あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



笑い方から分かる深層心理

2010年6月 12日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

人は誰かと交わりながら生きています。当たり前のことではありますが、人との付き合いが仕事や家庭、近所など自分を取り巻くなかで、大きな比重を占めているのです。

そう考えると、人の心について最低限の知識を持っておくことが大切だと最近思い心理学を改めて勉強し始めています。興味の発端は大学の頃で、一般教養科目で学んだ心理学の授業がとても面白く、人の心をこのように冷静に分析することができるんだとショックを受けたのが始まりでした。それから人間関係にも幅ができ改めて様々な立場から考えることができるのではないかと考えています。

そんな人の心は、当然ですが明示的に聞こえてくるものではありません。行動や振る舞い、仕草、表情という言葉以外で発信されるものを読み取ることによって、相手の考えを知ることになります。その一例が「笑い」です。精神科医の深堀元文さんによると、会話中の笑い方で相手に心のゆとりがあるかどうかがわかるといいます。では、笑い方によってどのようなことが分かるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

◆大きな声で笑う人の性格
陽気で明るい性格だと考えがちですが、それほど単純ではありません。日常会話で大きな声で笑うのは、「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」という意思表示である場合が結構あるといいます。つまり大きな声で笑う背景には、自分に心のゆとりがあることを示したいという心理が働いていることが考えられるのです。

◆大きくない声で笑う人の性格
このタイプは心にゆとりのあるタイプか、ゆとりは少なめで意思表示も苦手なタイプのどちらかになります。ゆとりのある人は声の大小に関係なく、朗らかな笑顔を見せて自然に笑うことが多いといいます。心のゆとりは笑い声ではなく、むしろ表情にこそ表れるものなのです。

◆含み笑いをする人の性格
含み笑いをする人は、感情を自分の中だけで処理する傾向が強い人といえます。このタイプは、自分の感情をコントロールすることに気を取られがちで、心のゆとりはない人が多い傾向にあります。

◆口に手をあてて笑う人の性格
「人前で口を大きく開けるなんてみっともない」と小さい頃に躾けられた人も多いのではないでしょうか。ここから、見た目の印象は落ち着いていて心にゆとりがあるようにみえるのですが、実際はそうとも言えません。幼児期のしつけが思わず出てしまうのは、大和撫子の理想から外れないようにという深層心理が圧力として常に働いているといえます。感情表現がこのように制御されている人に、心の余裕があるとは言えません。

一様にすべてのパターンを上の4つに当てはめたり、型にはめて考えるのは危険ではありますが、1つの目安にはなるでしょう。もし相手が自分に親しい関係にある人なのであれば、笑い方を見て話し方を考え、心に余裕を与えられるようなシチュエーションを作って上げることもできるでしょう。

人の心は直接表現ではないからこそ、様々なしぐさを見ながら自分がその場の雰囲気をうまく作ってあげるように振る舞いたいものです。笑いはその1つのバロメータといえるのです。

【参考】WEB本の雑誌
http://www.webdoku.jp/tsushin/2010/06/10/173845.html

〈NJセレクト〉つい、そうしてしまう心理学 〈NJセレクト〉つい、そうしてしまう心理学
(2010/02/26)
深堀 元文

商品詳細を見る

「がんばれ」がつらいときもある

2009年11月 20日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

最近身の回りで仕事的にも精神的にもいっぱいいっぱいな人をよく見かけます。そのひとりは何事もきちんと最後までやらないと気が済まないという考えを持っていて、常にそのレベルまで仕事をするので次々とやってくる仕事をさばけずに厳しい状態になっていいます。仕事だけでなく、受験や大会など大きなイベントに向けて何かに追われながら取り組んでいる人も多いと思います。

そういった人たちに、自分たちは何気なく「ガンバレ」という言葉を使うと思います。相手のことを心から応援して出てきたこの言葉には、実はプラスの側面もあればマイナスの側面もあるのです。自分の立場で考えてみましょう。自分がすごく努力していて行き詰まっていて元気がないときに、「もっとガンバレ!」とせっつかれたらどのような気分になるでしょうか。「言われなくてもわかってる」とつい反発してしまうのではないでしょうか。つまり相手に「ガンバレ」という言葉がいい言葉として捉えられる場合と、余計な一言に聞こえてしまう場合があるのです。

では、どのようなときに言うべきでどのようなときに言わないべきなのでしょうか。カウンセラーの大美賀直子さんのアドバイスをもとにその差を考えてみたいと思います。

◆「ガンバレ」と言ってはいけないとき
 1) 元気がなく、疲れているとき
 2) 遅刻が増えたり、会社や学校に行きたくないように見えるとき
 3) 何かに失敗したあと
 4) 病気療養中
 5) 失恋や死別のあと
このように、相手が落ち込んでいる相手にかける「ガンバレ」は逆効果なのです。自分の力ではどうしようもない事態に直面したとき、また気力が湧き出てこないときに表面的な応援メッセージを受けると、途端にむなしさを感じ「わかってもらえてないな」と孤独を感じたり、「がんばれない自分はダメなのかな」と自己否定感を強くしたりしてしまうといいます。

◆「ガンバレ」を言ってあげたいとき
 1) 目標に向かっているとき
 2) 新しいことを始めたいと思っているとき
 3) あともう一歩というところで、自信をなくしかけているとき
このように、心のエネルギーが満たされていて何かにチャレンジしたいと思っているときには、「ガンバレ」の言葉に励まされ相手にきちんと伝わるのです。また、本人にやる気がある時にゴールが見えていて、努力次第で到達できる時にも有効な声かけとなるとアドバイスしています。

こうしてみてくると、「ガンバレ」という言葉には相手に対して心から応援する場合で相手もプラスのベクトルを向いているときに使うと効果があり、相手がマイナスのベクトルに向いているときには伝わらないだけでなく、自分のことを分かってくれていない無責任な人に映ってしまう危険な言葉になります。簡単な言葉であるかゆえに少しだけ注意して相手を見てから使えるようになれるといいですね。

【参考】
・All About http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20060605A/


やる気を出したい時に! Energy-妖精の秘薬-エッセンシャルブレンドアロマオイル