に対して不満を持つ人を排除し、統一的な世界を構築することにあり、千利休のように秀吉とは異なる意見をいったり、それについていくような武将が現われることによって、再び戦国の世の中に舞い戻ってしまうことにつながってしまいます。

それは分かるのですが、兼続が言っているように千利休を切腹させるところまでいかなくてもよかったのではないかと思います。千利休の茶の湯の世界は、彼がもっと生きることによってより完全な領域へ昇華させることができたのではないでしょうか。歴史にタラレバは禁物なんですけどね。

次に秀吉が行ったのが、国主の妻を上洛させること。これ自身の目的は、ドラマの中では明確になっていませんが、妻の世界についても北政所、淀といった奥方を頂点とした上下関係を構築し、男社会の上下関係を補強するための施策ではないでしょうか。菊姫はかなり拒否モードなんですが、色々と深い意味があるのではないかと思ったのですが、最後はお船のサポートもあり夫婦の問題でなんとか切り抜けることができたのです。

次回からは不評であった朝鮮出兵が始まる模様。やらなければよかったのに・・・

□■天地人紀行■□
京都府京都市
 西本願寺飛雲閣
 聚楽第址
 黒田如水邸址

特選!大河ドラマ名曲集 特選!大河ドラマ名曲集
(2009/02/25)
テレビ主題歌慶應義塾ワグネルソサエティ

商品詳細を見る

天地人 第26回「関白を叱(しか)る」

2009年6月 28日 By: rainbow Category: 2009年_天地人 1 Comment →

始めから秀吉の兼続に対する金銭買収の場面が始まります。しかもその場面の描写として黙々と秀吉が砂金を積んで行く姿に、これでなびく人はいないだろうなと思わせるに十分なものでした。

ここで主従関係を秀吉の前に毅然と宣言する姿は本当に凄いと思います。兼続は前にも言っていましたが、景勝という主がいるからこそ、自分が輝いていられる訳であり、それが別な主の下で同じようなパフォーマンスをあげることができたかといわれれば全く謎なのです。

確か第1回の冒頭で、上洛の帰りに景勝と兼続が談笑しながら歩いている姿がありましたが、今回それが登場するのかと期待していました。しかし、まだ少し先なのかもしれませんね。もしかしたらもうやってこないかもしれません。

越後へ帰る時がやってきて、お涼さんが改めて兼続への恋慕を告白するのですが、これでもなびかなかった兼続は、相当お船さんを慕っているのですね。お父さんである千利休からも絶賛された兼続について、今回も景勝とどちらが主か分からなくなるほどでした。

帰ることになって、もう一つの懸念が石田三成でした。彼の正直すぎる姿勢に不安を感じた兼続は、人の心を信じるように諭します。このように双方のアドバイスを聞きあうことができる兼続と三成の関係はすがすがしい気分になります。友情っていいなと改めて思えるような気さえしてきます。

そして今回最大のポイントは家康でしょう。上洛した家康は、もう二度と秀吉に戦をさせないとして秀吉の陣羽織を下さいといい、秀吉はこれを鵜呑みにしたのか、はまったフリをしたのか陣羽織を差し出します。この二人の間には本当に取引のようなものが感じられ、裏の思惑が錯綜していることがわかります。

徳川と上杉双方に東国の守りを任せた秀吉にも思惑があり、家康が言っていたようにまだまだ世の中がどうなるか分からない世界が続きそうです。

□■天地人紀行■□
大阪府堺市
 大阪城天守閣
 豊国神社


紳士用扇子◇天地人 白◇高級シルク扇子NHK公認商品

天地人 第25回「天下人の誘惑」

2009年6月 21日 By: rainbow Category: 2009年_天地人 No Comments →

景勝が病に倒れ、主な行事に対してはすべて兼続が参加するというまさに周囲から見るとどちらが主がわからないくなるような状況になるのですが、今回は兼続の主従関係に対する気持ちの強さを感じることができます。

秀吉の作戦としては、その主従関係の間に入り込み切り裂くことによって双方にダメージを与えようとするものでした。このあたりの秀吉の作戦について有名な人にも関わらず知りませんでした。人の心をうまく操りながら、その心の綻びをついてくるのが政なのであれば、それはすごく悲しいことですよね。

民のためという精神が描かれていないだけなのかもしれませんが、武将同士の心の探り合いが中心に描かれていて、このままだと秀吉という存在が民にとってどうだったのか分からないまま物語が進んでしまいそうです。確かに秀吉について描かれている大河ドラマではないので仕方ないのかもしれませんが。

今回の盛り上がりポイントは真田でしょう。まずは幸村が秀吉と兼続の前に現われ、秀吉の家臣であることを宣言します。今まで兼続の弟子だと言ってきた本人が突然秀吉に寝返ったような印象さえ受けるのですが、兼続は始めはむっとした様子だったにも関わらず、後で哀れだと信じるようになります。そしてもう一人が初音です。北条氏政のもとへ行ったはずの初音は兼続の元へ逃げてきたとのこと。このあたりでも景勝の周りではなく兼続の周りに人々が寄ってくるのが不思議なところではありますが、石田三成の助けもあってなんとか乗り切ることができそうです。

石田三成との関係などを見るといかに人と人の結びつきが重要かがわかるのですが、その心を利用しようとする姿は見ていて悲しくなります。この時代においてそうしないと生きていけないという時代的要因もあるのだと思いますが、人としての魅力を出すことができる、そんな人間模様をみることができたらいいと思います。

□■天地人紀行■□
大阪府堺市
 千利休屋敷跡
 椿井
 南宗寺
 千利休像
 伸庵


【愛と義】天地人スラブクロス甚平スーツ