あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



スポーツ選手をむしばむ活性酸素を撃退せよ

2012年7月 30日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

オリンピックが始まり、早くも様々なドラマが生まれ毎日目が離せない日が続いています。おそらくあっという間に過ぎていってしまう2週間は、見ている人以上に選手にとってもそうなのです。

そんなスポーツ選手のなかで、年齢を重ね60代を過ぎるとがんや脳卒中に倒れる人が多いといいます。若い時に鍛えているにも関わらず、このような状況になってしまうというのはなんだか不思議なような気もしますが、そこには、「活性酸素」という物質の存在が大きく関わっているといいます。

炎天下で長時間スポーツをして大量の紫外線を浴びることによって、体内に活性酸素が多く生まれます。この活性酸素は空気中に存在する酸素を体に取り込む際に必ず作られるものなのですが、一方でそれを消してくれる機能もあるので、体内でのバランスはいい感じでとられています。

しかし、激しい運動を続けることによって体内に大量の酸素が必要になるので、活性酸素が作られる量が増えてしまい、消す能力を上回った結果、体の中に活性酸素が蓄積されていくことになります。

活性酸素は、脂質やタンパク質などを攻撃して体にストレスを与えるばかりでなく、肉離れから動脈硬化、糖尿病、がんといった多くの病気に影響するといわれている恐ろしいものなのです。

この活性酸素を撃退するためには、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンを多く含む食べ物が効果的です。例えば、小松菜、しそ、パセリ、ブロッコリー、かぼちゃ、ニラ、トマト、ピーマン、煎茶などがあります。

スポーツをして体を鍛えることは必要な事であり、健康的でもあります。しかし、過度に体を痛めつけた際には、その分だけ体をいたわってあげる必要があるのです。活性酸素自体は目に見ることがなかなかできないものなので、知らずのうちに蓄積され、とりかえしのつかないことになります。その前に、食べ物によって上手くコントロールしてあげられたらいいですね。

【参考】日経 Plus1 2012/07/28

解明されつつある「疲れ」の仕組みとその対策

2010年11月 06日 By: rainbow Category: ヘルスケア No Comments →

体が疲れているとすべてのことに対してやる気が出なかったりして、精神的にも充実した生活を送りづらくなっていきます。1日の終わりや金曜日などで感じるのであれば、夜や休日に疲労回復をすればいいのですが、疲れが毎日溜まっているような感じであれば、必ず対策が必要となります。

疲労とは、重労働や仕事のプレシャーなどで心身共に大きな負担が掛かり、体の機能に問題が起きている状態のことをいい、それを脳がキャッチして疲れたと感じるのが疲労感です。

なので、体が疲れていても仕事にやりがいがあれば、体に元々備わっているストレス対抗機能によって疲れは吹っ飛び、脳にまで疲労が達しないので、疲れたと感じません。一見いいように見えますが、これが危険なのです。自覚症状がないにも関わらず体の機能に問題が生じていることがあるからです。こうした疲労感がない疲労のことを隠れ疲労と呼ぶそうです。

疲労が起こる要因は「5つの生活環境ストレス」としてまとめることができます。
1. 主に人間関係からくる精神的ストレス
2. 過剰労働などの身体的ストレス
3. 化学物質
4. 気候の変化や騒音
5. ウィルスや細菌
こういったストレスが複雑に絡み合って疲れは生じるのです。疲労が溜まり疲労感を感じるまでのメカニズムはまだ解明されていませんが、疲労したときに出される疲労物質がどんどん溜まっていき、それがあるしきい値を超えると脳に伝達する物質が作られるという説が有力だといいます。

そんな疲労を把握するためには、きちんと定量的に判断するのが一番です。今、人の唾液の中に含まれるヒトヘルペスウィルス(HHV)の値を測定し、疲労度を算出する方法が実用化されようとしています。これによって自覚症状のない疲労からくる体の危険信号を的確に把握して対処することができると期待されています。

最後に、疲労をため込まない方法について考えてみます。専門家によると早めに休息を取るに限ると口を揃えるといいます。睡眠が最も効果的で、ぬるま湯への入浴などもいいそうです。

またストレスからくるということから、仕事などで感じる悩みなどはため込まずに誰かに話してしまうことも大切です。なるべく多くの人で気持ちを共有し、気分転換することによって、疲れを軽減することができ、気持ちいい毎日を送ることができるのです。

【参考】日経Plus1 2010/11/06

危ない!「慢性疲労」 (生活人新書) 危ない!「慢性疲労」 (生活人新書)
(2004/10)
倉恒 弘彦渡辺 恭良

商品詳細を見る

口内炎をはやく治すには

2009年6月 01日 By: rainbow Category: 日記 No Comments →

体の一部が痛いというのは本当につらいものです。いつもは体の部分など気にしたことがないのですが、一度痛くなるとその部分しか考えられなくなり、本当に取ってしまいたくなります。

先週から自分が悩まされたのが口内炎です。丁度内側の下唇にできた白い穴は時が経つにつれてどんどん痛みを伴い、とうとう「食べる」という楽しみまで奪ってしまいました。口内炎には、大きく以下の4つの種類があるといわれているのですが、最も一般的なものがアフタ性口内炎です。

・アフタ性口内炎
・カタル性口内炎
・ウイルス性口内炎
・口腔カンジダ症

このアフタ性口内炎は丸く中央がくぼんだ白いものができるのが特徴で、できる原因はビタミン不足、疲労、睡眠不足など様々なことが言われていますが、明確に分かっていないそうです。

東京歯科大学教授の山根源之先生によると、口は皮膚よりも表面を保護する角質が非常に薄く、毛細血管が張りめぐらされているので体の変化や反応が出やすいといいます。さらに口から肛門までは同じような粘膜でつながっているので、消化器系のどこかが悪くなるとほかの粘膜の状態も悪くなり、その一部である口の中の状態も悪くなるとのこと。つまり体の異変は口にまで出てきてしまうということなんですね。

もしかしたら自分も何かしら体調が良くなかったのかもしれません。具体的に何が悪かったのか分かれば対処しようもあるのですが、ここまで原因の範囲が広いと何に注意して生活すればいいのかいまいち難しいような気がします。

そこでなってしまうのは仕方ないとして、早く治すことを考えることにしたいと思います。口内炎は一度なると最低でも1週間はその痛みに悩まされることになります。染みるようなものは食べられず、刺激のある固いものもNG。食べることがこんなに苦しいことなど感じたことのないような絶望感にさいなまれるのですが、少しでも早く治したいのです。

先ほどの山根先生によると、口は色々動かすので治りにくく、さらに舌で触ったりしてしまうことも多く、余計に悪化してしまうこともあるとのこと。早く治すにはよく噛むなどして唾液を出して乾燥させないこと、さらに清潔に保つことが大切だといいます。自分は塗り薬に頼るのではなく、うがい薬を食べた後に使うことによって4日ほどで治すことができました。

口内炎は一度に数個もできる人もいて、本当につらい思いをしている人が多いと思います。チョコラBBなどビタミンを補うものもありますが、ビタミン不足が原因でない場合にはその効き目は薄くなってしまうこともあり、正攻法で攻めるのが一番の策だと思います。

【参考】R25.jp
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/110000007081?vos=nr25mn0000001


特価口内炎パッチ大正A 10パッチ