あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ビジネスパーソン


スーツをきれいに着るために必要な4つのこと

2010年3月 19日 By: rainbow Category: ビジネス No Comments →

ビジネスパーソンにとって、スーツは制服ともいえる必需品。自分の会社は客先に出るとき以外は私服でも構わないのですが、毎日考えるのが面倒なのでほとんどの場合はスーツで出勤しています。スーツの値段もかなりお安くなっていて、紳士服売り場では1万円以下で購入することができるものも多くなっていますが、どうせなら長くきれいに使いたいものです。

さらにそれをきれいに着こなすことができれば、できるビジネスパーソンを演出することもできるでしょう。内面を磨くことがもちろん、外見も気を遣うようになりたいものです。そこで今回はスーツをきれいに着こなす方法をメンズファッション誌で活躍するライターであるガイドのアドバイスをもとに見ていきたいと思います。

◆着こなし:重いものをポケットに入れない
スーツやジャケットのポケットに財布やハンカチ、ケータイなどを入れていることがよくあると思いますが、ガイドによるとこれはNG。ポケットの口が常に開いたままになってしまい形が膨らんできてしまいます。これによってスーツの外見で重要な要素であるシルエットがヨレヨレになってしまうのです。

入れないポケットなら始めから付けなければいいのにと思いますが、そこは飾りとして大切な役割を果たしているのでなくす訳にはいきません。あっても使わないのがスーツを長持ちさせる最良の方法であるとガイドは指摘しています。とはいいつつもどうしてもあると使ってしまうもの。それを防止するために購入したときについているしつけ糸を外さないことによって使わせない抑止力になるというのです。

ポケットを使わないのならどこにものを入れたらいいのか。当然そんな反発が出てくると思います。それについてもきちんと答えがありました。小物を持ち歩きたければ内ポケットを利用するのです。できれば内側左下についてるケータイサイズのシガレットポケットを活用するのがシルエットを保つコツとのこと。

◆手入れ:シワをとる
毎日アイロンを掛けるのはかなり大変なこと。なので、もっと簡単にできるシワとり方法をガイドは紹介しています。まず、浴室で熱いシャワーを3分間出し続け、蒸気で満たします。そして、その中にスーツをハンガーにきちんとかけて吊るしておきます。この作業を夜寝る前にしておくと、朝にはシワがとれ、蒸気も乾いて、きれいなスーツになっているというのです。

◆手入れ:脱いだら必ずハンガーに吊るす
仕事から帰ってくるとどうしても疲れているのでそのまま放っておいてしまう糸もいると思いますが、これはNG。少しでもなく使いたいのならきちんとハンガーにつるしておくことが大切です。

その時、そのハンガーはクリーニング屋から一緒に戻ってきたような薄っぺらいものはタブーだといいます。スーツの肩がしっかりとのるくらいに厚みのあるハンガーにきちんとかけて吊るようにします。

また、パンツにはパンツ専用のクリップが2つついたハンガーがあるので、パンツのウエスト部分を上にし、クリップに挟んで吊るします。自分はウエスト部分を下にして裾の部分を上にしていたので、全く逆であったと反省しております。

◆手入れ:消臭する
1日仕事をしたりう、飲み会に参加したりすると、どうしてもタバコの臭い、食べ物の臭い、汗や体臭など、様々なニオイが着いてしまいます。上記で紹介した浴室の蒸気でシワ取りと同時にニオイもとれるのですが、簡単なのはファブリーズなどの消臭スプレーを帰ってきてハンガーに掛けた後すぐに行ないます。

このように、スーツは長く何度も利用するにも関わらず毎回洗濯をする訳にもいかないからこそ、こまめな手入れが必要であることが分かります。そしてメンテナンスを行き届かせ、それをきれいに着こなすことによって自分も気分が何となくいいですし周囲からの印象もよくなるのだと思います。

【参考】All About
・http://form.allabout.co.jp/tips/t_fashion/76/
・http://allabout.co.jp/mensstyle/midashinami/closeup/CU20070915A/

そんな私も一駅族

2009年6月 06日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

それにしても非常に安易なネーミングだと思いますよ。「○○をする人々」のことを「○○族」と呼ぶのは今に始まったことではありません。シブカジ族や転勤族など昔から言われている言葉に最近一つの族が仲間入りをしようとているのです。

それが「一駅族」。運動靴など健康関連グッズを販売するビーウェルという会社が名付けた言葉なのですが、最近メタボを気にする男性を中心に手軽に運動することができるものを模索する動きがあり、目を付けられたのが朝晩の通勤でした。平日ウォーキングをするという人が全体の6割ほどいて、その中で一駅前で電車を降りてそこから歩いて会社に行ったり家に帰るという人が半数にも及ぶことが分かったのです。

確かに、毎日確実に行うことができるエクササイズであり、わざわざランニングするところまではやりたくないという人にとって、この一駅分のウォーキングはかなり有効な手段といえます。自分も朝はさすがに時間との戦いがあるので厳しいのですが、帰りは会社から一駅歩いて電車に乗り、家に着く一駅前で降りて歩いて帰っています。

歩いている最中に、様々な人や風景を見ながら歩いているとなんだかウキウキしてくるような気がしていて、それがモチベーションアップになっているのかもしれません。これでどのくらいの効果が出ているのか分かりませんが、年に1回ある人間ドックでどのような結果がでるのかが楽しみです。ただし、この一駅族というグループは残念ながら個人戦なので、誰かと共に行うことがないのが寂しいところではあります。

【参考】ORICON career
http://career.oricon.co.jp/news/66703/full/


一駅分 歩いてへらそう 内臓脂肪【送料無料】本革・幅広4E・撥水加工!一駅族【ひとえきぞく】S…