あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



草津旅行記2010

2010年8月 29日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

お盆の季節も過ぎた今週。毎年行っている草津温泉に今年も出かけるというかねてからの計画を実行しました。子供も成長し今までよりも手間が掛からなくなってきたということも旅行の楽しさをあげる要素のひとつではありましたが、今回はそれ以上のサプライズな出来事がありました。

◆意外に大人しい子供
すでにお盆の時期を過ぎたウィークデーということもあり、高速道路は空いていてストレスなく草津まで到着することができました。気になっていた子供ですが、車内ではすごくご機嫌で後部座席中央に配置したチャイルドシートに大人しく乗ってくれていたので助かりました。途中座席の足下という安住の地を見つけ、そこに寝っ転がるという行動以外は、特に気になることもなく順調でした。結局用意していったおもちゃとDVDはほとんど利用しなくても済みました。

◆白根火山ロープウェイ
首都圏の猛暑とは比べものにならないくらい涼しい草津。平地が34度くらいだったのに対して、草津町は29度と快適です。そんな草津よりももっと涼しいのが白根山。まだチェックインまで時間があったので、白根山に登ってみることにします。途中まで登ると、ロープウェイの入り口があります。これが白根火山ロープウェイで山頂付近までロープウェイで行くことができるのです。早速奥さん、子供と3人でこのロープウェイに乗り込みます。客の入りは多くないのは平日だからだと思いますが、その分ゆとりをもって景色を眺めることができました。子供も始めは緊張して言葉を発することができませんでしたが、白根山の山肌を見て滑ってみたいと言いだし始めるなど大はしゃぎ。一緒にケーブルカーに乗った甲斐がありました。終点から白根山のレストハウスまではマイクロバスで送迎してくれ、涼しいというかむしろ寒い白根山を体験できました。

◆体験型太鼓ショー
湯畑前の「熱の湯」といえば、草津温泉名物である湯もみを観光客に見せてくれる場所で有名ですが、17時40分からはその雰囲気を変え体験型太鼓ショーとしてオープンしています。会場内には大きな温泉があり、それを囲むように4つの太鼓、1つの大太鼓、2つの小太鼓が並んでいます。3人で入った頃にはすでに太鼓ショーが行なわれていて迫力ある和太鼓の響きを聞かせてくれていました。ここですごいのは「体験型」であること。参加者が5つの太鼓を次々と順番を変えてかけ声をかけながら回っていきます。自分たちも定められたリズムで太鼓を叩きながら実際にやってみるのですが、見ているのとやるのとでは大違い。子供も一生懸命リズムに合わせようと努力していました。その後舞台にあがり、一人に20秒与えられ好きに大太鼓を叩いていいという企画です。みんなが見て手拍子してくれるだけに恥ずかしいですね。子供も立派にこなして、親としては少し嬉しくなります。いい体験でした。

◆天皇皇后両陛下
この旅行中にホテル内で3回お会いする機会がありました。本の1メートルの距離感で間近で拝見することができる機会など早々あるものではないので、すごく緊張しました。天皇皇后両陛下は、草津音楽の森国際コンサートホールで開催されている「草津夏期国際音楽フェスティヴァル」にご参加されるためにいらしたとのこと。はじめて拝見したのですが、皇后様が子供に微笑みながら手を振ってくれたのに感激し、ただ見とれるばかりだったような気がします。夜はホテル内で演奏していた「スチューデントコンサート」に食事帰りの両陛下が耳を傾けていました。この時も間近で拝見することができ幸運だったとしかいいようがありません。期間中のホテル内は一見して分かる警備の方がたくさんいて、独特の雰囲気を醸し出していました。

◆パターゴルフ
子供がどうしてもゴルフがしたいということで、敷地内にあるパターゴルフ場にいくことにします。まだちゃんとしたゴルフができないので、パターでなんとか雰囲気だけでも感じとてもらいたいと思い、早速チャレンジ。手の振りやスタンス、打ち方など適当ではありますが、今の時期はそんなフォームよりも楽しむことがまずは大切。はしゃぎながら玉を打っていました。最後に「ゴルフ楽しかった。またやりたい」と子供が言ってくれたのは何より嬉しい感想です。5歳くらいになったら本格的にゴルフを教えて将来は一緒にラウンドしたいという夢が膨らみます。

このように、今回は非日常の中のさらに非日常を体験することができ、非常に思い出深い旅行となりました。子供も楽しんだようで、あまりの楽しみように帰りの車の中で素敵な香りを起こしてくれるハプニングを起こしたのも思い出でした。また次回が楽しみです。

