あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > 小柳ルミ子


西郷どん 第3回「子どもは国の宝」

2018年1月 21日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

初めのうちは薩摩ことばに違和感があり、聞き取ることができないと話題になっていましたが、徐々にその声も小さくなり今ではほぼ雰囲気などで状況を読み取ることができるようになったと思います。そうなると演出など余計なところに気をとらわれることもなくなり、物語に集中できるようになってきたなと感じます。

下級武士である西郷家はもの凄く貧しく、家族を医者に診せるだけのお金もありません。その苦しさから父の吉兵衛は商家から借金をしようと言い出します。身分や対面を気にすることのない吉之助は初め反対しますが、結局は商家のお世話になることになります。ナレーションで西田敏行さんは、さくっとこの借金を完済するのは明治維新になってからといっていましたが、あそこまでの人物になってもなかなか返せないほどどのように使っていったのかが気になるところ。

個人的には、帰り道に出会った幼い頃の中村半次郎の一家に分け与えてしまうのではないかと思ったのですが、さすがそこまでではありませんでした。お人好しなところは人望を集めるメリットではありますが、お金が絡むと色々と厄介なことも増えるので、なにもなければ良いのですが。。

藩に目を向けてみると斉彬はようやく意を決して父の斉興の失墜しようとしますが、結果的に調所の命を奪ってしまうことになります。藩の財政を立て直した立役者であることを考慮して、もう少し違った形で後継者に漬けなかったものか悩ましいところです。さらに、斉輿と由羅は斉彬に反撃するため、彼に近い人物を次々と処罰していきます。吉之助に近い赤山靭負も次回やばそうな雰囲気。こういう強制力ではなにも生まないのですが、斉興が今後どうなっていくのか気になるところです。

■紀行■
鹿児島県鹿児島市
・仙巌園
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

西郷どん 第2回「立派なお侍」

2018年1月 14日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

前回から始まった西郷どん。子役は前回のみで今回から鈴木亮平さん演じる吉之助となって、年貢関係の仕事をするようになって、農民の苦しさを実感するようになります。第1回で登場した斉彬に言われたように弱いものを助ける武士になるということを守るという観点からも、農民の苦しみを取り除きたい。

借金の肩代わりにつれていかれてしまう娘をなんとかして助けたいという思いから色々活動しますが、現実として自分が力なしのやっせんぼであることを痛感してしまう吉之助。農民のためという思いで上の者に掛け合って勧めようとして新たな年貢の徴収方法も、農民の隠し田の存在などで頓挫してしまいます。

賄賂など役人にはびこる問題をなんとかしたいと思いながらも、自分一人ではどうすることもできない吉之助の望みの綱は斉彬でした。彼ならなんとかしてくれる、そういう望みを持ちながら、今は耐えるしかないつらい時期となります。

そんな吉之助を救ってくれるのが糸でした。後に妻となるこの人はすでにこの時期から吉之助のことを密かに慕いながら、後ろを付いていきます。人の良さを前面に出しながら吉之助はどんどん仲間を増やしていくのでしょうね。そんな生き様を次回も楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 仙巌園
 JR「鹿児島中央」からバス「仙巌園前」下車すぐ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

西郷どん 第1回「薩摩のやっせんぼ」

2018年1月 14日 By: rainbow Category: 2018年_西郷どん No Comments →

いよいよ始まりました。西郷隆盛を題材とした大河ドラマは、かつて28年前に大河ドラマ「翔ぶが如く」で西田敏行さんが演じる西郷隆盛と鹿賀丈史さんが演じる大久保利通が主役となってありましたが、彼らがそれぞれナレーター、そして島津斉興として登場します。NHKとしてもこの辺りはしっかりと計算してのキャスティングだとは思いますが、どうしてもあのとき二人が駆け抜けた演技がちらついてしまうのは自分だけではないでしょう。

毎年活躍するのが子役ですが、今年は西郷小吉を演じるのは渡邉蒼さん。やんちゃでありながらも優しさを持つ素敵な人物としてもの凄く熱演をしています。もう少しだけ見ていたいのですが、おそらく次回からは大人になってしまうような雰囲気なので、今のうちに楽しんでおきたいと思います。

小さいときに小吉は刀傷によって腕の腱を損傷してしまい、結果として剣術を諦めざるを得ない状況になります。そんな小吉を救ったのが斉彬でした。弱いものを助ける武士になれと諭し、それが西郷の生きる糧となって行きます。

この頃の小吉以外にも大久保など実に多くの明治の世の中を作っていく人々がこの時にいたというのは驚きです。彼らがどのように時代の流れに乗りながら、新しい日本を作っていくのか楽しみにしたいと思います。

■紀行■
・鹿児島県鹿児島市
 西郷隆盛誕生地
 JR「鹿児島中央」下車 徒歩8分

・鹿児島県南さつま市
 竹田神社
 JR「鹿児島中央」からバス「加世田」下車 徒歩15分

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西郷どん 前編 NHK大河ドラマ・ガイド
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)