あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ヒョウモンダコ


タコのあしの数が8本じゃない?!

2008年12月 27日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

タコの足って何本でしたっけ。突然そのようなことを言われると8本と答えられない人もいいのではないでしょうか。あまり深く考えたことがないタコの足ですが、この度和歌山県すさみ町江住の海岸で本来より1本多い9本脚のタコが見つかったそうです。このタコはヒョウモンダコといって猛毒を持ち、人間がかまれて死ぬ例もある程の恐ろしい方なのですが、堂々と町立エビとカニの水族館で展示されています。

そもそも9本脚のタコなのかというとそうでもないようで、水族館の館長によるとタコの脚には再生細胞があって切れても再び生える能力があるので、脚が再生する時に何らかの原因でもう1本生えたんじゃないかとのこと。つまり突然変異ということのようです。なので、同種の他のタコについては8本だというのも頷けます。

突然変異という意味では、実は9本というのはまだまだ序の口で、タコの脚の最多記録というものがあってなんとその数は96本。9本くらいであればまぁいいかなと思い想像しやすいのですが、ここまでくるともはや想像すらできません。三重県の志摩マリンランドで今でも標本を見ることができるそうです。

きっとこの方も大変な生活を送ってきたんですよね。誰かに食べられちゃったり、傷ついたりしながらなりたくもない8本以上の脚を手に入れてしまったのかもしれません。そのようなタコさんたちの心を鎮めるためにもおいしく食べてあげたいところですが、どちらもそうはいかないのが悲しいところです。

【参考】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081226-00000005-agara-l30


獲れたて新鮮なタコの足をボイル急速冷凍にてお届け致します!たこ独特の食感がたまりません!…