あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



まさに一生の感動もの 屋久島の縄文杉

2015年3月 15日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

「屋久島の縄文杉をみて世界観が変わった」

このようなコメントをよく聞きます。さすがにそこまではないのですが、出会った瞬間に思わず涙が出てきました。それは、そこにたどり着くまでの大変さから来るものなのか、そこに3000年もの間そこにずっといて様々なものを見てきたという威風堂々とした雰囲気から何かを感じたのかは分かりませんが。

屋久島に行く機会があり、行ったからには縄文杉や、「もののけ」の住む森を見たいと思って、それぞれガイドにお願いして行って参りました。

◆白谷雲水峡
白谷雲水峡

もののけ姫のロケ地として有名な場所です。屋久島全体に広がるコケと杉の世界ですが、それらが一体となりさらにそのまま飲んでももの凄く美味しい清流が重なった奇跡の場所でした。

◆縄文杉
全行程11キロメートルのなかで前半8キロがトロッコ道の枕木の上を歩き、後半は階段と岩の上を登ります。トロッコに乗って行けたら最高なのですが、このトロッコは終点にあるトイレの修繕管理用でほとんど走らないそうです。

トロッコ道も最初は枕木の上を歩くため足が痛くなります。ここに板をひくには800万円かかるそうで、寄付すれば敷設されるかもとのこと。中盤からは板がひいてあるので楽なのですが、これが8キロも続くとかなり苦痛です。

ウィルソン株

途中に切り株の中から空を見上げるとハートに見えるウィルソン株、夫婦杉、大王杉などの立派な屋久杉を見ることができます。最後に出会ったのが樹齢3000年と言われている縄文杉。

縄文杉

感じ方はそれぞれだとは思いますが、人間が生きられるのはせいぜい100年。その30倍もの時を超えて生き続ける縄文杉のことをおもうひとときは、間違いなく最高の一瞬だったと思います。

なかなか行く機会がない屋久島ですが、なにか感じることができるひとときを味わうことができる素晴らしい体験をしに行くのもいいかもしれません。

屋久島ブック 2015  新しい自分に出会う旅。森と山の冒険。 綴込付録: 屋久島MAP &特典割引クーポン (別冊山と溪谷) 屋久島ブック 2015 新しい自分に出会う旅。森と山の冒険。 綴込付録: 屋久島MAP &特典割引クーポン (別冊山と溪谷)
(2015/02/13)
山と溪谷社

商品詳細を見る

携帯トイレで自然を守ろう

2009年5月 03日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

ハイブリッド発電によるし尿処理施設

観光シーズンが到来し、自然の中へと足を踏み入れる機会も増える頃になりました。自然の中ではいつも住んでいる場所とは生活が大きく異なるので、同じような生活を送ることが当然できません。その中でどうしても行かなければならないのがトイレです。山小屋などで誰もがトイレを利用すると思います。

山小屋でのし尿処理方式には、大きく浸透方式、埋め立て式、放流式の3種類があるとされています。その他ヘリコプターでの山麓への搬出方式がありますが、現在は地下浸透方式が主流だとされています。しかし、多くの自然観光地でトイレのし尿処理が追いつかずに水質汚染など自然へ悪影響を及ぼしてしまう問題が次々と持ち上がっています。その処理費用も寄付金なども足しにしながら賄っているのですが、十分に賄えているとはいえない状況にあります。

この問題に対して各地で様々な取り組みが始まっています。屋久島では、試験的に登山客に対して有料で携帯トイレを配布し、下山時に回収する施策を開始しました。すでに南アルプスなど他の地域でも開始している動きではありますが、近年登山者が激増している屋久島でもこの動きを通じて屋久島の自然を守ろうとしているのです。

登山口などで、あらかじめ携帯トイレを数個購入することを登山者に科すことによって、利用は促進されると思います。後は登山者のモラルに任せる部分は大きいのですが、現在の危機的な状況をうまく伝えることによって、理解を得ることができるでしょう。

その他の地域では太陽光発電や風力発電を利用したし尿処理施設の建設も行われており、各地で本格的な対応が始まっています。これらの活動の中で成功したものを順次取り入れることによって、自然と共生できる環境が整っていくことを願ってやみません。環境問題はとかく最後に考慮されがちですが、環境が破壊されてしまっては山小屋にとっても観光客にとっても大きな打撃となってしまいます。そうなってからでは遅いことのです。そのためにも登山時に協力を惜しまないことが自分たちにできる身近な第一歩だと思います。

【参考】
・長野県町村会 http://machimura-nagano.jp/blog/kiso_machi/2007/10/post_4.php
・日本経済新聞 2009年4月30日


どこでも使える携帯トイレ!!災害時・レジャー時等に備えて!プルプルエコパック 20個入