あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



温暖化がゴリラを絶滅させる

2010年1月 17日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

地球温暖化に向けた取り組みがCOP15を始めとして世界的に進められていますが、そんな中でも少しずつ自分たちの見えないところである動物の絶滅に向けた死のロードが作られていることが最新の研究で明らかになったのです。その動物とは動物園でおなじみのゴリラです。

イギリス・ボーンマス大学の生物人類学者であるアマンダ・コースチェンスさんによると、ゴリラが日常食べている植物の性質が地球温暖化によって変化し、食べても消化されなくなってしまい結果として絶滅に至ってしまうというシナリオを導き出し、世界中に警告を発信しているのです。

一般に気温の高い環境で育った植物の葉は繊維質が多く、消化しやすいタンパク質が少ないので、その葉を食べる動物は消化に長い時間がかかるといわれています。また暑い状態では体温が上昇しすぎるのを防ぐために日陰で長時間過ごさなくてはならなくなってしまいます。このような状況になると、普段ゴリラたちがしている餌を探したり縄張りの見張りなどが出来なくなってしまい、行動が鈍りエサの栄養分が減ってきてしまうことから最終的には絶滅に至ってしまうと推測しています。

これらの推測は、20世紀半ばまでに年間気温が摂氏2度上昇すると予測されているモデルから考えたものですが、現状自分たちが手をこまねいて何も有効な手段を講じることができない場合にはあながち見当はずれの数字でもないと考えられています。

もちろん、これらの動物たちの環境適応能力によって食べるものを変化させても底から柔軟に栄養分を吸収し、生き延びるために生活パターンを変化させることによって絶滅を回避する可能性も大いにあると指摘する学者も多く存在しますが、確かなことは誰にも分からないのが現状なのです。

カナダ・モントリオールのマギル大学霊長類生態学者コリン・チャップマンさんによると、マウンテンゴリラは特に危機的状況にあると指摘しています。標高の高い地域に生息しているため新鮮な果実にほとんどありつけず、移動する当てもなくただ山頂に座しているだけになるのではないだろうかと考えています。

生きていくために高度に適応能力を備えた人間を中心に自分たちの生活の存続のみを考えていてはこのような問題に目を向けることはないでしょう。しかし、人間よりももっと多くの数がいる動物や植物が地球を支えているという事実を見つめ直したとき、環境問題に対する人間同士の利権争い等がすごくちっぽけな存在に思えてきます。自然にみんなか同じ方向を向けるような流れが今必要なのかもしれません。ゴリラの悲鳴が今自分たちに警告しているのです。

【参考】ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/

温暖化と生物多様性 温暖化と生物多様性
(2008/04/29)
不明

商品詳細を見る

ケータイがゴリラを救う

2009年3月 31日 By: rainbow Category: 環境問題 No Comments →

ゴリラ

赤道直下にあるアフリカのルワンダには豊かな密林が広がっています。その密林に分け入るのは欧米から来た観光客。彼らの目当てはマウンテンゴリラです。野生のマウンテンゴリラが700頭ほど生息していて、間近で見ることができるのは世界でもこの場所だけとあって、年間4万人以上の見学者が訪れます。ゴリラに近づけるのは7mの距離までと決められているのですが、じっとしていれば向こうから近づいていることもあります。このゴリラ観光は午前中の1時間だけにも関わらず一人5万円もします。見学者はこれで貴重な体験ができるなら安いものだと喜んでいるのですから、いかに価値があるものかがわかります。

このルワンダも森を一躍有名にしたのが、ダイアン・フォッシー博士です。しかし1985年、彼女はこの森で何者かに殺されてしまいました。密猟者によるものだといわれるように、この森には今も子供のゴリラを中心に密漁が後を絶えない状況が続いています。密漁を防ぐべく監視レンジャーたちがいつも森をパトロールしています。その監視レンジャーの一人であるフランソワさん。彼の生活を劇的に変えたのが1台の携帯電話でした。そこで携帯電話が人々の生活にどのように変化をもたらしたのか、そしてその携帯電話が森に住むゴリラをどのように守っているのかを紹介します。

■ビレッジフォン・プロジェクトとは
首都キガリにある携帯電話会社「MTNルワンダ」では、数年前から貧しい人に携帯を普及させるプロジェクトを発足させました。それは、ビレッジフォン・プロジェクト(村の電話)と呼ばれています。このプロジェクトの概要は以下の通り。

?人々は、無担保でお金を借りることができる
?借りたお金で携帯を購入する。値段は給料2ヶ月分程度
?携帯事業者は全国どこでも携帯電話を使えるようにネットワークを張り巡らせる

ケータイによって貧しさから脱出できると担当者は説明しています。

■生活が激変するケータイ
とある村の一人の女性は携帯電話を使うことによって、これまで業者から安値で買いたたかれていたトウモロコシの現在の相場情報を入手することができるようになり、その結果適正な価格でトウモロコシを売ることができるようになりました。これによって収入は劇的に増加したのです。

他の村のビレッジフォンは、公衆電話として使われていました。毎日80人程度の利用者が訪れ携帯電話で話をします。ビレッジフォンの所有者は20歳の青年なのですが、ビレッジフォンで儲けるつもりはありません。そこにはひとつの秘密がありました。

ルワンダの村の共通点は多くの子供が孤児であること。1990年から1994年にかけておこった内戦で、100日間でおよそ100万人が虐殺された過去があります。その結果、今でも貧困に喘ぐ人々や孤児がたくさんいるのです。青年はこういった人たちの生活を少しでもよくしようと奮闘し資産家から寄付金の交渉を行い資金を集め、この資金によって子供達の最低限の文房具を取りそろる努力をしているのです。

