あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 柳楽優弥


おんな城主直虎 第31回「虎松の首」

2017年8月 06日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

今川家に従うことを示すため、徳政令を受け入れることを選択する直虎。これによって事実上井伊家は取りつぶし状態になってしまうのですが、こういった場面においても直虎の苦悩が浮かび上がります。このような無理難題を今川家から言われると、戦によって抵抗しようとするのはある意味自然な流れのようにみえます。

しかし、直虎はそのようなことをせずに、戦わずして井伊家を守ろうと奔走するのです。時代は戦国。1つの判断ミスが一族を滅亡させることにも繋がるのですが、虎松の首を差し出すように命じる今川の力が今よりももっと強ければ、間違いなく井伊家は衰退してしまうことになるでしょう。

そんな中、大きな役割を果たしたのが政次でしょう。前回まで直虎と直接的に関与しながらともに井伊家を盛り立てていこうとする協力姿勢が目立っていただけに、今回は一見すると完全な敵対関係。それでも家臣達は政次のことを実は味方だと思っていたという。中野だけはだまされているのではないかと疑念を抱くのですが、この葛藤がまさに今回の後半から次回にかけてのテーマでしょう。

政次のことを信じることができるのか、そうでないのか。外部の状況が刻一刻と変わる中で、どのようにこのあたりの二人の思いが紡がれていくのか、楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県浜松市
 - 井伊谷城跡

おんな城主直虎 第30回「潰されざる者」

2017年7月 30日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

とうとう今川の井伊家取りつぶしに向けた画策が始まります。まず初めに今川が目を付けたのが瀬戸方久。銭の犬と自他共に認める人物であるがゆえに、徳政令を発効しても領地を安堵することを認めることによって、彼を手元に引き寄せることができるだろうと今川は見たのでした。実際にもそのように流れます。

そんな方久の怪しい動きを察知したのは、政次と龍雲丸。政次自体も今川から命じられた目付であるにも関わらず最近自分に情報が入ってこないことに、自分の存在価値に疑問を感じていました。それでも表向きは今川からの命を忠実に井伊に伝えるという役柄を演じていきます。

この構図、完全に確立しましたね。悪役のように見られながら、実は直虎と同じ方向を向いていて、ともに協力しながら難局を乗り越えていこうとする姿に、安心感を持って見ることができるようになりました。そんな彼らが次回井伊家とりつぶしの危機に違った形で立ち向かっていくことになりそうです。それぞれの思いをしっかりと心に刻みながら楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
静岡県藤枝市
 - 清水寺

静岡県富士宮市
 - 富士山本宮浅間大社

おんな城主直虎 第28回「死の帳面」

2017年7月 17日 By: rainbow Category: 2017年_おんな城主直虎 No Comments →

物語は寿桂尼を中心とする今川家についてでした。心臓の調子がよくない状況のなかで武田に嫁いでいた氏真の妹の鈴を呼び戻す作戦を北条氏康を味方につけることで実現します。ここまで寿桂尼の威光を思いっきり使ってきたはずの氏真ですが、ここに来て「自分なんていなくてもいい存在なんだ」とへそを曲げてしまい、かなり面倒な存在になっていきます。

そんな氏真ですが、周囲の一言によって自分の今までの行為を改め、寿桂尼の教えを請うようになっていきます。そこからは目の色も代わり今川家もすこし持ち直すのではないかという期待も盛り上がってくるのですが、一方で寿桂尼は自分が亡くなった後に誰が信用することが出来るのかを見極めようと1人1人と面談をしていきます。

その中で、直虎もその1人だったのですが、面談中はお互い涙をボロボロと流しながらの感動的な対面となります。しかし寿桂尼のなかでは、直虎は家のことを第一に考える自分と同じであり、いざというときには信用することができないということから、亡き者にするよう判断を下します。この結果を受けて次回以降大きな波乱が生じることになりそうですが、その中で政次とともにどのように振る舞っていくのか楽しみにしたいと思います。

■直虎紀行■
神奈川県小田原市
 - 北条幻庵屋敷跡