あしたまにあーな

毎日の生活に ほんのちょっとのうるおいが 届きますように


あしたまにあーな > ドラマ > 2009年_天地人 > 天地人 第7回「母の願い」


天地人 第7回「母の願い」

2009/02/15 Category: 2009年_天地人

今回のメインテーマは「母」でした。この天地人では今や妻夫木聡よりも人気が高いのではないかと思われる加藤清史郎くんが演じる与六が再び登場し、感動が再び蘇ってきた人も多いのではないでしょうか。母の命が残りわずかになって母が思い出すのは与六の姿でした。このときの与七の気持ちは複雑だったと思いますが、それでも母を喜ばせたいと色々と尽くします。

そのかいもなく、お藤はこの世を去ることになります。だんだんと老いていく姿を演じる田中美佐子は好演技でしたね。四十九日のあと母の姿を紅葉の側で見かけた兼続は、母から「紅葉のように(人のために尽くす)家臣になりなさい」と諭され、その言葉を胸に二度と涙を見せないとお船の前で宣言します。それにしても少し演出が派手だったような気がします。紅葉の場面はスポットライトに照らされたお藤の言葉というこてこてではなく、もう少しだけ自然な形で兼続に伝えることもできたような気がします。再会がすでに危篤状態であったことから、この言葉を兼続に伝えないといけない場面は必然的に今回のような状況になるのは仕方ないことなんですけどね。

この兼続の泣かない宣言を少し悲しく聞いていたのはお船でした。もう少しだけ早くその言葉を直江景綱が生きているところで伝えることができたなら、自分の婿になったかもしれないということを後悔するのですが、なんだか微笑ましくもあります。結果的には直江信綱が婿になるのですが、演じるのは山下真司です。山下真司といえばどうしてもスクールウォーズを連想してしまい熱血教師というイメージがありますが、今回もなんとなく熱血漢を演じています。

次回は謙信の遺言ということで、一時代を築いた人がどんどんこの世を去っていき兼続達の世界に徐々になっていくことになる予感が漂っています。今後の成長が楽しみです。

□■天地人紀行■□
石川県七尾市/中能登町
 ?石動山
 ?七尾城跡

天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー) 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2008/12)
火坂 雅志小松 江里子

商品詳細を見る




コメント

*


コメント(2)

  1. トラバありがとうございました

    とうとう次回は「巨星落つ」ですね
    これからが本番なのでしょう

    >今や妻夫木聡よりも人気が高いのではないかと思われる加藤清史郎くん
    むぎこの周囲ではたぶん人気は加藤君が上です

    Comment by むぎこ | 2009/02/15 21:43

  2. トラックバックありがとうございました。
    気がつけば終わっているという感じでした。田中美佐子さんの演技は素晴らしかったですが、越後のために兼続を突き放したのならば、死ぬまでその姿勢を突き通したほうが感動は増した気がします。
    来週で阿部謙信がいなくなると思うと残念です。ではまた来ます。

    Comment by haru | 2009/02/16 07:09



トラックバックURL