あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 明石家さんま


明石家さんまに学ぶ会話の盛り上げノウハウ

2009年6月 24日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

話をしていてとても話しやすく、その場が盛り上がる人がいます。すごく面白いことを言っているわけではないのですが、話をしていると何となく盛り上がると共に非常に心地よさを感じることもあります。このような人のもとには自然に人の輪ができ、人気者となっていきます。

これは立派なスキルということができ、立場や年齢に関係なく誰もが身につけたいスキルではないでしょうか。そのスキルを持つ人のひとりとして専門家の葛西伸一さんは、明石家さんまさんを挙げています。いつも好感度ランキングでは常連になっている彼にはいつも笑いと心地よさを感じると思いますが、彼にはどのようなスキルがあるのでしょうか。

葛西さんは、「傾聴」「承認」「質問」の3つがポイントだと話します。人の話をよく聞く事はもちろんのこと、相手の話した内容をオウム返しすることによって聞いているんだと相手に分からせ、その上で共感する。共感した上で、相手を褒めることによって相手はどんどん自分との距離を縮めていくのだといいます。

「さんまのまんま」という番組で女性アイドルがゲストとして登場した一場面を、記事「Business Media誠」から以下に引用して具体的に見てみます。

—————-
さんま「彼氏に、そうやって料理作ってあげるんだぁー」(クローズドクエスチョン)

ゲスト「いえ、彼氏いませんから」

さんま「え? 彼氏おらへんの? ありえへんわー。俺やったら、絶対ほっとかへんわー」(オウム返し+承認)

ゲスト「さんまさん、誰か紹介してください」

さんま「えー、どんなタイプの男性が好みなの?」(オープンクエスチョン)

ゲスト「さんまさんのような方がいいですー」

さんま「ひえー、むちゃくちゃうれしいけど、俺なんかより、○○ちゃんやったら、いい男いくらでもおるやろー」(承認)

ゲスト「そんなことないですよー。でも、面白くて優しい男性で……芸能人でない方がいいですね」

さんま「へー、○○ちゃんは、普通の人がいいんだー」(要約、言い換え)

さんま「俺が芸能人でなくて、20年若かったらなー(悔しがる)。……ってただのおっさんやろ!」(承認)
—————-

質問には大きく2種類が存在し、答えがYes、Noで答えることができるクローズドクエスチョンと、自由回答を求めるオープンクエスチョンがあります。それぞれ利点はあるのですが、相手が緊張している初めのうちにクローズドクエスチョンを使って話しやすくしてあげて、そのうちオープンクエスチョンから、話を広げていくという技術が上には隠されています。

相手に話しやすい環境を提供するために、なるべく相手のことを事前に知っておくことも大切だと葛西さんはいいます。なにも相手のことを知らずに基本的なことを聞いているのでは、相手も冷めてしまうでしょう。このように話し方一つで雰囲気を良くし関係を良好に保つことができるのです。早速普段の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【参考】Business Media 誠
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0906/22/news014.html


酒場でウケる!モテる!入門シリーズDVD[ポイント10倍]