あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > アジサイ


紫陽花と梅雨とカタツムリ

2009年6月 11日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

紫陽花

梅雨の季節に、これまで合う組み合わせは他にないのではないでしょうか。そのくらいアジサイとカタツムリは梅雨に入ったこの季節の風物詩ともいえる存在です。様々なテレビや図鑑、写真などでもこの2つの生き物が一緒に写っているものを見かけるのですが、なぜか自分は一緒に写っている光景をあまり見ないと不思議に思っていました。タイミングの問題なのかもしれませんが、その理由について考えてみることにします。

◆仮説
カタツムリは、梅雨の季節にはアジサイの葉っぱを食べながら雨宿りをしている。

きっと誰もが考える仮説なのではないでしょうか。疑うべきもないことのように思えるのですが、この部分について少し認識が違うということが参考文献から分かってきます。

◆事実
・カタツムリはあまりアジサイの葉っぱを食べない。これはアジサイの葉には青酸ガスの元となる物質が含まれているためである。
・カタツムリは山の落ち葉の下などに多く生息している。

これだけ見てみると、カタツムリがアジサイの葉っぱの上にいるのは葉っぱを食べているのではなく、ただ通過していたり雨宿りをしているに過ぎないのではないかというように思えてきます。彼らの家は山の中にあってそこに帰る途中なのかもしれません。自分たちが見ていたアジサイとカタツムリのコンビは偶然の一致に過ぎず、アジサイでなくても別な葉っぱでもいいのではないでしょうか。

しかし、例えそれが事実だとしてもやはりカタツムリとアジサイという梅雨の季節に映える生き物同士が共にいることで華やかな気分になることは間違いありません。さらにアジサイの花は、土壌の酸性度、土壌中のアルミニウムの含有量、花の咲いている時期によって色が変わっていくそうです。つまり、同じアジサイとカタツムリというペアでも場所や時期によって全く異なる風景を作り出すことができることに、無限の創造性を感じるのではないでしょうか。

わずか1ヶ月ちょっとの期間の間に、1年分の輝きを放つ生き物を見ていると少しだけ梅雨の憂鬱な気分が和らぎ、こういう小さなことに感動する心を持ち続けたいと感じます。

【参考】
・目がテン!?ライブラリー
 http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/00/06/0625.html
・日本植物生理学会
http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_search.cgi?stage=temp_search_ques_detail&an_id=355&category=mokuji
・R25.jp
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/110000004283?vos=nr25bn0000001


可愛いカタツムリは紫陽花との相性バツグン!アジサイカタツムリクリップセット(3ヶ入)

アジサイの葉は有毒です

2008年6月 23日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →



この時期に綺麗な花を至るところで見ることができる花と言えば、アジサイが代表的といえるでしょう。最近では、新宿副都心のど真ん中で綺麗なアジサイを見つけることができ、少し嬉しくなったものです。

そんなアジサイなんですが、実はその葉っぱが有毒だということをご存じでしたか?この葉っぱを食べた茨城県にある飲食店の客8人が食中毒になったそうです。

アジサイの葉などには「青酸配糖体」と呼ばれる有毒成分が含まれ、胃の中の消化酵素と反応することで、青酸(シアン)が生成され、中毒症状を引き起こすそうなんです。

お店の方もこの時期の風物詩だから、食べ物の飾りとしてアジサイを有毒と知らずに出してしまったのだと思いますが、自分もアジサイの葉っぱが有毒だとは知りませんでした。
知らないっていうことは、時に身の危険まで迫る恐ろしいものなんですね。気をつけましょう。

【参考】産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080622/sty0806221928005-n1.htm

家の近くの植物 (なんでもウォッチング)