あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



記念に立体フィギュアを作る

2012年12月 02日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

誕生日、七五三、入学式、成人式、結婚式・・・

いつの時代も出来る限りその時の思いや姿を残したいという気持ちは変わることはありません。ビデオや写真という形でいつまでも残すというのが今までの王道、かつスタンダードな方法だったのですが、この度全く新しい考え方の思い出の残し方を提供しているのが、「OMOTE 3D SHASHIN KAN」です。

文字通り、今までの二次元の残し方ではなく、三次元のフィギュアを作ってくれるというのですから、ありそうでなかったサービスと言えると思います。残念ながら2ヶ月限定のお店であり2013年1月14日までの期間限定となってしまうのですが、かなりのニーズがあるらしく予約でいっぱいになっているということからも、今後同様のサービスが広がっていくことでしょう。

気になる制作方法ですが、スタジオに来店しハンディータイプのスキャナをつかって撮影を行います。この時に注意しなければならないのが、一定のポーズをとったまま15分間静止する必要があるということ。ここで乳幼児は対象から外れてしまいそうです。

次に、撮影した素材から、プリントするためのデータを作成します。洋服の色味や髪の毛の質感など、全身の細部にいたるまで、細かくデータ修正をおこない、最後に3Dカラープリンターによって、オリジナルフィギュアの出力をおこないます。

サイズは、S, M, Lの3種類あり、それぞれ10センチ、15センチ、20センチといった大きさで最大サイズの場合、一人で映ると42000円というお値段になるといいます。これを安いとみるか高いとみるかは受け取る価値観の問題でしょう。

自分は、あえてフィギュアにしなくてもいいと思いますが、せめて3Dデータとして受け取ることが出来るサービスがあればいいなと感じます。それを持ち込むことによっていつでもフィギュアにできるのであれば、より便利になるのではないでしょうか。

テレビなど世の中が二次元から三次元に移りゆく中、10年後の記念写真もまた三次元が当たり前のようになっているかもしれません。そんな未来を予感させるに十分なサービスだと思います。

【参考】OMOTE 3D SHASHIN http://www.omote3d.com/product/index.html