あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



デッキブラシで全力でこする子供

2011年5月 01日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

ゴールデンウィークに突入し、締めきることが多かった部屋や家の様々な所を掃除しようということになり、100円ショップでデッキブラシとほうきを購入することに。

今の時代このようなものまで100円で購入することができるんだと感心しながら家に戻ってくると、子供の目がランランと輝いています。どうやら自分が手に持っているデッキブラシを自分も使ってみたいということのようで、取り上げられフローリングの床をゴシゴシ始めます。このままだと床じゅうが傷つきまくってしまうので、早速ベランダの掃除を開始することにします。

まず、ペットボトルに水道水を汲む際、「ボクも手伝う」といって2リットルのペットボトルを手に持って運んでいこうとするも3歳には重すぎたようで「持てないや」といってあえなく断念。なんか今日はデッキブラシ効果で手伝ってくれそうな雰囲気があり、この気持ちをフイにしたくなったので500ミリのペットボトルに切り替えて「パパ、これ重くて持てないんだ。運んでくれる?」と聞くと、自慢げに「うん!もってあげる」といって運んでくれます。

運び終わると、ベランダに入りデッキブラシ登場です。子供は長靴をはいてお手伝いをするべく、デッキブラシでこすります。ただ、彼としては予想外に力が必要だと分かったのか、すぐにデッキブラシを自分に手渡し、ペットボトルの水を撒く係になると自分で申告し役割交代。さらに、空いたペットボトルをしっかりと奥さんの元へ運び、補充を促す作業までしてくれます。

その後は、撒いて欲しい場所に的確に水を撒いてくれ、そこを自分がデッキブラシでこするというすばらしい親子の二人三脚によって、当初2時間は掛かると思っていた作業も30分前倒しで完了。二人してすぐにお風呂に入り、そこで「パパがお掃除して、ボクが水を撒いたね」と自慢げに話します。そこで「手伝ってくれてありがとう、本当にパパ助かったよ」と子供目線で話しかけると、恥ずかしさの中にもどこか誇らしげにはにかむ姿を見ると、親としても嬉しくなります。

子供のこんな成長ぶりを感じながら、大変な作業も楽しくできるすばらしさを実感した休日となりました。

シダデッキブラシシダデッキブラシシダデッキブラシ

シダデッキブラシシダデッキブラシシダデッキブラシ
価格:366円(税込、送料別)

手伝うときには気さくに笑顔で

2008年9月 07日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

会議終了後などに、席を元に戻したり、ホワイトボードを消したり、プロジェクタをしまったり様々な仕事が残っています。

そんなときに、主に仕事をする人に対して「何かお手伝いすることありますか?なんでもしますよ」と自分も含めて言ってしまうことがあります。

確かに、自分は相手から何か依頼があれば、ここで喜んでお手伝いをするのですが、多くの場合、「いえ、結構です。ありがとうございます」という風にやんわりと断れることになります。確かに自分が逆の立場であれば、相手にそう答えるでしょうね。「じゃあ手伝ってください」とは言いづらいですよね。

ところが、気がつけば、まるで当たり前のように手伝ってくれる人もいたりします。明るくあっけらかんとして、「せめて机を並べるくらいは手伝わせてください」と言っている最中から、さくさくと作業をしてくれます。そうするとお願いする方からも「ありがとうございます。助かります」という感謝が自然とでるものです。

本気で手伝う気持ちがあるのでなら、「何かありませんか?」という受け身の姿勢ではなく、「せめてこれくらいは」と笑顔でもう一歩飛び込んだ姿勢でいくことによって、遠慮なく気さくに人間関係を構築することができるのですね。

このように、何か人の手伝いをしようと思ったら、「せめて?させてください」というひと言と共に、フランクな行動と笑顔を大切にしたいですね。

【参考】日経Plus1 9月6日

他人と差がつく 気のきいた贈り方の技術 (アスカビジネス) 他人と差がつく 気のきいた贈り方の技術 (アスカビジネス)
(2005/02)
今井 登茂子

商品詳細を見る