あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 鹿賀丈史


西郷どん 第5回「相撲じゃ!相撲じゃ!」

2018年2月 04日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

早くも5話目に突入した西郷どん。前回までで猛烈な存在感を発揮していた鹿賀丈史さん演じる斉興が隠居することになり、今回から誰がその座に座ることになるのかと思って見ていたのですが、残念ながら今回はそこまで穴を埋められるほどの人はいなかったような気がします。

最有力であった渡辺謙さん演じる斉彬ですが、当面は斉興の政策を継承するとし、家臣を把握するために主催した相撲大会ですが、最後に勝ち上がってきた吉之助と戦って負けるとそのまま立ち去り吉之助を牢屋に入れてしまいます。優勝したら藩の状況について直訴しようと言い続けていた展開を完全に台無しにしてしまうかのような状況に、若干追いついていけませんでした。

この相撲大会での見所は後の篤姫になる於一でしょう。以前に篤姫を演じていた宮崎あおいさんを思い出しますが、そういった過去に演じた人たちの面影をなくすほどの演技に期待したいです。さて次回は、糸と正助、そして吉之助の間に広がる恋愛模様になる雰囲気です。大河ドラマと恋愛という結びつきには若干苦い思い出があるので、バランスのいい展開になるといいなと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 旧集成館(尚古集成館)
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

西郷どん 第4回「新しき藩主」

2018年1月 28日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

鹿賀丈史さんが演じる斉興の殺気迫る演技に完全に周囲が巻き込まれてしまっていますが、そのくらい彼が存在感たっぷりだということなのでしょう。かつて大久保を演じた鹿賀丈史さんとしては、もっともっと盛り上がって欲しいという思いもあるに違いありません。今回は鹿賀丈史さんだけでなく、脇役であるベテラン俳優がもの凄い味を出していたのではないでしょうか。

例えば、吉兵衛役の風間杜夫さん。前回の借金を借りる場面でも頼りないけどいざというときに頼れる素敵な役柄を演じていましたが、今回は赤山が切腹をしなければならない状況において、介錯をつとめます。その直前の葛藤と仕事を終えた後に吉之助を止める迫真の演技に心を打たれました。

そして、もう1人は次右衛門役の平田満さん。お由羅騒動の最終幕で喜界島へ流されてしまうわけですが、その直前に吉兵衛と相撲を取ってその後に正助と無言の会話。こういう雰囲気で演じることができる役者というのはドラマに厚みを持たせてくれていいなと感じました。

江戸では斉彬が拳銃を利用して斉興に隠居を押し迫ります。この辺りは若干本当かなと思うところでもありますが、ドラマは必ずしも史実を忠実に再現する必要はないと思っているので、行間をこのように緊迫した場面で理由付けするのはむしろドラマの盛り上げ要素になると思います。

次回は、いよいよ藩主となった斉彬が藩政を推し進めていきます。その手腕に期待したいと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 旧島津氏玉里邸庭園
 JR「鹿児島中央」からバス「女子高前」下車 徒歩1分

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

西郷どん 第3回「子どもは国の宝」

2018年1月 21日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

初めのうちは薩摩ことばに違和感があり、聞き取ることができないと話題になっていましたが、徐々にその声も小さくなり今ではほぼ雰囲気などで状況を読み取ることができるようになったと思います。そうなると演出など余計なところに気をとらわれることもなくなり、物語に集中できるようになってきたなと感じます。

下級武士である西郷家はもの凄く貧しく、家族を医者に診せるだけのお金もありません。その苦しさから父の吉兵衛は商家から借金をしようと言い出します。身分や対面を気にすることのない吉之助は初め反対しますが、結局は商家のお世話になることになります。ナレーションで西田敏行さんは、さくっとこの借金を完済するのは明治維新になってからといっていましたが、あそこまでの人物になってもなかなか返せないほどどのように使っていったのかが気になるところ。

個人的には、帰り道に出会った幼い頃の中村半次郎の一家に分け与えてしまうのではないかと思ったのですが、さすがそこまでではありませんでした。お人好しなところは人望を集めるメリットではありますが、お金が絡むと色々と厄介なことも増えるので、なにもなければ良いのですが。。

藩に目を向けてみると斉彬はようやく意を決して父の斉興の失墜しようとしますが、結果的に調所の命を奪ってしまうことになります。藩の財政を立て直した立役者であることを考慮して、もう少し違った形で後継者に漬けなかったものか悩ましいところです。さらに、斉輿と由羅は斉彬に反撃するため、彼に近い人物を次々と処罰していきます。吉之助に近い赤山靭負も次回やばそうな雰囲気。こういう強制力ではなにも生まないのですが、斉興が今後どうなっていくのか気になるところです。

■紀行■
鹿児島県鹿児島市
・仙巌園
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)