あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



3日坊主にならないためのコツ

2011年4月 23日 By: rainbow Category: ブックレビュー No Comments →

「新年」と名が付く季節に、人々は新たな目標を掲げます。例えば、1月。新年にお参りに行くと必ず一年の願いを伝え自分も「こんな自分になる」と心に誓うことが必ず1つはあることでしょう。そしてもう一つの新年は4月の新年度。学年が上がったり新しい生活が始まるときに、自分への目標を掲げます。例えば、大学で新年度にやる気がありあまって多くの一般教養科目をとるのですが、大体5月のゴールデンウィークを越えた当たりから、このやる気が急速にしぼんできて、どうしてこんなに取ってしまったのだろうと後悔する人もいるのではないでしょうか。

ゴールデンウィークまで続けばいいのですが、文字通り三日坊主となってしまう悲惨な状況もあります。一度決めたことを続けるための方法というものが求められる今、その方法を青木仁志さんの著書である「一生続ける技術」からみていきたいと思います。

◆「完璧主義」は継続の敵
新しい目標を立てたばかりの時というのは、ついつい決めたことを完璧にこなそうと思いがちです。短期的な目標ならばそれでもいいですが、長期的な訓練や努力を要する目標の場合、その完璧主義は重荷になってしまいます。その結果、その重荷が自分へのストレスとなって逃れたくなってしまい、続かなくなってしまうのです。あまり日々の取り組みに対して厳格になりすぎず、その日やろうと思ったことが達成できなくても引きずらないように心がけましょう。

◆毎朝その日のスケジュールを確認する
一日の始まりである朝に、その日のスケジュールを確認することで、目標達成に効果的な行動計画が磨かれます。例えば「英語を習得したい」という目標があるなら、毎日スケジュール作りで試行錯誤しているうちに、最も集中できて効率的な学習時間帯がわかってくるはずですし、毎日の中の無駄な時間を洗い出すこともできます。

◆自己正当化をしない
「言い訳」「自己正当化」「無責任」が三日坊主になったり、挫折したりする原因です。例えばキャリアアップのための学習なら、ついさぼってしまっても誰にも迷惑がかかりません。自分を監視する人間は自分しかいないのです。だから、さぼった言い訳や、さぼったことに対する自己正当化はいくらでもできます。毎日やると決めていたことができなかった日があったとしても、自分への言い訳を考えるのではなく、事実を受け止めて、またやり直せばいいのです。

以上のことは、決して自分へ甘く生きるということではありません。できない日が続くと次第にその目標自体が忘れ去られていってしまいます。それを防止するためには、どうしてその目標を立てたのか、それを実現すると自分にとってどんなにうれしいことがあるのかを手帳などに書いておくといいと思います。そして目の届く場所でそれを定期的に眺めることによって、初心を思い出すことができると思います。せっかく志を高くもってたてた目標なのですから、振り返りの際に実現できたらいいですね。

【参考】新刊JP http://www.sinkan.jp/news/index_1894.html?top_menu4

一生続ける技術 一生続ける技術
(2011/03/01)
青木仁志

商品詳細を見る

2011年も最高の一年を

2011年1月 03日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

新年あけましておめでとうございます。

今年のお正月はすごく寒い日が続き、どうしても外に出る状況ではないこともあり、家にいることが多かったような気がします。家にいると当然食べたり飲んだりすることになり、家族でダラダラと過ごしてしまうことに。

まだお正月ぼけと食い過ぎによる胃もたれが完全に抜けきっておりませんが、また明日から1年の始まりとして毎日の忙しい日々が始まります。

今年も皆様の健康とご活躍をご祈念いたします。

本ブログも、読者の皆様に少しでもタメになる情報と潤いを提供できるよう、日々努力していきたいと思いますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

新年のあいさつに注意

2010年1月 03日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

新年を迎え会社へ行くと多くの人にあいさつをすることが多いと思います。仲間うちであいさつをすることもあれば、上司や取引先といったきちんと丁寧にあいさつすべき相手もいると思います。実はこの新年のあいさつですが、普通に思い浮かぶであろうあのあいさつはマナー的にしないということをご存じでしょうか。

マナーデザイナーの岩下宣子さんによると、自分たちが普通に用いる「あけましておめでとうございます」というあいさつは、三が日くらいでしか利用しないあいさつだというのです。会社に行く三が日以降であれば「新年おめでとうございます」の方が適切で、さらに「本年もご指導下さいますようお願いいたします」や「今年もよろしくお願いします」という言葉を付け加えればより丁寧にあいさつをすることができるでしょう。

そんな新年のあいさつをどこまでやり続けるのかですが、目安としては1月20日頃だと岩下さんはアドバイスしています。それまで新年になって始めて会う人であればあいさつをしても不自然ではないでしょう。

最後に喪中であることが分かっている人に対してですが、決してこの人におめでとうと言ってはならず、「昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします」程度にしておきましょう。

このように、新しい気持ちを相手と共に共有するのは日本人でよかったと思える瞬間であると同時に相手への思いやりやマナーを意識させられる瞬間でもあります。一年の初めなのですから相手へ失礼のないようにきちんとあいさつをしていい人間関係を今年一年築けたらいいですね。

【参考】日経Plus1 2009年12月26日


『しつけハウツー』