あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように



指示出しする1歳児

2008年12月 03日 By: rainbow Category: 子育て No Comments →

指さし

最近、子供の手が多くのことを指示するようになりました。1歳3ヶ月になる子供の手は、これまでご飯を食べたり、どこかによじ登るときに使ったり、石を投げたり、親のお腹をぱんぱんたたいたりして様々な使い方を覚えてきたのですが、最近ではここに新たな使い方をマスターしたようです。

それは、指示だしです。突然彼は「ん!」と言いながら、その手をとある1点に向けて指し示しします。これが本当に正確でぐらついたりすることなく確実に指し示すのです。示す先には、自分が興味があるものがあり、時には食べ物であったり、おもちゃだったり、部屋の照明スイッチだったりします。

あんまりシカトしていると、彼は自分の思うようにいかないことから大声で騒ぎ出すのです。でも時には、あげられないものもありますよね。熱いお茶とか梅干しとか。そういうモノにも興味がある彼をはぐらかすかのようにすぐ隣に置いてある別のものをとってあげるのですが、ダメなんですよね。

きちんと自分の要求したものが手元に来たりすると喜んで遊び始めるのですが、そうでない場合には、振り上げた差し指を動かさずにひたすら「ん!ん!」と要求し続けます。自己主張をしっかりすることはとてもいいことなのですが、先が思いやれますね。そのうち他の気に入った女の子へもやりかねない勢いなのが気になります。

P.S. ↓この商品すごいですね。こんなものがあったなんて・・・

[メモリアルチャーム] はじめて指さしできた日※記念日とイニシャルの刻印が入ります