このようにケータイを使って、様々な情報を入手することができ、それによって村の生活は少しずつ豊かになりつつあります。1台のケータイは貧しい村を変えようとしていました。

■ケータイはゴリラ保護へ
このケータイがゴリラの保護にも一役買っていました。早速携帯を利用して保護活動を開始します。こんな森の中でも電波が入ります。監視レンジャーは日々の監視状況を国立公園を管理する本部に電話します。その情報を本部は集約し、不審な情報を得るとそこへ監視レンジャーの多くを投入し事態を収束させるのです。今やゴリラは携帯ネットワークによって守られているのです。

■ケータイが抱える新たな問題
これで安心と思いきや、今もゴリラは殺され続けています。なぜでしょうか。皮肉なことにそれは救世主となるはずのケータイが原因だったのです。

国際ゴリラ保護計画のオーガスチン・バサボゼさんは見せてくれたのが、手がもげてしまったゴリラでした。多くのゴリラがコルタンのせいで殺されているのです。このコルタン(製品名はタンタル)の埋蔵量のおよそ80%がコンゴにあるといわれています。精製されると高値で売られそれが携帯の基盤にも使われます。貧しい人々がコルタンを得ようと森の木を伐採するなどし、ゴリラの住む環境を破壊しているという事実があるのです。

森を守る方が将来子供にとっても利益のある仕事になると監視レンジャーのフランソワさん村人へ訴えます。奪うよりも守ることを選ぶことは自分たちを守ることにもつながるとフランソワさん。目先の暮らしで頭がいっぱいな村人にフランソワさんは、連邦の公園事務所と掛け合い森を守る仕事を引き受けました。少しずつ努力は実を結びつつあります。

自分たちにできることは何かないでしょうか、まずできることとして、コルタンの消費を抑えることが挙げられます。そのためには自分たちが使っている携帯電話を大切に使い続けることが大切です。リサイクル網を整備することも大切でしょう。携帯電話のリサイクル率は、現在20%程度。それを最低でも50%に引き上げてあげることによって、新規に掘り起さなければならない量を抑えることができるでしょう。このような地道な努力はゴリラを守ることにもつながるのです。

【参考】素敵な宇宙船地球号 3月29日


TVで紹介【エコグッズ/ecoグッズ/リサイクル雑貨】【携帯ホルダー&携帯ケース】ZEROリユースタ…

ひとりぼっちのゴリラを救え!

2008年11月 17日 By: rainbow Category: 環境問題 1 Comment →

ゴリラ

茨城県日立市のかみね動物園に、メスのアキとオスのダイスケという2頭のゴリラが飼育されていました。動物園の顔としてふたりで頑張ってきてゴリラベビーが期待され始めた2008年5月、メスのアキが突然亡くなってしまいました。

失意の底におちてしまったダイスケは笑うことをしなくなってしまいました。そんなダイスケを少しでも元気づけ、元の姿を飼育係だけでなく見に来てくれるお客さんにみせて欲しいという願いから、飼育係の山内さんはアメリカのサンフランシスコ動物園へとそのヒントを探りに出かけます。

このサンフランシスコ動物園は、手話を操り、人間と会話し、子猫をかわいがるゴリラ「ココ」が生まれた動物園として有名で、長年ここでゴリラ研究を続けているジョアン・タンナー博士と出会います。30年以上もゴリラの表情やジェスチャーを研究しているジョアン博士は、ゴリラの特徴や考えを実によく理解しています。博士によると、ゴリラはチンパンジーなどと違って性格的にも行動的にも落ち着いていて、ずっと人間を観察しているそうです。その中で人間の動きを伝えることが可能で、その結果として手話で感情を表現することができ、それは環境や条件次第で色々な能力を発達させることができるといいます。

ゴリラたちはもっともっと話したがっているのです。ゴリラは群で生きる社会的な秩序を持った動物であり、ジェスチャーなどで人間が根気よく伝えようとすれば、彼らはきっとそれを理解してくれる。ゴリラを信頼し、愛情を注いであげることが大切だとジョアン博士は説明します。

そのことを知った山内さんは早速日本に帰りダイスケの笑顔を取り戻す作戦を開始します。始めは、ダイスケの表情も硬いままで、人間が教える様々なジェスチャーに興味を示さなかったのですが、学んだとおりに根気よく続けたことによって、ある日光が見えてきました。ミスチルや演歌などを流したことによってリラックスしたでんぐり返しを始めたのです。

さらに、新しい計画「KOKOプロジェクト」を実行し始めました。このプロジェクトはテンジクネズミとダイスケを同じ檻に入れて、お互いのコミュニケーションを図ろうとする、まさにKOKOと同じ施策です。まだお互いに怖がっていますが、心優しいダイスケの心は少しずつ新しい同居人とうち解けていくでしょう。

日本のゴリラの頭数は年々減少し続けていて、今年は27頭でそのうちメスは12頭しかいません。動物園で見ることができるゴリラは密かな絶滅危惧種なのです。残されたダイスケはまだ29歳。他の動物園に出して繁殖に結びつけることもできるのですが、ダイスケたちはずっと市民に愛され続けてきた動物であるため、当面外に出すということにはならないそうです。

飼育係の人たちは切に願っています。ダイスケが楽しく長生きしてくれることを。そして生きているゴリラはこんなにもすごいんだということを一人でも多くのお客さんに伝えていきたいと。

ダイスケが笑ってくれるその日まで、飼育係の奮闘記は終わりなく続いていきます。

【参考】素敵な宇宙船地球号 11月16日


 大型絵本 さぁ、立ち上がって踊ろう♪From Head to Toe:Scholastic Big Books【P】【A】(Eri…


 どうぶつ園はみんな一緒に眠るんだね♪Good Night, Gorilla【H】(Peggy Rathmann)【洋書絵本 …