あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 鈴木亮平


西郷どん 第30回「怪人 岩倉具視」

2018年8月 12日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

今回はなんと言っても岩倉具視オンステージでしょう。笑福亭鶴瓶さんが演じる岩倉具視はこれまでのイメージを完全に覆すいい意味でのおじさんでした。かつては和宮と将軍徳川家茂の縁談を見事にまとめあげたというその手腕は完全に見る影もなく、蟄居生活が続いていました。

その岩倉に対して切り込んでいったのが吉之助でした。本音がどこにあるのか謎なところも多い言動を繰り返す岩倉に対して、丁半ばくちの代償で御庭番として働くことで返済していた吉之助は、岩倉の家の中で自分のめざす日本の姿と完全にかぶるような思想を持っており、まだ表舞台にのぼる野望を持っていることを知ります。

その吉之助とは対照的に一蔵は、金銭的に返済を行い薩摩と岩倉の関係を終わらせようとしていました。ちょうどその時、吉之助は薩摩藩士と岩倉具視の子供を引き連れてその知識を教えて欲しいとやってきます。

一蔵と吉之助は、最後に無言で頷きあっている様子を見て取ることが出来ますが、完全に狙ってこのような動きをしているのだとしたら驚きです。途中まで一蔵は吉之助がやってきたときも驚きをみせていただけに、この2人の関係と、演出として2人をどのように見せていきたいのかが分かりづらい場面だったなと思います。

さて次回は、吉之助、龍馬、桂といった役者が徐々に揃ってきて、なじみ深い幕末の世の中が繰り広げられていきそうなので、楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・京都府京都市
 岩倉具視幽棲(ゆうせい)旧宅
 地下鉄烏丸線「国際会館」からバス「岩倉実相院」下車 徒歩3分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美

西郷どん 第29回「三度目の結婚」

2018年8月 05日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

今回は吉之助の薩摩帰郷での物語。よそよそしいながらも国父である久光からお褒めの言葉をあずかり薩摩の中での存在感は確実に増していく吉之助の身に差し迫っていたのは嫁取り問題でした。

吉之助としては一度目の結婚で妻と離縁し、二度目の結婚では島に妻と子供を残していたため、かなり消極的になっていたのですが、周囲が強く迫るようになったため、今回の物語の半分くらいはその問題となりました。

その吉之助の相手として矛先が向かったのが糸でした。言わずもがなの幼なじみであり気心、演出的な事前フラグもバッチリの糸ですが、初めは頑なに吉之助との縁談を断ります。初めは静観していた吉之助もとうとう、糸のもとを訪れて求婚するのですが、ここでもごめんなさい。。。

その後糸が出張していく吉之助に追いつきOKの返事をするというドラマ的には劇的な結末を迎えます。めでたしですね。

そんな吉之助ですが、政治の世界では幕府を倒して新しい世の中をつくろうとする決意を持っていて一蔵に相談するのですが、難色を示されます。今後この動きを誰と加速していくのか楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・鹿児島県姶良市
 平松城跡
 JR「重富」下車 徒歩20分

・鹿児島県鹿児島市
 鶴丸城二之丸跡
 JR「鹿児島中央」からバス「天文館」下車 徒歩10分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美

西郷どん 第28回「勝と龍馬」

2018年7月 29日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

今回は、まれに見る転機となった内容になったのではないでしょうか。それは、慶喜との関係と、それに関連する様々なキーマンとの出会いだと思います。まず慶喜ですが、前回まで禁門の変で町が焼け野原になってしまった際の張本人として敵対視したのが長州でした。長州を討ち滅ぼすという野望に燃える慶喜は周囲に征伐することに積極的に参画するように命を下します。それに対して明確に異を唱えるのが幕臣である勝安房守でした。

勝は戦をするときではなく内政に目を向けてほしいと意見を述べますが、慶喜は聞き入れません。この状況を打開しようとして慶喜は吉之助を勝のもとへ向かわせます。そこで出会ったのが坂本龍馬でした。しかし、今回は軽い触りのような感じで、勝に小さく打ってしまうと小さくしか返ってこない、坂本はまだ小物だなと諭されてしまいます。

吉之助は、長州征伐の参謀として長州に向かいます。そこでは戦わずして毛利家に要求をのませることに成功します。吉之助の中では民の暮らしを守ることが第一であり、戦はそういった人々の生活基盤をもなくしてしまうことから、可能な限り戦は避けるべきであるという現代にも通じる思いを強く持っていたのでした。

しかし、征伐が成功しても慶喜は逆に裏切り行為だと吉之助に言い寄り、切腹を命じます。長州のお城を木っ端みじんにして焼け野原にすることを望んでいたのでした。とても受け入れがたい思想を持った慶喜とこれ以上ともに歩んではいけないと吉之助は、ひーさま以来の関係を断ち切ることを決断します。

これ以降、彼らは違った道を進むことになりますが、日本を想う気持ちはどちらも形は違えど持っていると信じたいと思います。次回以降それがどのような形になって姿を表していくのか楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・山口県岩国市
 龍護寺(現・清泰院)
 JR「川西」下車 徒歩8分


NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美