あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 阿部サダヲ


おんな城主直虎 第32回「復活の火」

2017年8月 13日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

前回までで今川からその領地を没収されてしまった井伊家ですが、今回は一転してその今川家が窮地にたつことになります。これまで家臣の人心掌握に不安のあった氏真は、信玄に攻められるとともに家臣に離れられてしまったのです。

信頼という言葉は戦国の世の中にありながら、もの凄く大切な要素なんだなと改めて感じます。それを感じたのが政次でした。彼は井伊谷で主となったのですが、心の内としては直虎が真の主であり自分はそれを支える存在であることを家臣の目の前で公表します。家臣達もそのことはわかっていて、改めて今回政次が表向きでも裏表がない存在になった瞬間でした。

しかし、これまでの言動から政次のことを信用できない近藤重用は彼を罠にかけようとします。重用自身が井伊谷を乗っ取ろうとする悪者なのかどうかは分かりませんが、これまで他人に対しても誠実に対応することが難しい立ち位置にいた政次としては、こういう場面において圧倒的に不利な状況になるのでしょう。

おそらく次回は絶体絶命な状況となるのですが、そこで直虎たちがどのように政次に手をさしのべるのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
愛知県新城市
 - 野田城跡

静岡県浜松市
 - 菅沼忠久の供養塔(龍潭寺)

おんな城主直虎 第26回「誰がために城はある」

2017年7月 02日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

ここ数回、気賀の町衆との絡みが多い直虎ですが、普通の考え方では政次が言うように首を突っ込みすぎず、対岸の火事として済ませておけば良いのだと思います。しかし直虎はそれをよしとせずに、積極的に関わり混乱を鎮めようと東奔西走します。一歩間違えれば今川から謀反の疑いがあるとみられてもおかしくないのですが、ここは物語の世界なので、ガンガン攻めていくシナリオとなっているのでしょう。

二分されていた気賀の商人をうまくとりまとめたまではいいのですが、龍雲丸だけは築城に反対し後味の悪い結果となります。城という存在が攻撃の的となり悲劇しか生まないという経験に基づく判断から、そのような発言になったのですが、必死に説得する直虎に「できもしないことをいうな」という捨て台詞を残して去って行きます。

この言葉に引っかかった直虎は悶々と時を過ごすのですが、方久の大沢の代わりに井伊が気賀に入る提案によって、俄然盛り返していきます、次回はきっとこの辺りの覚悟が試されることになるでしょう。

■直虎紀行■
静岡県浜松市
 - 堀江城跡

おんな城主直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」

2017年6月 25日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

今回強く感じたのが今川氏真の粘着質な言動でした。世の中では、桶狭間で織田に敗れた今川は速やかに衰退の一途をたどるようにいわれていますが、この物語のなかではかなり長い間井伊家の人々を苦しめています。さらに、その今川に対して、忠誠を誓うことを示さなければならない難題に挑むことになる直虎の立場は非常に難しいものとなりました。

政次の存在に関しても、改めて明らかになったような気がします。表だって直虎を支援することはできず、監視役として厳しいことを言い続けなければならないのですが、人一倍直虎のこと、井伊のことを思っているのです。ヒントを与えることも出来ない状況の中で直虎と政次は繋がったなにかを持っていることを感じさせる内容となりました。

ドラマにありがちな、ギリギリのタイミングでの滑り込みセーフ。龍雲丸たちもなんとか役目を果たすことができ、めでたし、とはどうやらならないようです。そのあたりは次回ということで。

■直虎紀行■
静岡県静岡市
 - 身延道起点の道標