八ツ場ダム建設に関する費用について

2009年9月 12日 By: rainbow Category: ニュース No Comments →

八ツ場ダム建設地

今、様々なニュースで取り上げられている八ツ場ダムの建設是非について、民主党は中止を含めた見直しをしようとマニフェストにも掲載しており、政権下でもその考えは変わらないという考え方を示しています。この八ツ場ダム建設に関しては、実に多くの切り口が存在し、メリットとデメリットを簡単に比べることなどできません。

自分も毎年草津に旅行に行くのですが、その際には必ず吾妻渓谷を通り問題となっている八ツ場ダムの建設地を通過することになります。高い橋脚がいくつも建設され、山の上の方にはトンネルも見えます。秋に行くと吾妻渓谷の紅葉は本当に美しく鮮やかな姿を見せてくれ、この場所がダムの沈んでしまうことが残念という気持ちを新たにします。

建設を中止すべきという人々の理由としては、自然環境の保護、コスト削減、治水や利水の必要性がすでにないという点に集約することができます。様々なメディアでは50年以上も闘ってようやく気持ちの整理をして移り住む地元の皆さんの声を伝えています。この声を聞くと、本当に中止すべきなのだろうか、地元の皆さんが望む姿なのかと考え込んでしまい、答えを見いだすことはできません。すでに代替地へ移り住んでいる方にとっては今回の問題は非常に悩ましい状況だと思います。

今回は、答えを見いだすのではなく建設を中止することによる「コスト削減」という観点に絞ってこの問題を考えてみたいと思います。以下に建設を続行した場合と中止した場合のそれぞれのコストを現在公表されている数値から算出してみます。

◆建設を中止した場合にかかるコスト
2230億円
– 利水関連経費(地方公共団体に返還): 1460億円
– 生活再建関連: 770億円

◆建設を続行した場合にかかるコスト
1390億円
– ダム建設工事: 620億円
– 生活再建関連: 770億円

中止した場合には、すでに地方公共団体から出してもらっている利水関連の費用を返還することが法律で決まっているそうです。また、すでに移り住んでいる人もいる関係上、現在作っている道路などの生活をする上で必要な整備費用は引き続き掛かります。一方で建設を続行した場合には、ダムの本体工事および道路などの生活関連整備費用が掛かります。これだけを単純に比較すると、ダムを中止した方が840億円も多くコストが掛かってしまうことになります。しかしこれだけを単純に比較することはできません。ここにふたつの観点を追加する必要があります。一つは維持という観点、もう一つはコスト増になるリスクです。

・維持管理の費用
ダムをつくれば、定期的に建設した建造物自体のメンテナンスの他、川底から砂や砂利を取り出したりする補修作業も必要です。ざっくりと年間10億円かかるとすれば、84年間で差分は解消されることになります。このメンテナンス費用が2倍になれば損益分解点は半分になります。

・建設コスト増のリスク
これまでの建設費用は当初よりも大幅に掛かっていることが知られています。ダム建設工事自体も620億円ではなく、仮に1200億円かかることになれば中止した場合のコスト差は
260億円となり、上記メンテナンス費用を年間10億円とすると26年で損益分解点を迎えます。さらにメンテナンス費用が2倍になれば13年になるのです。

ここではあくまでもダム建設に関わるコストの部分に特化して考察しましたが、トータルコストを考える場合には、利水・治水したメリット、自然環境に与える脅威等を勘案する必要があるので、一つの目安にしかなりません。住民の方、流域の住民の方が納得する形で決着してくれるといいと切に願うばかりです。

八ッ場ダムは止まるか―首都圏最後の巨大ダム計画 (岩波ブックレット) 八ッ場ダムは止まるか―首都圏最後の巨大ダム計画 (岩波ブックレット)
(2005/02)
八ッ場ダムを考える会

商品詳細を見る

ハンセン病について

2007年5月 27日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

少し前からハンセン病について考えるようになった。

社会の中で完全に隔離された隠された世界。おそらく一般社会ではあまり話題に出してはいけないような内容だと思う。

日本に国立療養所と呼ばれるハンセン病患者が暮らす場所は、全国に13カ所。

自分はよく草津に遊びに行くことが多いのだが、その草津町の外れで周りは森と畑しかないところに国立療養所栗生楽泉園がある。

はじめなんの療養所なんだろうとWebで調べ始めたのがきっかけでハンセン病について知った。

そのWebや情報を知るうちに、その人たちが受けた状況に見るに堪えなくなった。

この問題については、かなり深い問題なので是非についてここで議論することはできない。賛否両論があると思う。

ただし、このような人たちがいるのだと言うことを知っておくことは大切だと思う。