あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 三浦春馬


おんな城主直虎 第15回「おんな城主 対 おんな大名」

2017年4月 16日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

寿桂尼の命令で駿府に申し開きに来るように言われる直虎。この時でさえ今川の権勢が及んでいたというのは本当に意外なのですが、それに従わざるをえないのは元康が三河での一揆を抑えるのに必死だったからということなのでしょう。ここ数回は阿部サダヲさんも登場せずに、未来の大河ドラマに関する話題ばかり出てしまうのは少し悲しい感じもします。

今回も嫌味のような振る舞いで後見役を譲るようにいう政次なのですが、身内から実はそれは直虎を守るために自分が全面に出ているのではないかという意見も登場します。確かに、直虎が駿府に向かうということになった時に、政次は直親の場面を想像し、おとわに同じようになって欲しくないという思いが伝わってきたことからも頷ける意見ではあります。いずれにせよ、そういった本心は最後まで見せることはしないだろうということなので、我々視聴者としては政次と直虎の関係は裏を読んでいかなくてはならなそうです。

道中では予想通り刺客がやってきて直虎を襲います。和尚様から言われたとおり後見を譲ると言い残した後、直之に入れ替わり寿桂尼と対面するというアクロバティックな行動に出るのですが、その際の政次の表情も見のがせないでしょう。寿桂尼からは厳しいコメントも出ますが、最終的に百姓達が学んだ文字を使って、直虎マンセーの書状が届き、最終的に寿桂尼だけでなく、直之もまた味方に付けることに成功します。

こうして困難も乗り越えていく姿というのが、今後も繰り返し行われていくのだろうなと感じる内容となりました。

■直虎紀行■
静岡県静岡市
 - 龍雲寺

おんな城主直虎 第12回「おんな城主直虎」

2017年3月 26日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

ドラマのタイトルと同じとなった今回、物語の始まりは直親が今川勢に襲われて亡くなるところから始まります。今川家が桶狭間の戦い以降歴史上では滅亡したと思ってきたのですが、このように今川氏真の代になってまだ力を維持しようと躍起になっていたという事実に驚かされるとともに、完全にその大きな流れに翻弄されている井伊家の人々を見るとなんだか胸が苦しくなってしまいます。

そして、そんな今川の参謀役のような形になっていた政次が、危機を迎えた井伊に戻ってきます。次郎法師と久しぶりに再会した政次は、以前のような親しみやすい雰囲気ではなく冷酷な表情を浮かべる人間になってしまっていました。これが父親の言うところの「私と同じ人生を歩むことになる」というものだったのでしょうか。

後見役になるためにやって来た政次に待ったをかけた次郎。名前を直虎と名乗って自分が井伊の当主になると宣言します。これまでの常識からは完全に外れているだけに、今後これに反発する人が続出することだと思います。その中でも南渓和尚がいっていたように逆境に立ち向かえる力をもっているということなので、そういった困難をどのように乗り越えていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県掛川市
 - 掛川古城

おんな城主直虎 第11回「さらば愛しき人よ」

2017年3月 20日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

松平元康を初め、次々と今川から去ろうとするものが現れる状況に、初めはどうしようもないと肩を落としていた氏真ですが、寿桂尼がそういうものはやっておしまい、というキツイ助言をしたことによって、井伊家に大きな試練がやって来ます。

それまでは、直親、政次、次郎法師の3人にはまるで昔の時のような笑顔が降り注いでいたのですが、今川家の罠にひっかかってしまった直親は、後日駿府に呼び出しを食らってしまいます。それにしても今川の陰湿な行動は、見ていてもやもやします。忠誠度が下がった状況を恐怖政治によって締め付けることで維持しようとする姿は、どこかで聞いたことがある状況ではあるのですが。。。

次回はおそらく直親、政次との微笑ましい雰囲気は戻ってくることはないでしょう。その中で今回の大河ドラマの主題と同一のタイトルが付く次回の内容が、物語全体の中で最も重要な役割を果たす場面の1つになることは間違いないでしょう。その内容を楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県御前崎市
 - 左馬武神社