あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



損をせずにモノを売ろう

2011年4月 01日 By: rainbow Category: お得情報 No Comments →

4月から新生活を始め、気持ちも新たに頑張ろうという気持ちが街を包み込む季節がやってきました。期待と不安が混ざりながらも、何か自分の周りを変えようと物を思い切って処分したいという人も多いのではないでしょうか。さらにどうせい処分するのであれば、うまく処分をしてお金になればいいなと思うでしょう。

家の中を見渡してみるとゲームや本、CDやDVDなどリサイクルショップで売ることができる物は思いの外多くあります。その処分の仕方もお店に持っていったり、オークションで売ったり実に様々であり、どのようにしたら最も収入を得ることができるのかについて、リサイクルショップの専門家の意見を参考にまとめてみたいと思います。

◆買い取り金額が高い人気商品
買う人の立場に立ったとき、お店でどんな物が欲しいでしょうか。おそらく有名で話題になったものが多いと思います。売るときも同じです。具体的には以下のような人気商品があります。

・本/漫画
直木賞・芥川賞・本屋大賞など、知名度の高い賞の受賞作・ノミネート作品、メディアミックス作品

・ゲーム
ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、ポケットモンスター、マリオ、モンスターハンターなどの知名度の高いもの。ゲーム作品からアニメ化されたものなど

・DVD
映画なら興行収入の高いもの、テレビ系なら視聴率の高いもの

・CD
アーティストの人気とイコール

◆買い取り金額が上がるポイント
本やマンガは全巻そろえた方が買い取り金額は当然あがります。自分は1巻だけないという状況がよくあり、よく奥さんにしかられます。また、ゲームやCD、DVDも箱・ケース・取扱説明書・付属品各種、など購入時の状態をできるだけ保つことによって金額は上がっていくのです。

◆買い取り金額が上がる時期
金額が上がるということは、需要に対して供給が少ないということ。つまり在庫がなくなるゴールデンウィーク直前、7月(ボーナス前後、夏休み前)、年末年始(11月末?1月上旬/成人の日まで)が一般的ですが、ものによってその時期は微妙に違うといいます。以下にもの毎の値段が上がる時期を示します。

・本/漫画
映像化が決定した原作本は、映像作品公開1週間前?公開中がもっとも買い取り価格が高くなります。長期連載漫画作品が完結した場合は、連載終了直後が高額になりやすい傾向にあります。

・ゲーム/DVD
シリーズ作品の最新作発売後は前作など過去シリーズ作品の価格も上がる傾向にあります。

・CD
ベスト盤の発売直後は、前作アルバムや過去のベスト盤の価格も上がります

◆こんな物はNG
リサイクルショップでもさすがに買い取ってくれないものがあるといいます。それはイコール買う人が絶対に買ってくれないものとイコールなので、自分が買いたくないと思う物を想像すればいいでしょう。例えば、推理小説の犯人に印がつけてあるものは買い取ってくれません。本の中で始めに書かれていたら、そのモヤモヤをぶつける人もいなくてストレスだけが溜るでしょう。

本は大手チェーン店では、持ち込んだ本のレア度よりもある定められた鑑定方法に基づいて機械的に値付けされていくといいます。なので、自分が本当に値打ちのあるものだと思うのであれば、街の古本屋やオークションに出品するのもいいでしょう。

このように少しずつ処分することによって部屋も片付いてお金も手に入るので、まさに一石二鳥だといえます。この新生活の需要がある時期に自分の家の中の不要品をもう一度探してみるといいのではないでしょうか。きっとお宝が眠っているに違いありません。ただし隠してあったへそくりも一緒にリサイクルしないように気をつけて下さい。

【参考】
・COBS ONLINE http://career.cobs.jp/level1/yoko/2011/03/post_927.html

初対面での話題作りのコツ

2009年3月 31日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

この時期異動や新生活など、これまで生活し慣れた環境ががらっと変わり一から自分という存在を周りに知ってもらうことが大切となります。初めのうちはどうしてもぎこちなくなるものですが、どうせならいち早く仲間を作って楽しく過ごせるようになりたいものですよね。

そこで、初対面の時に相手の心をつかむ話題作りとはどのようなものかについて考えてみたいと思います。始めの一歩に大切なのは「カンシン」だといいます。

まず一つ目のカンシンは「関心」です。取り巻く現状を理解し、相手について関心をもつところから始まります。自分が知りたいと思う相手について始めにインターネットや書籍、知り合いなどを通じて分かる範囲で調べておくといいでしょう。必ずキーとなる人はいるはずです。その人の年齢や家族構成、趣味などを知っておくと、いざというときに話をムーズに進めることができるでしょう。

次のカンシンは「感心」です。相手に合わせた話題をいかに用意するかがポイントで、相手がこれまでやっていたことに対して自分なりの感想を持ちかけてみてもいいでしょう。ただしあまり角が立たないように相手を批判しない程度に抑えておくことが大切です。

そのような事前対応が難しいのであれば、世間話のネタを用意しておくのもいいでしょう。相手が「へー」と感心する内容を盛り込むという一つの手法を提案してくれたのがマーキュリッチ社長の西野浩輝さんです。例えば、「東京が暑いのは川の総面積が100年前より4分の1になっていることが大きな要因だそうですよ。」など具体的なものがあるといいですね。

とはいっても会話は生ものです。事前準備だけでは続かないことも多いので、そんなときには相手の話す内容をヒントに新たな展開を作り出す方法があります。その一つが相手の話すキーワードを拾って質問すること。繰り返しは相づちの基本でもあり、なにより相手に教えてくださいという姿勢を見せることで相手も快く話してくれることでしょう。

その他、相手の服装や持ち物に関心を持つ方法もあります。身につけているものは相手の趣味や性格が反映されやすいので、褒めることによってその人本人を褒めることにもつながり、それは直接相手を褒めるよりもうれしがられたりするものです。

また、沈黙をなるべく作らず自分から話題を提供していく姿勢を作りつつ、一度相手が話し始めてくれたら一生懸命に聞くことによって人間関係は早期に成長していくと思います。そういった細かいひとつひとつがいずれ一生の友達になる人を見つけ出す可能性を秘めているのです。

【参考】日経Plus1 3月28日


【ポイント5倍!】人間関係を計算★【送料350円!】【24H★time0330】【在庫アリ!】自分とあの…