あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 国立公園


落ち葉や枯れ葉で発電

2012年1月 17日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

電力が極度に不足し、多くの企業や家庭で輪番停電をしながらもみんなで協力し合って、厳しい状況を乗り越えてきました。本格的な冬が到来し、やがて来る猛暑に向けて同じような事が起こらないようにと様々な工夫が今なされています。大規模施設では電気を使わずにガスなどで発電する仕組みを構築したり、代替エネルギーの使用、需要のオフピーク化などがその一例としてあげられるでしょう。

そんな取り組みの中で、国土交通省が実施しようとしている非常時の電源確保方法が今、話題をよんでいます。その電力確保方法の元になるのが、落ち葉や枯れ葉です。真っ先にこの話を聞いたときに思ったのが、落ち葉焚きでした。落ち葉を燃やしてその熱エネルギーを使って電力を得るのではないかということ。しかし、実際にはどうもそうではなさそうです。

落ち葉や枯れ枝、雑草などを蒸することによってガスを発生させ、そのガスを使ってタービンを回して発電するといい、こういった設備を実験的に全国に17ある国営公園からいくつか選んで試験運転させるそうです。

これからその実験結果を受けて本格的に運用するかどうか決まるものと思われますが、公園内の街灯やトイレなど施設に使う電力はかなりをまかなうことができるものと期待されています。東京・立川にある昭和記念公園の場合、年間の必要電力の約1割をこの落ち葉ガスによってまかなえると試算されています。

全体から考えると、まかなえる総量は決して多くはないのですが、通常こういった落ち葉などはそのほとんどが集められて焼却処分されている現状を考えると、その分のコストを削減することができることも全体効果として考慮することができます。

また、災害時などの緊急時には大きな公園は避難場所となることが多くありますが、こういった場合に救援活動を補助するための電力としてまかなうこともできると期待されており、公園と電力施設には、意外な親和性があることがわかります。

今まで無駄になっていたものを、有効に活用し常に使える環境を容易に整えることができるエネルギー生成方法は、費用対効果の壁を越えることができたとき、強力で安心な生活に結びつきます。落ち葉エネルギーには、その可能性を大いに秘めているのでないかと思います。

【参考】日本経済新聞 2012/01/17

エアーズロックへの登山禁止の意味

2009年7月 29日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

エアーズロック

3年前の夏休み、子供がいない最後の夏を奥さんと2人で行った旅行先はオーストラリアでした。ケアンズ、エアーズロック、シドニーと3都市を渡り歩いた旅行の中で最も印象深かったのがエアーズロックです。

エアーズロック空港へ向かう飛行機から、大平原の中ぽつんと出っ張った一枚岩が見えてくると、やがて到着です。エアーズロックはウルル・カタジュタ国立公園のなかにあり、ウルルとも呼ばれています。朝早くに日の出がウルルを照らす姿を鑑賞した後登山の開始です。ひたすら鎖しかない急な崖を登り、奥さんと2人で頂上から眺めた世界は本当に格別なものとなりました。

そんなエアーズロックへの登山が早ければ2011年10月から全面禁止することをオーストラリア国立公園当局が発表しました。このニュースを聞いたとき、真っ先に感じたのは「確かに、その通りだな」ということでした。実際に登っておいて言うのは申し訳ないのですが、登山口には数カ国語で「できれば登らないで欲しい。ここは私たちの聖地だから」と先住民であるアボリジニからのメッセージが書かれています。

彼らにとってウルルは聖地なのです。周辺には多くの壁画が描かれており、彼らが儀式等でいかにウルルを大切に思ってきたのかをうかがい知ることができます。その大切な場所を外部の人が土足で踏み入れる姿を見るのは見るに忍びなかったのでしょう。申し訳ないとは思いつつも、ここまで来たのだからという好奇心で自分たちは登ってしまいましたが。

さらに、アボリジニが心を痛めているのが、この地で滑落事故にとって命を落とす人までいるということと、ゴミを散らかして帰る観光客の傍若無人な姿だといいます。ゴミの問題などは完全に自分たち観光客のモラルの問題といえるでしょう。自分たちが大切に思っている場所で他人に同じようなことをされたら、怒りがこみ上げてくるでしょう。

なんとかアボリジニたちの聖地を汚さずに、壮大な風景を楽しむことができる方策はないものか今こそ知恵の出し時だと思います。できれば、子供にもウルルの上から360度の地平線を見せてあげたいし、自分たちももう一度見てみたい、それを聖地を守りながら互いに歩み寄る方法はきっとどこかにあるはずなのです。

【参考】YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090717-OYT1T00869.htm