あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > アイシェア


親の呼び方

2009年5月 27日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

そろそろ2歳になる子供も最近では言葉をたくさん話すようになりました。以前までは1つの言葉のみだったのですが、「ブーブー」「あった」や「パパ」「起きて」など2つの言葉を操るようになってきて子供らしくなってきたなあと改めて感じます。この先、彼はどんな言葉を聞かせてくれるのかが、不安でもあり楽しみでもあります。

そんな言葉なんですが、あなたは自分の親のことをどのように呼んでいたでしょうか。自分は父さんや母さんと呼んでいたのですが、アイシェア調べによると、以下のような結果が出てきたそうです。

◆父親の呼び方
1位:「お父さん・父さん」 63.1%
2位:「おやじ」 12.3%
3位:「パパ・ダディ」 8.6%
4位:「お父ちゃん・父ちゃん」 6.3%

◆母親の呼び方
1位:「お母さん・母さん」 67.3%
2位:「ママ・マミー」 7.9%
3位:「お母ちゃん・母ちゃん」 6.8%
4位:「おふくろ」 4.7%

そう呼ぶ理由ですが、圧倒的に小さい頃から呼んでいるからという理由が多く、7割から8割を占めています。成長の過程のどこかで親や周囲の人たちが変えるように働きかけない限り、呼び方はずっと同じということなんでしょうね。

2歳になる子供は先の通り「パパ」と呼ぶわけですが、このくらいの子供のなかで、おやじやおふくろ、父さんや母さんと呼んでいる子供がたくさんいるとは思えないので、どこかで子供が明確に呼び方を変える時期というものが来るのではないかと思います。それがいつなのかは分かりませんが、どのように呼んでくれるのか楽しみをとっておきたいと思います。

最近では名前に「ちゃん」をつけたり、呼び捨てで呼ぶ人もわずかですがいるそうです。もしも子供がこうなったら、少し悲しくなってしまうかもしれません。いろんな家庭があっておかしくはないのですが、少々不安になってきました。

【参考】RBB NAVi
http://www.rbbtoday.com/news/20090527/60118.html


喋って歌うたっくんははみんなの人気者【たっくん】